2014年06月02日

電源三法(でんげんさんぽう)

 以下の三法のことである。
• 電源開発促進税法
• 特別会計に関する法律(旧 電源開発促進対策特別会計法)
• 発電用施設周辺地域整備法
電源三法による地方自治体への交付金は電源三法交付金(でんげんさんぽうこうふきん)と呼ばれる。※以上ウイキペデイア
今回クロスワードパズルに出たことば。恥ずかしながら初めて知ったことばだった。

以下今日のことば
◎スカリ(晶洞)   鉱床や岩石中の空洞。普通,内部に鉱物の自形結晶が並んでいるものをいう。※コトバンク
◎鼓舞(こぶ)   [名](スル)《鼓(つづみ)を打ち、舞(まい)をまう意から》大いに励まし気持ちを奮いたたせること。勢いづけること。鼓吹(こすい)。「士気を―する」 ※ goo辞書
◎田中正造  日本の政治家。日本初の公害事件と言われる足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家として有名。※ウイキペディア
◎瓦版(かわらばん)  江戸時代、天変地異や大火、心中など時事性の高いニュースを速報性を以って伝えた情報紙のこと。 妖怪出現など(例として大猫参照)、娯楽志向のガセネタもある。街頭で読み上げながら売り歩いたことから、読売(讀賣)ともいう。※ウイキペディア
◎随時(ずいじ)  ( 副 ) @ 好きな時いつでも。 「 −利用できる施設」 A その時々。 「欠員が生じれば−補う」 ※日本語表現辞典
◎キウイ(Kiwi)  ニュージーランドに生息する飛べない鳥類である。キーウィー、キウィ、キウイとも表記する。※ウイキペディア
◎弁理士(べんりし)  産業財産権等に関する業務を行うための国家資格者または国際資格者(欧州特許弁理士などの場合)をさす。※ウイキペディア
◎ラフプレー  スポーツで、通常のぶつかり合いを超えた乱暴なプレー。◇反則にならないぎりぎりの程度で行うことがある。※コトバンク
◎一子相伝(いっしそうでん)  学問や技芸などの秘伝や奥義を、自分の子供の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないこと。▽「相伝」は代々伝えること。 ※ goo辞書
◎遺著(いちょ)  1 後世にのこされた著書。2 著者の死後に出版された著作。 ※ goo辞書
◎燐火(りんか)  墓地や湿地で発生する青白い火。人魂(ひとだま)。鬼火。狐火(きつねび)。 ※ goo辞書
◎詩碑(しひ)  詩を刻み込んだ石碑。 ※ goo辞書
◎補遺(ほい)  もれたりした事柄をあとからおぎない加えること。また、そのもの。「全集の―編」 ※ goo辞書
◎竹林の七賢(ちくりんのしちけん)   中国,三国魏(220年―265年)の末期,河南省北東部一帯の竹林で,しばしば集まって,清談(せいだん)を行った7人の賢人。日本では竹林の七賢というと、現実離れしたお気楽な発言をする者の代名詞となっている。※ウイキペディア
◎韻を踏む(いんをふむ)   詩句の一定の所に同韻の字をおく。韻を押す。押韻(おういん)する。 ― 韻を踏むペンより弱い剣 ― ※コトバンク
◎手暗がり(てくらがり)  自分の手に光が遮られて手元が暗くなること。また、その場所。 ※ goo辞書
◎噴出(ふんしゅつ)  [名](スル)狭いところから強い勢いでふき出すこと。また、ふき出ること。「火口から水蒸気が―する」ふんしゅつがん【噴出岩】⇒火山岩 ※ goo辞書
posted by hidamari at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック