2014年07月13日

威信(いしん)

 威厳と信望。「国家の―にかかわる」「―が失墜する」 ※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。
 
 以下今日のことば
◎やませ(山背)  春から秋に、オホーツク海気団より吹く冷たく湿った北東風または東風(こち)のこと。特に梅雨明け後に吹く冷気を言うことが多い。※ウイキペディア
◎執務室(しつむしつ)  実務をとり行うための部屋。多く、組織の首長のために用意された部屋を指す。※日本語表現辞典
◎うろこの家  最初に公開された異人館で、国指定登録文化財。外国人向けの高級借家として建てられた。 建物の外壁と多い天然石のスレートが魚のうろこに似ているところから“うろこの家”の愛称が生まれ、親しまれている。
◎風見鶏(かざみどり)の館(やかた)  1904年(明治37年)にドイツ人貿易商の住宅として建てられた西洋館(異人館)で、重厚な煉瓦造りの外観と、屋根上の風見鶏を特徴とする。※ウイキペディア
◎ともがら(輩/儕)  同類の人々をさしていう語。仲間。「学問を志す―」 ※ goo辞書
◎舌禍(ぜっか)  1 自分の言論が法律・道徳などに反していたり、他人を怒らせたりしたために受けるわざわい。「―事件」2 他人の中傷や悪口などによって受けるわざわい。
◎おぼえ  評判。世評。※古文辞書
◎山車(だし)  日本で祭礼の際に引いたり担いだりする出し物の総称。花や人形などで豪華な装飾が施されていることが多い。地方によって呼称や形式が異なり、曳山(ひきやま)・祭屋台(まつりやたい、単に屋台とも)などとも称される。※ウイキペディア
◎膏肓(こうこう)  《「膏」は心臓の下部、「肓」は隔膜の上部》1 からだの奥深いところ。ここに病気が入ると治らないという。2 漢方の経穴(けいけつ)の一。背中の第4胸椎下から、大人で約6センチの所。※コトバンク
◎ネグレクト(英: neglect)  児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待のひとつ。子供に対するネグレクトは育児放棄(いくじほうき)、育児怠慢(いくじたいまん)とも言う。※ウイキペディア
◎手かせ足かせ  手枷足枷手の拘束具と、足の拘束具。 転じて、立場や自由な動きを束縛(そくばく)するものの喩えです。 ☆「枷」は、刑具の一つで、首や手足にはめて自由に動けないようにするもの。※Yahoo知恵袋
◎キネマ(kinema)   映画を意味するキネマトグラフの略。※ウイキペディア
◎余日(よじつ)  1 ある期日までに、残っている日数。残りの日数。「―いくばくもない」2 その日以外の日。ほかの日。他日。※コトバンク
posted by hidamari at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック