2014年08月31日

ヤンソギル(梁石日)

[1936〜 ]小説家・詩人。大阪の生まれ。本名、正雄(ジョンウン)。在日朝鮮人二世。「狂躁曲」(のち「タクシー狂躁曲」と改題)でデビュー。同作は崔洋一監督「月はどっちに出ている」で映画化された。実父をモデルに破滅的な男の半生を描いた「血と骨」で、山本周五郎賞を受賞。※ウイキペディア
 今回クロスワードバズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎羽化(うか)  昆虫が、幼虫または蛹から成虫に脱皮・変態すること。※ウイキペディア
◎夕曇り(ゆうぐもり)  夕方曇ること。また,夕方の曇り空。 朝曇り ※コトバンク
◎野天風呂(のてんぶろ)  屋外の風呂。露天風呂。 ※ goo辞書
◎鼓動(こどう)  1 心臓が血液を送り出すために規則的に収縮・拡大すること。また、その音。「心臓が激しく―する」2 気持ちや物などが震え動くこと。また、震わし動かすこと。※コトバンク
◎やえもん  きかんしゃ やえもん。 阿川弘之、岡部冬彦による絵本作品。1959年刊行。頑固な蒸気機関車「やえもん」が主人公。イギリス⇒「トーマス」※コトバンク
◎よもやま話  「世間話」 ぞっとしないは、「たいしたことない」 ☆広辞苑より。 よもやま・ばなし【四方山話】 世事についての雑談。世間話。 【ぞっとしない】 それほど感心したり面白いと思ったりするほどでもない。※Yahoo知恵袋
◎伊豆七島(いずしちとう)  江戸時代、伊豆諸島の主な有人島が、伊豆大島・利島・新島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島の7島であったことに由来する呼称である。※ウイキペディア
◎ブタンガス  (butane, CH3-CH2-CH2-CH3) は、炭化水素の一種で、炭素4個が直鎖状に連なったアルカンである。n-ブタンとも呼ばれる。無色不快臭であり、常温・常圧で気体である。家庭で使われるガス調理器具に使用されるプロパンガスはC3H8。ライターやカセットコンロのガスはブタンガスでC4H10。 ※ウイキペディア  
◎虎穴(こけつ)に入らずんば虎子(こじ)を得ず  《「後漢書」班超伝から》危険を冒さなければ、大きな成功は得られないことのたとえ。虎の住む穴(虎穴)に入るような危険を 冒 ( おか ) さなければ、虎の子(虎子)のような貴重なものを得ることはできない、ということ。 ※ goo辞書
◎ずだぶくろ(頭陀袋)  「捨てる」「落とす」を意味する梵語「Dhuta」の音訳で、衣食住に関する欲望を払い、修行・行脚する意味の言葉である。 頭陀行を行う僧が経文や衣服などを入れ、首にかけて持ち歩く袋を「頭陀袋」という。※語源由来辞典
◎ひも  (語源)『(海に潜る海女さんが)腰に付けているヒモを引き、合図する。そうすると、船の上で待っていた男が、ヒモを引き、海女を引き上げる。何もせずに、船の上で待っているだけの男をヒモといった』※yahoo知恵袋
 ある種の男性。自らは働かず、女性を自分の魅力で惹きつけ、女性に経済的に頼る男性のこと。ジゴロ、竿師。(Wikipedia)
◎NMR   核磁気共鳴といい、原子核のスピンを利用して物質の構造・状態を非破壊的に知る方法。核スピンを持つ原子核を強い磁場の中に置くと、核スピンが磁場と平行、または逆方向の2つのエネルギー状態に分裂する。磁場の強い右側を高磁場(こうじば)という。※コトバンク
◎杞憂(きゆう)  《中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。杞人の憂え。「―に終わる」 ※ goo辞書
posted by hidamari at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック