2015年01月24日

トリクルダウン

 (trickle-down theory) トリクルダウン理論とは、富裕層が経済的に豊かになることで、最終的には貧困層も豊かになり、全体に富が行き渡るという理論、または仮説のこと。※ハテナダイアリー
 今回クロスワードに出たことば。

 以下今日のことば
◎チマ(裳)  《(朝鮮語)》朝鮮民族の女性用民族服で、胸からくるぶしまでの長さの巻きスカート。チョゴリ(短い上着)とともに用いる。→朝鮮服 - goo辞書
◎チマ【裳】とは。意味や解説、類語。《(朝鮮語)》朝鮮民族の女性用民族服で、胸からくるぶしまでの長さの巻きスカート。チョゴリ(短い上着)とともに用いる。→朝鮮服 - goo国語辞書
◎しょうびのきゅう(焦眉の急)  眉が焦げるほどに火が迫っていることの意から、危険が差し迫っていること。状況が切迫していること。「―を告げる事態」 ※ goo国語辞書
◎イコン  (ギリシア語: εικών, ロシア語: Икона, 英語: Icon, ドイツ語: Ikon)とは、イエス・キリスト(イイスス・ハリストス)、聖人、天使、聖書における重要出来事やたとえ話、教会史上の出来事を画いた画像(多くは平面)である。※ウイキペディア
◎とじ(刀自)  (現在では「看護婦」のような女性差別用語とされ、一般的に社会で使用されることはほぼ無くなった。 現代中国語では女性に用いた場合、「女士」となる。男性への敬称は「先生」。 刀自(とじ): 年配の女性に敬意を込めて用いる。※ウイキペディア
◎薬研(やげん)  漢方薬などをつくるとき薬効を持つ薬種(草・根・木あるいは動・鉱物質)を細粉にひくのに用いる器具。※ウイキペディア
◎アポ  「面会の約束」を意味するアポイントメントの略語。
◎ゼブラゾーン  横断歩道にシマウマのような縞模様に塗ってあるので、主に英国で(ジーブラ・クロッシング )ともいう。これを「ゼブラゾーン」と呼ぶのは和製英語。
◎馬酔木(あしび)◎雲母(うんも)◎不如帰(ほととぎす)
◎くし(句誌)  俳句専門の雑誌。 ※ goo辞書
◎焦土(しょうど)  1 焼けて黒くなった土。2 家屋・草木などが焼けて跡形もない土地。焼け野原。※コトバンク
◎垢離(こり)   仏教用語。水で清めてあかを取去ること。山伏や修験者が神仏に祈願するとき,冷水や海水を浴びて身を清めることをいう。※コトバンク
◎卑劣漢(ひれつかん)  低劣な人間のことクズ野郎 ・ 男の風上にもおけない人間。

●今日、夫は元職地区囲碁例会に出席  8段でして3勝2敗
posted by hidamari at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック