2015年04月19日

いちびり

 いちびりとは、近畿方言の名詞である。ふざけてはしゃぎまわること、あるいはふざけてはしゃぎまわる人(お調子者、目立ちたがり屋)。「調子に乗る」を意味する動詞いちびる(調子に乗る)が名詞化したものである。市場のような活気あるやかましい様子の言葉−市振ることから、目立ちたがり屋やお調子者を揶揄する時に使われることが多い。また人と違う変わったことをしている人を良い意味で褒める場合にも使われる。※ウイキペディア
 今回クロスワードに出たことば。

 以下今日のことば
◎悲鳴(ひめい)  ヒトや動物が突然外部から不快な刺激を受けた場合にとっさに出す声である。自らの意思とは関係なく反射的に発することがほとんどであり、心拍数の急上昇を伴うことが多い。悲鳴を発した結果として第三者に救助される場合があるほか、襲ってきた動物が驚いて立ち去る場合もあるなど、悲鳴を上げることは無意味な行動ではない。第三者に助けを求める行為を悲鳴と呼び、「嬉しい悲鳴」などと表現する場合がある。※ウイキペディア 
◎豆蔵(まめぞう)   元禄(1684〜1704)頃の手品・曲芸をよくした大道芸人の名。後,大道手品師や手品芸の別名ともなった。文政(1818〜1830)期に上野・両国の広小路で徳利と豆を使った芸を見せた芸人が有名。
◎ラムサール条約    (英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効した。※ウイキペディア
◎男坂・女坂(おとこざか・おんなざか)    たがいに近い場所に二つの石段/坂道/山道がある場合に、より急峻なほうを「男坂」、緩やかなほうを「女坂」と名づけたものである。 二つの坂の関係は、同じ場所から分岐して最後にまた合流するもの。※ウイキペディア
◎ととや(魚屋)    高麗(こうらい)茶碗の一。赤土の上に青茶色の釉(うわぐすり)をかけたもの。名の由来は、堺の商人「ととや」が所持していたからとも、千利休が魚屋の店先で見いだしたからともいう。斗々屋。 ※ goo辞書
◎びた一文    びたとは室町時代以降に私鋳された粗悪な貨幣「鐚銭(びたせん)」のこと。つまり“偽造貨幣すら出さない”、とにかく出さないことを徹底したことを表現。※ニコニコニュース
◎バグ    バグとは虫の意味で、パソコン用語ではプログラムの中の誤りのこと。バグがあると、作成者や利用者の思ったとおりに動いてくれず、演算結果が狂ったり、システムダウンを引き起こすこともある。※コトバンク
◎シェルパ(SHERPA)    エベレストなどのヒマラヤ登山で,隊の一員として荷物運搬,案内などを務める人。本来はネパール北東部のソロ・クーンブ地方に住むチベット系の一民族であるシェルパ族のことをさす。※コトバンク
◎メンドサ(Mendoza)    アルゼンチンの都市、ワインの産地として有名
◎コスタリカ方式    小選挙区比例代表並立制の選挙で、同じ政党の小選挙区と比例区の候補者が、選挙ごとに交代して立候補する方式。国会議員の同一選挙区での連続当選を禁じている中米のコスタリカ共和国の制度にちなんでいる。※コトバンク
◎こぞ(去年)
posted by hidamari at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック