2018年04月18日

納骨堂参り(‘18.4月)

'18.4.18納骨堂参り.JPG

 水曜日 天気晴れ  気温20℃
 朝から洗濯日和だったので、冬物セーターをまとめて4枚洗った。
 夫は午前中かかりつけの病院へ行き、お薬をどっさり貰ってきた。
 それをお薬カレンダー袋に1週間分を区分して入れるのも、夫に課せられた仕事。
 これって、老人あるある風景かな!
 午後から私は納骨堂参りへ。
 だいたい月初めに参ると決めているが、4月はずっと忙しく、やっと今日参ることが出来た次第。
 納骨堂には先客が1人いた。
 その方が私に声をかけてくれた。
 なんと私の従兄の奥さんだった。
 同じ堂内に従兄が眠っているのはわかっているので、私毎回お参りはしているが、めったに会わないお参り客と、久々会ったのが親戚とは。
 従兄が引き合わせてくれたのかしらん。
 彼女はお寺の催事の場でもよく声をかけてくれるが、私は彼女の顔を覚えられない。
 会うたびにそれを詫びる私。
 彼女、私をどうしようもないバカと思っているだろうなあ。
 私、なんで覚えられないのだろう、ほんとにバカかも。
posted by hidamari at 21:19| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。