2018年07月14日

朝ドラ “半分、青い。”

 今週の物語の急展開には驚いた。
 鈴愛(すずめ)の人生の中で、漫画は何だったのだろう。
 こんなに簡単に諦められるのだろうか。
 幼馴染の律との別れ、律の結婚で受けたショック、反動で湧く強い結婚願望。
 このことは、30前後の独身女性には、あるある・・・で、身につまされ、私にも感情移入出来た。
 でも知り合って1週間で結婚を決めるか?
 これはもはや私には理解できない。
 ただ今の時代ではあまり珍しくもないことみたい。
 長いこと付き合って結婚しても、すぐ別れる人もいるし、お見合いで結婚しても添い遂げる人もいる。
 1週間をお見合いと考えれば、むしろ1日のお見合いより長いんだよね。
 でも、気になる、果たしてこの先うまくいくのだろうか? って。
 で、ウエブサイトで調べてみた。
 分かったのが、これには北川悦吏子さん自身の原作があること。
 すずめちゃん、この先波乱万丈の人生を送るんだね。
 律君との再会もあったり・・・
 佐藤健君も又出てくるんだね。
 嬉しい、楽しみ・・・ 願わくばハッピーエンドであってほしいなあ。
posted by hidamari at 23:12| Comment(0) | 読後感・映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。