2018年12月27日

最終の秋菊と最近の寒菊

'18.11.14生垣菊.JPG '18.11.17秋の菊.JPG
'18.12.19寒菊@.JPG '18.12.19寒菊A.JPG
'18.12.19寒菊B.JPG '18.12.19寒菊C.JPG
'18.12.19切り花菊.JPG

 今日も畑周りにある菊の残骸処理をした。
 まだ半分は残っている。
 手の指がしびれるので、長い時間作業が出来ない。
 花も人間と同じで、盛りのきれいな時期はあっという間で、あとの無惨な姿の方が長い。
 でも今日一つ感じたのは、菊の枯れ葉や枯れ花は、土に埋め込めば肥料になるということ。
 人間は、年老いて朽ち果てたら何の役にもたたない。
 ならば私、きっちりと煙となって、この世から消えましょう。
※写真は、11月最後の秋菊と現在の寒菊、それと、切り花にして飾った寒菊。
posted by hidamari at 22:11| Comment(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。