2019年03月03日

今年の冬花

'19.3.2沈丁花.JPG '19.3.2ヒマラヤユキノシタ.JPG

 玄関先に植えている沈丁花、今年はいまいち香りが薄い。それと同時に花も葉も勢いがなく精彩を欠いている。
 なぜだろう、剪定もしたし、寒肥も施したのに。
 私と同じように老木になったということかなあ。
 ヒマラヤユキノシタも昨年より小ぶりになって、あまり勢いがない。
 生あるものは、いつかは滅びるということ?
 でも、公園の楠木なんて、700年も生き続けているのに。
 よし、今年は沈丁花、剪定や施肥をちゃんとして、復活させよう。
posted by hidamari at 22:01| Comment(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。