2019年07月17日

今日のこと

'19.7.17病院食(夕食).JPG

 怒涛の1日が過ぎた。
 今日は夫の狭心症の5回目の検査入院の日。
 昨日の夜は、今日の今頃はいったいどんな結果になっているのだろう、と胸がつぶれる思いだったが、幸いにも何事もなく、自宅に帰った私は、今はただ眠くて仕方がない。
 実際、パソコンを打ちながらこっくりこっくりしている次第である。
 朝9時過ぎ自宅を出たものの病院の駐車場は長い行列だった。 
 これでは、10時の手続きに間に合わないと、夫は車を降り、そそくさと病院へ入る。
 私は長い行列を経て駐車場へ、無事入車。
 急ぎ6階の病棟へ行くと夫は、受付テーブルで何枚もの書類を記入していた。
 こんな面倒な事、高齢者はよう出来ないなあと思うが、夫はきれいな文字で黙々と書き入れていた。リスペクトである。
 その後部屋に通され、午前中は血液検査、心電図など一通りの検査を受ける。
 私は担当医の面談があるまでと病室で待機する。
 造影検査は2時半頃だと言われたので、その後1度帰宅し、昼食を取ってから再度来院することにしていた。
 12時30分になっても先生のお出ましはなかったので、私は先生との面会は諦めて自宅へ帰ることに。
 途中スーパーに寄り、夫が所望したバナナをget。
 自宅へ入ると夫から留守電が入っていた。
 急きょ、13時30分から造影検査が開始されるので直ぐ来るようにとのこと。
 ならば、冷蔵庫から私の昼食としてゴマ豆腐を持参。
 再び病院へ入ったのがちょうど13時30分。夫は3階の造影室へ。わたしは待機室へ。
 前回3時間かかったので、覚悟して図書2冊とそのゴマ豆腐を持ち込む。
 私はとりあえずゴマ豆腐を食べ、下重さんの「年齢は捨てなさい」を読み始めた。
 なんと30分経ったところで呼び出される。
 初めて先生と面談。優しい先生。「血管はふさがれていません。手術の必要はありません。明日退院です」とのこと。
 心の中で「バンザイ」と叫ぶ。
 夫の表情も明るくちっとも痛くなかったみたい。よかったね〜。
 病室へ戻っても夫は比較的元気だった。
 私は下の世話を3回ほどして、午後6時の夕食を食べさせ、今度は安心して帰宅した。
 その後、畑に出てキュウリ、ピーマン、ナス、トマトを収穫した。
 汗びっしょり。
 一人夕食を取り、パソコンの前へ。
 とにかく疲れた〜。

※写真は夕の病院食
posted by hidamari at 23:04| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。