2019年12月05日

寒菊

'19.12.5寒菊@.JPG '19.12.5寒菊A.JPG

 今マイ畑の菊は残骸と化している。
 ただ、今焦がすのはまだ早い。なぜなら根元に新芽が出ていないから。
 来年、新しい苗を育てるため、汚くてもしばらくは放っておくしかない。
 そんな中、少しだが寒菊が混ざっており、ようやっと花が開き出した。
 希少価値ということもあるが、花びらが八重というのが濃厚で美しい。

 今日は気温がぐっと下がり、寒い日だった。
 夫は、朝早くから部屋の中の大掃除に余念がない。
 私は、予約していた美容院へ。
 いつもソファーで寝ている犬ちゃんがいないので、もしかして天国へ召されたのかと思い、尋ねたら、今ではすっかり老犬そのもので、認知症を患っているとか。
 人間と変わらぬ介護をしなければいけないらしく、夜も目が離せなくて、一緒の部屋で寝起きしておられるそう。
 で、昼間は寝室で寝ているということ。
 犬ちゃんを飼うということは、一生の面倒をみるということ。
・・・たいへんなんだね。
posted by hidamari at 22:13| Comment(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。