2020年01月22日

心配なこと

 我が家では、昨年大きな散財が続いた。
 屋根の取り換え、外壁の塗り変え、エアコンの買い替え、火災保険地震保険の切り替え等だが、それなりに年数が経っていたので仕方なかったのかも。
 不覚にもこんなに物入りが続くとは想定していなかったので、ほんとうに冷や汗ものだった。
 そんななか、暮にはメインのテレビが壊れた。
 これはショックだった。まだ10年しか経っていない。メーカーに修理を頼むと、修理不能と言われた。耐用年数が8年だとか。部品がないということだった。
 実は我が家の全自動洗濯機は、20年以上は経っていて、いつ壊れてもおかしくない代物。
 耐用年数が8年とはちょっと早すぎない。
 それにしても、次々に家電が壊れていく、それも耐用年数が過ぎて。
 私の耐用年数もきっと過ぎているのね。
 修理が効くのかなあ。
 実はもう一つ心配なことがある。
 マイカーの耐用年数も、とっくにとっくに過ぎている。
 車検料、ハンパないです。
posted by hidamari at 21:37| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。