2020年03月12日

椿・ラッパ水仙の活け花

'20.3.12活花.JPG '20.3.7庭の椿.JPG
'20.3.11ラッパ水仙@.JPG '20.3.11ラッパ水仙A.JPG

 椿の花は、木に咲いている時より活け花にした方が、趣がある。
 ラッパ水仙の花は下をむいて咲く。
 活けてもやはり下をむくので、長い瓶に投げ入れするのが合うのかなあ。
 でも今回、短く切って、剣山に挿して活け花にした。
 ただ、水仙の茎は柔らかいので、剣山に挿すのはなかなかうまくいかない。
 だから、挿さる所にランダムに活けたら、こんなに賑やかになったしだい。
 まあ、春らしくていいかな。
posted by hidamari at 22:25| Comment(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。