2020年04月13日

今日ショックだったこと

 1週間前に一人花見散歩をして、嬉しかったこととして、散歩コースのお宅の畑に今年も芝桜がきれいに咲いていたことを、このブログに書いた。
 この芝桜を育てているご主人には、農作業のことをよく教えて頂いた。私が散歩を日課にしていたちょっと前までは、畑の前でよく立ち話をした。
 最近散歩をしないので、会うこともめったになくなっていたが、芝桜が今年も咲いていたので、お元気なんだと嬉しかった。
 なのに、今日夫が、散歩から帰宅するなり、「Tさんがお亡くなりになったんだって、今日お葬式みたい」と言った。
 突然の訃報に「うそー」と、顔を覆ってしまった私。ショックだった。
 なぜなの!
 最近私の周りの人があっけなくこの世から消えてしまうのは。
 悲しくてたまらない。
 考えてみると、私も含めて、友人、知人が夫々高齢になってしまっているのだ。
 こうやって、私の周りからどんどん人は居なくなるんだね。
 人間、どんな人も死に向かって歩いているんだもの。
 ただ若い時はゴールがあまりに遠すぎて見えないだけ。ゴールがあるなんて考えもしない。
 高齢になると、ゴールが見え隠れし出し、恐いんだね。
 前を歩いていた先輩の背中が突然消えたということは、とりもなおさずゴールに届いたということ。
 お疲れ様でした。と言うしかない。
posted by hidamari at 22:00| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。