2020年04月22日

朝ドラ “エール”

 現在の閉塞した世の中は、後世の歴史に残ることだろう。
 その時代に居合わせる不幸を感じる。
 先に逝った父、母は悲惨な戦争の時代を生きた。
 ふと、その時代、彼らは楽しみを持っていたのだろうか、と思いを馳せる。
 今日は受講していたスポーツ健康教室から、今年度の教室は閉講、という連絡があった。
 休講から閉講へ、厳しい現実が下された。
 そんな中、私が唯一楽しみにしているのは、朝ドラを観ること。
 ただ心配なことがある。
 今放映されているのは、撮り溜めてあるものらしい。
 現在は、収録をストップしているという。
 となると、いつまで撮り溜めがもつのだろう。
 収録が3蜜になるのは、間違いない。
 接触制限が解除される日は、何時になるのだろうか。
 もしかして、これより先ドラマはお休み、続きは放映未定、ということに・・・?
 今、私はそれが気になって仕方がない。
posted by hidamari at 21:23| Comment(0) | 読後感・映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。