2020年07月26日

最近の新聞ニュース

 コロナ関係の記事ばかり続いている中、この2〜3日、医師の嘱託殺人の記事が紙面を大幅に占領している。
 安楽死については、常々私も関心があるが、日本に於いてはなかなか議論もされず、よって法整備される兆しもない。
 私は、今回ALS患者さんだったが、安楽死を希望する人(病気の回復が望めない人)が、平等に恩恵を受けられるような法が出来ればいいなあ、と思っている。
 命の尊厳とよく言われるが、命とはいったい何なのだろう。
 命とは寿命、寿、人として機能していなければならない、そしてそれは、人夫々なのではなかろうか。
 仏教では、死は再生とされる。
 死がネガティブと言い切れるだろうか。
 現世で命の尊厳が望めない場合、自身で見切りをつけるのは有りだと思うのだが、この考え、私だけ?
posted by hidamari at 16:21| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。