2020年10月14日

朝ドラ 今日の“エール”

 今日の「エール」は衝撃的な展開だった。
 慰問先のビルマで再会した恩師藤堂先生とその部下の兵士たちが、全員敵の銃撃によって戦死したのだ。
 居合わせた古山は、藤堂の手引きで身を隠し、かろうじて助かる。
 藤堂は部下を助けるために身を挺したため銃撃され、古山の腕の中で命を絶つ。
 これはあくまでフィクションなので、こんなことは現実ではあり得ないと思い、でも、念のため、グーグルで古関裕而と戦争で検索してみた。
 確かに慰問先に恩師はいないし、まして戦死等していない。
 しかし、似たような悲惨な戦場を、古関裕而は目の当たりにしていた。
 そして、慰問先で母の危篤を知るも、すぐの帰還は叶わず、死に目には合えなかったとあった。

 今後、古山の戦争に対する曲作りの思いが変わるのは必然だろう。
 というか、自責の念に駆られるのでは。
 戦時中、絶対軍歌を作らない作曲家もいたなか、古山は軍歌を作り、結果的には若者を悲惨な戦場へ送っていたのだ。
 「何も知らなかった。ごめんなさい。ごめんなさい」と、泣き叫ぶ古山。
 私も泣いた。
 内地にいる国民は何も知らされてなかったのだ。
 今の政府も、この時代の政府と、何ら変わっていないのでは。
 国民の知らないところで、大事なことがどんどん決められていくようで、恐い。
 政府も、国会議員も、過去にこんな悲惨なことがあったんだと、改めて知ってほしい。
 できれば、この朝ドラ、観て欲しい。
posted by hidamari at 21:41| Comment(0) | 読後感・映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。