2020年10月13日

‘20.10月料理教室に着ていったきもの

'20.10.13料理教室.JPG '20.10.13料理教室A.JPG

 朝夕はめっきり涼しい。
 というより、季節は中秋、涼しいということばは当てはまらない。
 丁度いい気温というところか。
 半袖でも長袖でも違和感はない。
 でもきものは、袷は、やはり重いかも。
 で、今日までは単衣に。来月からはきっぱりと袷にしたい。
 コロナ禍の下、お持ち帰りでも、料理教室が開かれるのは有難い。
 レシピの説明を受ける前に、皆が顔を合わせ、おしゃべりするのは、もう一つの楽しみだし、情報交換の場でもある。
 そんな中、つくづく感じるのは、20年以上続くグループのメンバーが皆歳を重ね、皆同じように、脳身ともに衰えたなあということ。
 今日、大事なお月謝を先生にお渡しするのを、メンバー全員が忘れていた。
 帰りしな、一人が気付いてくれたので、事なきをえたけれど、これって脳の老化だよね。
 料理の手順を、メンバー全員が間違えたのも、唖然としたことだった。
 身体の衰えには逆らえないけれど、脳の衰えは何とかくい止めたいなあ。
 料理のメニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 22:14| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

‘20.9月料理教室に着ていったきもの

'20.9.8料理教室@.JPG '20.9.8料理教室A.JPG

 台風明けの今日は晴れの良い天気だった。
 アワ地域ではたいした被害もなく、料理教室も予定通り行われた。
 ただ、コロナ下に関しては変わりなく、3密を防ぐことや、長時間居ることを避けるため、料理の大方は先生が既に完成させておられた。
 作り方はレシピの紙で詳しく説明があった。
 私たち生徒が実際に行ったのは、稲荷ずしの皮にすし飯を詰めた程度。
 当然、試食会はなく、お持ち帰り。ただ、豆腐プリンだけ個々に手早く試食した。
 それで、お開きになったのは正午前、皆足早に帰宅した次第である。
 何か少し寂しいが、中止にならないだけ、良しとしなければ・・・。
 料理のメニューは明日載せたい。

※きものは夏大島、帯は麻の名古屋帯。
posted by hidamari at 21:54| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

‘20.8月料理教室に着ていったきもの

'20.8.3料理教室@.JPG '20.8.3料理教室A.JPG '20.8.3料理教室B.JPG

 我が県、我が町も、コロナ感染者が急増している。
 料理教室も中止になるのかなあ、と心配したが、その旨の連絡がなかったので、予定通りきものを着て出かける。
 教室では皆マスク、消毒液もあちこち配備してあり、何か異様な感じはするが、皆元気で楽しくお料理をした。
 とはいっても、概ね先生が各料理に手を入れて下さっていて、時短で出来上がった。
 そしてもちろんお持ち帰りに。
 各自持参しているタッパーに、4品の料理を分けて詰め合わせる作業が、たいへんといえばたいへんだった。
 料理のメニューは明日載せたい。

※写真のきものは、サマーウール。羽織は化繊。夏は長着も襦袢も自宅でクリーニング出来る素材がいい。
posted by hidamari at 22:03| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

‘20.7月料理教室に着ていったきもの

'20.7.14料理教室@.JPG '20.7.14料理教室A.JPG '20.7.14料理教室B.JPG

 昨日、一応、着物を着る準備はしていた。
 雨がひどかったら洋服にするつもりだった。
 そして、今日小降り、迷ったが、予報を見ると午後から回復するという。
 着るしかないでしょう!という訳で、着ました。
 レインコートは上だけで間に合わせる。
 過去ログを見ると、昨年6月の料理教室で、同じきものと帯の組み合わせで着ている。
 私、この組み合わせが好きみたい。
posted by hidamari at 15:58| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

‘20.6月料理教室に着ていったきもの

'20.6.9料理教室@.JPG '20.6.9料理教室A.JPG

 コロナ自粛で2ヵ月間お休みだった料理教室が、今回やっと再開された。
 お仲間の皆に元気で会えたことも、きものを着ることが出来たことも、美味しいお料理を食べることが出来たことも、私にとってはこの上もなく嬉しいことだった。
 ただ、料理教室のスタイルが、ウイルス対策を考えられたことで、以前とだいぶ変わったことが、少し残念だった。
 まず、メニューの8割方先生が事前に調理を済ませておられた。1番の楽しみの皆との会食も、お持ち帰り方式になったため、おじゃん。
 もちろん、マスク着用、アルコール消毒は徹底的になされた。
 先生がおっしゃるには、各家庭においても、食事は別々、部屋の中でも離れて居る、大声で話さない、いわゆる3密を防ぐ暮しをすることが理想だとか。
 私的には馬鹿げているし、ナンセンスだと思っているが。
 夫は毎日パチンコに行っている。
 手洗い、外でのマスク着用は、常に守らせているが、部屋でマスクはお互いしていない。
 先生にもうひとつ教わったのは、エアコンを入れていても、対峙する窓を少しずつ開けておいて、常に換気をすること、ということ。
 それはさっそく実行している。
posted by hidamari at 15:24| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

‘20.3月料理教室に着ていったきもの

'20.3.10料理教室.JPG '20.3.10料理教室A.JPG

 朝から雨が降っていたが、たいした雨ではなかったので、用意していたきものを着ることに。
 写真を家の外で撮るのはさすがに出来なかったので、玄関先の屋根の下で、撮った。
 今回のきものは、紬の訪問着で、私の持ち物の中では上等なもの。 普段に着るものではないが、老い先も見えている私、TPOをわきまえず、自分流に着ている。
 で、帯は普段着用の名古屋帯を使用。 色合いは合わせた。
posted by hidamari at 14:23| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

私のお気に入りのきもの

2006.12.2桶絞り訪問着.JPG

 PCの中にあった写真を偶然に見つけたので、UPした。
 私の持っているきものの中で1番高価なもので、私が1番気にいっている桶絞りの訪問着。
 もしかしたら、過去ログのきものライフでUP済みかも。

 最近松たか子さんが、アカデミー賞の授賞式で披露されていた総絞りの訪問着が素晴らしかった。 なんでもお値段3,000万円とか。 着付けも京都風で、とても上品だった。
posted by hidamari at 22:00| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

‘20.2月料理教室に着ていったきもの

'20.2.11料理教室@.JPG '20.2.11料理教室A.JPG '20.2.11料理教室B.JPG

 建国記念の日の今日は晴れの良いお天気だった。
 料理教室の日、綿の久留米絣を着た。
 重いが温かい。
 ショールは、化粧品を買った時付いてきた景品。 ポリエステルだが、ウールみたいな肌触り。手軽に使えて便利かな。
 お料理は、今日も手間ひまかけた絶品のものだった。
 メニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 20:49| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

‘20.1月料理教室に着ていったきもの

'20.1.14料理教室@.JPG '20.1.14料理教室A.JPG '20.1.14料理教室B.JPG '20.1.14料理教室C.JPG 

 昨日お寺参りに着ていったきものをそのまま着た。
 ただ、帯揚げ、帯締め、道行コートを替えた。
 道行コートは、絹のレース状の生地で、高価なもの。
 着ると華やかなので、普段にはなかなか着る機会がない。
 今日はお正月なので、思い切って着て写真まで撮った。
 で、車の運転しにくいことに気づき、いつもの普段着の上っ張りに替えた。

 ※写真のお太鼓結びの後ろ姿は、昨日のリベンジ。歪まずに結べた。
 ※料理教室のメニューは明日載せる。
posted by hidamari at 21:33| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

御正忌報恩講のお寺参りに着ていったきもの

'20.1.13お寺参り@.JPG '20.1.13お寺参りA.JPG '20.1.13お寺参りB.JPG '20.1.13お寺参りC.JPG 

 法話は10時から始まるので、逆算して9時40分には家を出なければならないのに、きものの着付けを始めたのが、9時10分だった。
 うっかり朝の時間をやり過ごしてしまったのだ。
 このうっかりが最近は多すぎる。ちょっとやばいかも。
 そんな訳で、バタバタして着付けをし、夫に写真を撮ってもらった。
 お寺に着いたのが、5分前、案の定駐車場満車。
 遠くにある駐車場へ足を延ばす。
 5分遅刻。
 法話の内容は後日載せるとして、今日はきもの姿の写真を載せた。
 残念だったのは、後姿のお太鼓結びが歪んでいること。
 結んだあと鏡でチェックしなかったのがミス。
 ちょっと修正すれば真っ直ぐになったのに。
 写真を撮ってくれた夫に、歪みを教えてもらうのは、やはり無理かもね。
 多分、私のきもの姿なんて眼中にないんだね。
 TVの時代劇の続きが気になるみたいだもの。
posted by hidamari at 20:24| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

‘19.11月料理教室に着ていったきもの

'19.11.12料理教室.JPG '19.11.12料理教室A.JPG '19.11.12料理教室B.JPG '19.11.13料理教室C.JPG

 きものを着るのにちょうどいい季節。
 袋帯をきちんと締めた。
 ショールをするほどではなかったが、やはり衿抜きが冷っとしたので、スカーフを押し込んだが、お料理をする時は暑くなったので外した。
 帰宅して、午後から本野温泉へ。
 炭酸泉で30分間しっかり眠る。
 気持ちいい〜。 こんな時、プチ幸せを感じる。

 今日の料理教室のメニューも絶品だった。
 それは明日載せたい。
posted by hidamari at 21:27| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

‘19.10月料理教室に着ていったきもの

'19.10.8料理教室@.JPG'19.10.8料理教室A.JPG '19.10.8陵教室先生宅の玄関.JPG
 
 長崎くんち2日目の今日、私は料理教室の日だった。
 朝から風がひどく、少し寒いくらい。
 今回まで、単衣のきものを着る。
 毎回、きもの姿を夫に写真を撮ってもらう。
 出来上がりの写真を見て、思うこと。
 バックの景色の移り変わりを感じる。
 何年か前までは、一人暮らしだったが、いつもきちんと庭の手入れがされていて、私の写真もグレードが高かったが、現在は住人だった奥様は他界され、セオリー通り、庭も荒れ放題になっている。
 で、私の写真も晴れない。
 何より私自身が年をとってしまった。
 同じきものを着た何年か前の写真と比べると、世の哀れを感ぜずにはいられない。
 そんなことを感じた秋の午後です。

※写真は、先生宅の玄関の秋模様も。
posted by hidamari at 15:53| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

‘19.9月料理教室に着ていったきもの

'19.9.10料理教室.JPG '19.9.10料理教室A.JPG

 9月になったとはいえ、まだまだ残暑厳しい。
 今日は料理教室の日。
 マイ夏のきもので1番高価な夏大島を着た。
 長襦袢も絽の絹織物。
 帯は名古屋帯で、綿。 青の染めで、色合いが好き。
 過去ログで、この組み合わせで着ているのが多い。
 私の趣味かも。

 帰宅してしばらく休憩し、病院巡りするべく、外出する。
 まず、左目淵にウミが固まったできものをつぶしてもらいに眼科へ。
 で、休診だった〜
 次に道すがらにある園芸店で、ブロッコリー苗を5個購入。
 そこから、かかりつけの内科の病院へお薬をもらいに。

 そこで看護師さんに、眼科が休診だったことを何気に言ったら、近くにM眼科があるので、電話してあげるからそこへ行ったら、と照会してくれた。
 で、その病院へ行く。
 結局治療が終わったのが17時半。
 帰宅し夕食の支度をする。
 お風呂に入っていた夫が、ソーラーのお湯が出ない、と騒ぐので、給湯器屋さんに修繕を依頼する電話をする。で、電話の順番待ちで30分かかる。
 やっと繋がって、明日来てくれる運びを取り付ける。
 今日は、大忙しの1日だった。
 昨日は、夫を空港まで迎えに行き、帰宅したのが23時。
 昨日、今日と疲れた〜
 でも、明日は、ブロッコリーを植えなければならない。
 しばらく忙しい日が続きそう。
posted by hidamari at 22:38| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

‘19.8月料理教室に着ていったきもの

'19.8.5料理教室@.JPG '19.8.5料理教室A.JPG

 今日もシルックのきものを着る。
 着付けにあまり汗はかかなかったが、表に出て真向かいの奥さんとおしゃべりしたら、どぉーと汗が出た。
 襟抜きに、水で濡らしたハンカチを押し込んだ。
 あと、帯の下が汗だくになった。
 ここは仕方ない。
 肌襦袢は洗って、長襦袢(絹)はお湯で拭くしかないかなあ。
 もちろん、シルックのきものは洗濯機で洗う。
 今日のお料理はひつまぶし他美味しいものばかり、幸せだった。
 メニューは明日載せる。
 マイ畑のナス、今日、お仲間のMさんにあげることが出来て、よかった〜。
posted by hidamari at 22:26| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

‘19.7月料理教室に着ていったきもの

'19.7.9料理教室@.JPG '19.7.9料理教室A.JPG '19.7.9料理教室B.JPG

 そろそろ着付けに汗だくになる時季だと思っていたが、今日はさほど汗かかなかった。
 とはいえ、帰宅してきものを脱いだら、やはり肌襦袢はしっかり濡れていた。
 長襦袢は紗なので、簡単に洗えない。 で半襟を拭くくらいにした。
 きものはシルックなので、肌襦袢と一緒に洗濯機で洗った。
 写真は、料理教室での割烹着姿も。

 お料理のメニューは明日載せたい。
 今日も感動の美味しさだった。
posted by hidamari at 21:22| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

‘19.6月料理教室に着ていったきもの

'19.6.11料理教室@.JPG '19.6.11料理教室A.JPG '19.6.11料理教室先生宅玄関.JPG

 今月から単衣のきものにする。
 帯は半幅にしたので、着付けは時短できた。
 写真も、ちゃっちゃと夫に撮ってもらって、余裕を持って出かけるも、何か忘れているような気が・・
 思い出せない。 仕方ない。
 いざ車中の運転席へ。
 袖がじゃま! そうか上っ張りを着るの忘れた、扇子も忘れた、家の中に取りにいくの、面倒くさい。
 最近、何かしら忘れる残念な私。
 今日もまた、86歳の女性が運転を誤り車ごと崖から落ちて死亡というニュース。
 この女性も、まさか自分が事故起こすなんて、昨日まで思っていなかっただろう。
 でも、高齢者の現実は厳しい。
 例外なく私も。
 運転、細心の注意をはらわなくちゃ・・・

 お料理のメニューは明日載せたい。
※写真は、先生宅玄関飾り台のアジサイとかわいいお人形も。
 
posted by hidamari at 21:55| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

‘19.5月料理教室に着ていったきもの

'19.5.14料理教室に着ていったきもの@.JPG '19.5.14料理教室に着ていったきものA.JPG

 自分の中では、きものの着付けは、もう眠っていてでも出来ると自負していたが、今日それが打ち砕かれるショックな事態に陥った。
 いつものように、20分あれば十分と思って着付けをし始めた。
 袋帯を巻く最後の段階に入り、補助帯を全部外したところ、だらりの帯に・・・
 帯締めをするのを忘れた〜。
 オーマイガット!
 でもまあ、ここまでは仕方ないなあ、何とか修正出来るだろう、と再び補助帯を使って結び直そうと・・・
 ところが芯の入ってない袋帯、形が収まらない、時間との戦い、最終的にぐちゃぐちゃになった。
 そこで、やっとやり直そうと・・・
 急がば回れ、修正より、最初からやり直すべきだったと悟った次第。
 これって、脳と技術の衰え、取りも直さず、老化だな。
 近い将来、きものの着付け、出来なくなるのかなあ。

 今日は、何とか時間、間に合った。
 写真もちゃんと撮ってから、お料理教室に出かけることが出来ました。
posted by hidamari at 21:57| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

‘19.4月料理教室に着ていったきもの

'19.4.9料理教室@.JPG '19.4.9料理教室A.JPG '19.4.9料理教室B.JPG '19.4.9料理教室C.JPG 

 春はやはり明るい色の染めのきものが着たい。
 写真のきものは、古いものだが好きなので、春になったら必ず着てしまう。
 本来は、帯は袋帯を締めるべきだが、今回は手間を惜しみ博多織の半幅を使用した。
 上っ張りは化繊。
 全てアンバランスだが、最近は構わず好きなように着ている。

 今日のお料理も絶品で感動の美味しさだった。
 メニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 20:46| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

春彼岸、お寺参りに着ていったきもの

'19.3.20お寺参り@.JPG '19.3.20お寺参りA.JPG '19.3.20お寺参りB.JPG
'19.3.20お寺廊下活け花.JPG '19.3.20お斎.JPG

 料理教室に着ていったきものをしまわずに、今日のお寺参りに着ていった。
 ただ道行コートは黒にした。
 今日の法話の講師は、外来の40代のお坊さんだった。
とてもお話が上手な方だった。
 法話の内容は明日載せたい。
 
 お寺参りをする人は男女を問わず概ね高齢者が多い。
 たまに私は、本堂でもお斎の席でも、隣席の人とお話することがある。
 だいたいは女性である。
 高齢者どうし、すぐ打ち解ける。
 そして思うのは、男性の老人は、総じて気難しく優しくないということだ。
 最初私は、老人も若い女性には優しいのだろうと思っていた。
 でも違うみたい。
 誰に対しても、頑固で怒りっぽいのだ。
 これって現代老人の特性なのか?
 ところが今日そうではないかもしれない、と思う嬉しいことがあった。
 83歳というその方は、私に話しかけて下さった。
 「お着物お似合いですね。あなたを毎回お見かけするんですが、いつも上手に着こなしておられてステキです。実は家内が以前和服仕立ての仕事をしておりまして。今は目が見えなくなって私が介護しているんですよ・・・ 着物に興味があります」
 私びっくり。
 高齢の男性恐怖症の私、こんなに紳士的に優しく、しかも私が嬉しいと思うことを、スーッと言って下さるなんて。
 高齢の男性も温和な方がいるんだ。
 そこから話が盛り上がった。
 3歳下の介護の必要な奥様と2人暮らし。
 所帯を持ったお子様には頼らず、家事一切ご主人がされているという。
 菓子職人だったこともあり、お料理は得意という。
 野菜は、すぐお漬物にしてストックされているなど、家事の極意も教えてもらった。
 優しい人はいいなあ。
 奥様もきっと幸せだよね。
posted by hidamari at 21:04| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

‘19.3月料理教室に着ていったきもの

'19.3.12料理教室@ - コピー.JPG '19.3.12料理教室A.JPG '19.3.12料理教室B - コピー.JPG '19.3.12料理教室C.JPG
'19.3.12料理教室先生宅雛飾り.JPG '19.3.12料理教室先生宅活け花.JPG
 すっかり春めいた季節になったので、着付けも楽になった。
 お料理教室の先生宅の、玄関広間にはひな壇が飾ってあった。
 あと活け花も季節の花が・・・、 なんかしっとりとした空間で、毎回幸せを感じる。
 お料理のメニューも、ひな祭りに食べる贅沢御膳でとても美味しいものだった。
 メニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 17:01| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする