2021年07月13日

‘21.7月料理教室に着ていったきもの

'21.7.13料理教室@.JPG '21.7.13料理教室A.JPG

 昨日、今日着るきものの帯に、夏物名古屋帯を用意していた。
 朝になって写真を撮ってくれる夫が、9時には出かけるという。
 で、それまでに着付けを終えなければ写真を撮ってもらえない。
 急きょ、半幅帯に替えた。これなら短時間で着付けを終えられる。
 という訳で、紫色の博多織をチョイス。
 襟抜きに、汗取りの細タオルを押し込みました。

 講義が始まる前に先生から重大宣言があった。
 教室を8月、9月と閉室にするということ。
 想定はしていたが、ショック。
 いつか必ず永遠になくなる時が来るんだなあ。
 少しでも永く続くこと、祈るばかりです。
posted by hidamari at 16:11| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月08日

‘21.6月料理教室に着ていったきもの

'21.6.8料理教室@.JPG '21.6.8料理教室A.JPG

 今日は晴れの良いお天気、料理教室の日、単衣のきものにする。
 米沢紬、もう何回も着ているので、少々飽き気味。
 最近は、むしろ、お洋服の方に、あまり着ていない服があるので、あせっている。
 いつまでおしゃれが出来るか分からない。
 断捨離するより、思い残すことがないように、着倒したいなあ。
 考えると、私、きものは、もはやタンスの肥やしではない。
 なんか、もう着るものが毎年同じ、って感じかな。
posted by hidamari at 16:08| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

‘21.5月料理教室に着ていったきもの

'21.5.11料理教室@.JPG '21.5.11料理教室A.JPG

 コロナ禍の中、心配だったが、料理教室は開かれた。
 お仲間が皆元気でよかった。
 今日ももちろんお持ち帰りだったが、お料理は最高の美味しさだった。
 料理教室のもう一つの私の楽しみは、きものを着ること。
 今日は帯揚げを空色にした。
 小物で変化をつけるのも楽しい。
posted by hidamari at 16:01| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

‘21.4月料理教室に着ていったきもの

'21.4.13料理教室@.JPG '21.4.13料理教室A.JPG '21.4.13料理教室B.JPG

 今日はあいにくの雨だった。
 でも、昨日植えた夏野菜には恵みの雨かも。
 雨の日はきものを着るのはあまり気が進まないが、レインコートもあるので着ることに。
 外に出てみると、たいした雨ではなかった。
 料理教室が終わって帰る頃には、すっかり止んでいた。
 今日もお料理はお持ち帰りだった。
 いつものように激美味だったし、量もたっぷりだったので、夕食の足しにもした。
 メニューは明日載せたい。
※写真はレインコート姿も。
posted by hidamari at 21:07| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

‘21.3月料理教室に着ていったきもの

'21.3.9料理教室.JPG '21.3.9料理教室A.JPG '21.3.9料理教室B.JPG

 料理教室にはきものを着ると、自分に課している。
 でないと、きものの着方を忘れてしまいそうだし、最近では他では着る機会もないから。
 今日は少し寒いが、きものを着るにはちょうどよかった。
 マイカーで行くが、教室のお仲間が次々に運転免許を返納されている。
 で、タクシーを利用されている。
 思えば、通い始めてもう20年以上になる。
 皆一様に年を重ねた。
 これまで美味しいお料理をたくさん食べた。
 いつまで続くか不安だが、1回1回を大切にしたい。
 そんなことをつくづく思ったことだった。
 今日もお持ち帰りだったが、帰宅してすぐ試食(ランチ)する。
 激うまだった。
 感動のあまり、先生にそのことを電話した次第。
 メニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 14:47| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

‘21.2月料理教室に着ていったきもの

'21.2.9料理教室@.JPG '21.2.9料理教室A.JPG '21.2.9料理教室B.JPG

 コロナ禍で1月の教室はお休みだった。
 2月はどうかな、と心配していたが、今日は滞りなく行われた。
 ただ、長居は好ましくない、ということで「お持ち帰り」スタイルだった。
 殆んどのお料理は先生が朝5時半から作って下さっていた。
 手の込んだケーキ寿司や、カットロールケーキなど全て、ほっぺが落ちるくらい美味しかった。
 メニューは明日載せたい。
 今日は、今日着ていったきものをUPした。
 寒かったので、スカーフをえり抜きに押し入れた。
 襟元以外は、きものの方が洋服より温かいかな。
 久留米絣のきものと、綿の道中着。
posted by hidamari at 14:24| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

‘20.12月料理教室に着ていったきもの

'20.12.8料理教室@.JPG '20.12.8料理教室A.JPG '20.12.8料理教室B.JPG

 コロナコロナの今年もいつの間にか師走になった。
 いつ収束するか、未だ先が見えない。
 料理教室は、2カ月休講はあったが、先生のご配慮で今月も開かれた。ハッピーだった。
 でも、来年1月はお休みということ。仕方ない。
 私が料理教室にきものを着るのは、他に着る機会がないから。もうひとつは、着付けを忘れないため。
 でも最近、帯結びがうまくいかない時がある。
 で、時間がかかったりする。
 だんだん出来ていたことが出来なくなるのかなあ。不安なり。
posted by hidamari at 21:51| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

‘20.11月料理教室に着ていったきもの

'20.11.10料理教室@.JPG '20.11.10料理教室A.JPG '20.11.10料理教室B.JPG

 朝の気温9℃、寒かった。
 今日は楽しみにしている料理教室の日。
 藍染めの真綿紬を着た。
 髪型が思うように決まらない、というより、鏡の中の自分の顔が思っている以上に老けていたので、気分が滅入り、着付けもうまくいかなかったような。
 でもお仲間のMさんに会えるし、美味しいお料理とも出会えるし、気を取り直して出かける。
 で、Mさん病気で休みだった。
 ショック!
 いつも前向きで優しいMさんから、癒しと元気を貰っている私。
 今日は寂しくて、憂鬱な日。
 帰宅して、お持ち帰りのお料理で、昼食をして、Mさんにあげるつもりで持っていった間引き野菜を、自宅へ届けた。
 彼女、比較的元気だったので、ホッとする。
 来月の料理教室では、元気になった彼女に必ず会えますように。
posted by hidamari at 21:18| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

‘20.10月料理教室に着ていったきもの

'20.10.13料理教室.JPG '20.10.13料理教室A.JPG

 朝夕はめっきり涼しい。
 というより、季節は中秋、涼しいということばは当てはまらない。
 丁度いい気温というところか。
 半袖でも長袖でも違和感はない。
 でもきものは、袷は、やはり重いかも。
 で、今日までは単衣に。来月からはきっぱりと袷にしたい。
 コロナ禍の下、お持ち帰りでも、料理教室が開かれるのは有難い。
 レシピの説明を受ける前に、皆が顔を合わせ、おしゃべりするのは、もう一つの楽しみだし、情報交換の場でもある。
 そんな中、つくづく感じるのは、20年以上続くグループのメンバーが皆歳を重ね、皆同じように、脳身ともに衰えたなあということ。
 今日、大事なお月謝を先生にお渡しするのを、メンバー全員が忘れていた。
 帰りしな、一人が気付いてくれたので、事なきをえたけれど、これって脳の老化だよね。
 料理の手順を、メンバー全員が間違えたのも、唖然としたことだった。
 身体の衰えには逆らえないけれど、脳の衰えは何とかくい止めたいなあ。
 料理のメニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 22:14| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

‘20.9月料理教室に着ていったきもの

'20.9.8料理教室@.JPG '20.9.8料理教室A.JPG

 台風明けの今日は晴れの良い天気だった。
 アワ地域ではたいした被害もなく、料理教室も予定通り行われた。
 ただ、コロナ下に関しては変わりなく、3密を防ぐことや、長時間居ることを避けるため、料理の大方は先生が既に完成させておられた。
 作り方はレシピの紙で詳しく説明があった。
 私たち生徒が実際に行ったのは、稲荷ずしの皮にすし飯を詰めた程度。
 当然、試食会はなく、お持ち帰り。ただ、豆腐プリンだけ個々に手早く試食した。
 それで、お開きになったのは正午前、皆足早に帰宅した次第である。
 何か少し寂しいが、中止にならないだけ、良しとしなければ・・・。
 料理のメニューは明日載せたい。

※きものは夏大島、帯は麻の名古屋帯。
posted by hidamari at 21:54| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

‘20.8月料理教室に着ていったきもの

'20.8.3料理教室@.JPG '20.8.3料理教室A.JPG '20.8.3料理教室B.JPG

 我が県、我が町も、コロナ感染者が急増している。
 料理教室も中止になるのかなあ、と心配したが、その旨の連絡がなかったので、予定通りきものを着て出かける。
 教室では皆マスク、消毒液もあちこち配備してあり、何か異様な感じはするが、皆元気で楽しくお料理をした。
 とはいっても、概ね先生が各料理に手を入れて下さっていて、時短で出来上がった。
 そしてもちろんお持ち帰りに。
 各自持参しているタッパーに、4品の料理を分けて詰め合わせる作業が、たいへんといえばたいへんだった。
 料理のメニューは明日載せたい。

※写真のきものは、サマーウール。羽織は化繊。夏は長着も襦袢も自宅でクリーニング出来る素材がいい。
posted by hidamari at 22:03| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

‘20.7月料理教室に着ていったきもの

'20.7.14料理教室@.JPG '20.7.14料理教室A.JPG '20.7.14料理教室B.JPG

 昨日、一応、着物を着る準備はしていた。
 雨がひどかったら洋服にするつもりだった。
 そして、今日小降り、迷ったが、予報を見ると午後から回復するという。
 着るしかないでしょう!という訳で、着ました。
 レインコートは上だけで間に合わせる。
 過去ログを見ると、昨年6月の料理教室で、同じきものと帯の組み合わせで着ている。
 私、この組み合わせが好きみたい。
posted by hidamari at 15:58| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

‘20.6月料理教室に着ていったきもの

'20.6.9料理教室@.JPG '20.6.9料理教室A.JPG

 コロナ自粛で2ヵ月間お休みだった料理教室が、今回やっと再開された。
 お仲間の皆に元気で会えたことも、きものを着ることが出来たことも、美味しいお料理を食べることが出来たことも、私にとってはこの上もなく嬉しいことだった。
 ただ、料理教室のスタイルが、ウイルス対策を考えられたことで、以前とだいぶ変わったことが、少し残念だった。
 まず、メニューの8割方先生が事前に調理を済ませておられた。1番の楽しみの皆との会食も、お持ち帰り方式になったため、おじゃん。
 もちろん、マスク着用、アルコール消毒は徹底的になされた。
 先生がおっしゃるには、各家庭においても、食事は別々、部屋の中でも離れて居る、大声で話さない、いわゆる3密を防ぐ暮しをすることが理想だとか。
 私的には馬鹿げているし、ナンセンスだと思っているが。
 夫は毎日パチンコに行っている。
 手洗い、外でのマスク着用は、常に守らせているが、部屋でマスクはお互いしていない。
 先生にもうひとつ教わったのは、エアコンを入れていても、対峙する窓を少しずつ開けておいて、常に換気をすること、ということ。
 それはさっそく実行している。
posted by hidamari at 15:24| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

‘20.3月料理教室に着ていったきもの

'20.3.10料理教室.JPG '20.3.10料理教室A.JPG

 朝から雨が降っていたが、たいした雨ではなかったので、用意していたきものを着ることに。
 写真を家の外で撮るのはさすがに出来なかったので、玄関先の屋根の下で、撮った。
 今回のきものは、紬の訪問着で、私の持ち物の中では上等なもの。 普段に着るものではないが、老い先も見えている私、TPOをわきまえず、自分流に着ている。
 で、帯は普段着用の名古屋帯を使用。 色合いは合わせた。
posted by hidamari at 14:23| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

私のお気に入りのきもの

2006.12.2桶絞り訪問着.JPG

 PCの中にあった写真を偶然に見つけたので、UPした。
 私の持っているきものの中で1番高価なもので、私が1番気にいっている桶絞りの訪問着。
 もしかしたら、過去ログのきものライフでUP済みかも。

 最近松たか子さんが、アカデミー賞の授賞式で披露されていた総絞りの訪問着が素晴らしかった。 なんでもお値段3,000万円とか。 着付けも京都風で、とても上品だった。
posted by hidamari at 22:00| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

‘20.2月料理教室に着ていったきもの

'20.2.11料理教室@.JPG '20.2.11料理教室A.JPG '20.2.11料理教室B.JPG

 建国記念の日の今日は晴れの良いお天気だった。
 料理教室の日、綿の久留米絣を着た。
 重いが温かい。
 ショールは、化粧品を買った時付いてきた景品。 ポリエステルだが、ウールみたいな肌触り。手軽に使えて便利かな。
 お料理は、今日も手間ひまかけた絶品のものだった。
 メニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 20:49| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

‘20.1月料理教室に着ていったきもの

'20.1.14料理教室@.JPG '20.1.14料理教室A.JPG '20.1.14料理教室B.JPG '20.1.14料理教室C.JPG 

 昨日お寺参りに着ていったきものをそのまま着た。
 ただ、帯揚げ、帯締め、道行コートを替えた。
 道行コートは、絹のレース状の生地で、高価なもの。
 着ると華やかなので、普段にはなかなか着る機会がない。
 今日はお正月なので、思い切って着て写真まで撮った。
 で、車の運転しにくいことに気づき、いつもの普段着の上っ張りに替えた。

 ※写真のお太鼓結びの後ろ姿は、昨日のリベンジ。歪まずに結べた。
 ※料理教室のメニューは明日載せる。
posted by hidamari at 21:33| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

御正忌報恩講のお寺参りに着ていったきもの

'20.1.13お寺参り@.JPG '20.1.13お寺参りA.JPG '20.1.13お寺参りB.JPG '20.1.13お寺参りC.JPG 

 法話は10時から始まるので、逆算して9時40分には家を出なければならないのに、きものの着付けを始めたのが、9時10分だった。
 うっかり朝の時間をやり過ごしてしまったのだ。
 このうっかりが最近は多すぎる。ちょっとやばいかも。
 そんな訳で、バタバタして着付けをし、夫に写真を撮ってもらった。
 お寺に着いたのが、5分前、案の定駐車場満車。
 遠くにある駐車場へ足を延ばす。
 5分遅刻。
 法話の内容は後日載せるとして、今日はきもの姿の写真を載せた。
 残念だったのは、後姿のお太鼓結びが歪んでいること。
 結んだあと鏡でチェックしなかったのがミス。
 ちょっと修正すれば真っ直ぐになったのに。
 写真を撮ってくれた夫に、歪みを教えてもらうのは、やはり無理かもね。
 多分、私のきもの姿なんて眼中にないんだね。
 TVの時代劇の続きが気になるみたいだもの。
posted by hidamari at 20:24| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

‘19.11月料理教室に着ていったきもの

'19.11.12料理教室.JPG '19.11.12料理教室A.JPG '19.11.12料理教室B.JPG '19.11.13料理教室C.JPG

 きものを着るのにちょうどいい季節。
 袋帯をきちんと締めた。
 ショールをするほどではなかったが、やはり衿抜きが冷っとしたので、スカーフを押し込んだが、お料理をする時は暑くなったので外した。
 帰宅して、午後から本野温泉へ。
 炭酸泉で30分間しっかり眠る。
 気持ちいい〜。 こんな時、プチ幸せを感じる。

 今日の料理教室のメニューも絶品だった。
 それは明日載せたい。
posted by hidamari at 21:27| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

‘19.10月料理教室に着ていったきもの

'19.10.8料理教室@.JPG'19.10.8料理教室A.JPG '19.10.8陵教室先生宅の玄関.JPG
 
 長崎くんち2日目の今日、私は料理教室の日だった。
 朝から風がひどく、少し寒いくらい。
 今回まで、単衣のきものを着る。
 毎回、きもの姿を夫に写真を撮ってもらう。
 出来上がりの写真を見て、思うこと。
 バックの景色の移り変わりを感じる。
 何年か前までは、一人暮らしだったが、いつもきちんと庭の手入れがされていて、私の写真もグレードが高かったが、現在は住人だった奥様は他界され、セオリー通り、庭も荒れ放題になっている。
 で、私の写真も晴れない。
 何より私自身が年をとってしまった。
 同じきものを着た何年か前の写真と比べると、世の哀れを感ぜずにはいられない。
 そんなことを感じた秋の午後です。

※写真は、先生宅の玄関の秋模様も。
posted by hidamari at 15:53| Comment(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする