2016年03月08日

16.3月料理教室に着ていったきもの

'16.3.8料理教室.JPG '16.3.8料理教室A.JPG '16.3.8料理教室B.JPG '16.3.8料理教室C.JPG

 今日も1日、暖かい穏やかな天気だった。
 今日着たきものは、今の季節よく袖を通すきものだが、実はこれ訪問着で、しかも紋が入っている。でも、今では普段にも着る。なぜなら、紋がはっきり見えないし、無地ぼかしで地味な色なので、小紋風に着てもぜんぜん問題ないと思っているから。
 今日は、帯も半幅、道中着は綿という、ちょう普段着感覚にした。
 さて、今日のお料理も絶品で、美味しいランチを堪能でき、ハッピータイムだったことは言うまでもない。
 メニューは明日載せたい。
posted by hidamari at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

‘16.2月料理教室に着ていったきもの

'16.2.9料理教室@.JPG '16.2.9料理教室A.JPG '16.2.9料理教室B.JPG '16.2.9料理教室C.JPG

 おそるおそる朝起きると、歯痛がまだ治っていなかった。しかも頭痛もひどかった。
 これはやばいと思い、まだ7時前だったが起きて、朝食の準備をして食事をし(食事といっても、食欲はない。でも胃袋に何かを入れなければ薬が飲めないと思い、ほんの少し食べただけだが)、食後に沈痛薬2カプセルと、葛根湯を飲んだ。
 今日は料理教室の日。
 昨日、開始時間が30分早まったという連絡を受けていた。
 9時15分には家を出なければならない。
 だから薬を早く飲んで、身体の調子をちゃんとしなければならなかった。
 食後、しばらく座って身体の調子をみる。
 鎮痛薬が効いたのか、歯痛は治まった。
 これならいける気がしたので、きものに着替えて、夫に写真も撮ってもらい出かけた次第である。
 幸いなことに、料理教室が終わるまで、気分が滅入ることもなく快調だった。
 帰宅して、念のため、また葛根湯を飲んだ。
 風邪の前兆の感じはあるが、夕方は散歩もした。
 どうか、本格的な風邪になりませんように。

※写真は今日着たきもの。スカーフを衿抜きに押し込み、長襦袢、肌襦袢の下にはスパッツ、腹巻き等、寒さ対策をバッチリする。もちろん、ショールも忘れなかった。
 料理教室のメニューは明日UPしたい。
posted by hidamari at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

‘16.1月お寺参りに着ていったきもの

'16.1.14お寺参り@.JPG '16.1.14お寺参りA.JPG '16.1.14お寺参りB.JPG '16.1.14お寺参りC.JPG
'16.1.14お寺参りD.JPG '16.1.14お寺参りE.JPG

 今日は御正忌報恩講のお参りに、お寺に行った。
 きものは火曜日に着たきものを出しっぱにしていたので、それを着た。
 ただ、帯、帯上げ、帯締め、道行き、ショール、下駄を変えた。
 朝から、バタバタして、きものを着、水筒に熱いお茶を入れ、テレビを録画したりした。
 そしていそいで写真を夫に撮ってもらった。
 その写真をアップしてみたら後姿のお太鼓が曲がっていたー。
 ちょっと右にずらせば正しく納まるのに、後姿を鏡で見るの忘れていた。
 幸いだったのは、なんかいやな予感がしたので、お寺の中でマナー違反だと思ったけれど、道行き脱がなかった。
 けっこう厚手の上着脱がない人もたくさんいるので、いいかな…。
 
※写真は、本堂玄関の生け花と今日のお斎。
 きものCは黒いショールなので、きものBとの違いが分からないかも。
 今日の講話の内容は後日。
posted by hidamari at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

‘16.1月料理教室へ着ていったきもの

'16.1.12料理教室@.JPG '16.1.12料理教室A.JPG '16.1.12料理教室B.JPG '16.1.12料理教室C.JPG

 今年初めての料理教室。
 美味しい料理を食べられることも、仲間のみんなに会えることも、きものを着られることも嬉しい。
 過去ログを見て、同じきものを着る時は、せめて帯や帯上げ帯締めなりとも変える様に心掛けているが、今見てみると、全く同じ帯をしている。
 色合わせとバランスで選ぶと、どうしても同じになる。
 帯上げ、帯締めは、1度も使ったことがない物もかなり持っている。
 これからは、バランス等あまり気にしないで、いろいろ挑戦してみようかなあ。
 このままタンスの肥やしにするのももったいないから。
 今日は寒かったので、ショールもした。
 和服用のショール、きもの1枚分温かい。
 お料理のメニューは後日。
posted by hidamari at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

‘15.12月料理教室に着ていったきもの

'15.12.8料理教室@.JPG '15.12.8料理教室A.JPG '15.12.8料理教室B.JPG

 12月というのにさほど寒くない。
 着付けも楽に出来た。
 ただ、朝早くといっても8時半は過ぎていたが、来客があったりして、玄関先でおしゃべりしていたら、あっという間に時間が過ぎて、着付けをあわててする。
 行きがけに夫に写真を撮ってもらおうと思っていたら、夫、予約している歯医者に出かけるという。
 で、さらに急ピッチで着付けをする。
 何とか間に合って夫に写真を撮ってもらい、料理教室へ。
 で、ショール忘れた。
 まあ、忘れるくらいだから、そんなに寒くなかったということかな。
 料理教室の今日のメニューはおせちだった。
 手が込んだお料理で、最高にきれいで美味しかった。
 メニューは後日。
posted by hidamari at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

‘15.11月料理教室に着ていったきもの

'15.11.10料理教室@.JPG '15.11.10料理教室A.JPG

 今日着るきものを昨日準備した。
 長襦袢は衣紋掛けにかけっ放しにしていたものを着ようと思った。
 その長襦袢、長いこと洗っていないことが気になっていたので、匂いを嗅いでみたら、やはり汗臭かった。
 それで、今日まで着て、帰宅してすぐクリーニング屋さんに持っていった。
 きもの洗い専門店へ外注するとかで、1ヵ月くらいかかるとか。
 長くかかるのはいいが、代金が3,000円くらい。
 実は、まだ他にも洗ってない長襦袢がたくさんあるが、高くてなかなかクリーニングには出せない。
 だから、私は、夏用以外は半襟を洗うだけにしているのである。
 今回出した長襦袢は、絹でもしゃきっと張りのあるもので、9月や6月にも着たので汗がかなりついていたのだ。
 という訳で、今日は気になっていることが一個片付きホッとした。
 でも、きもののクリーニング、まだまだたくさんある。
 小紋や訪問着等のクリーニング代、8,000円はするので、そんなに簡単に出せない。
 だから、汚れたら拭くくらいにして、何年も通している次第である。
 きもののクリーニング代、もったいないと思うの、私だけ?
posted by hidamari at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

‘15.10月料理教室に着ていったきもの

'15.10.13料理教室@.JPG '15.10.13料理教室A.JPG '15.10.13畑花.JPG

 連休明けの今日、朝からとても良い天気だった。
 暑くもなく寒くもなく、きものはそろそろ袷を着る季節。
 でも今日の料理教室、私はシルックの単衣を着た。長襦袢と名古屋帯は袷用にしたので、ずっしりと厚手に見えたのでは。
 来月からはいよいよ袷を着ようと思っている。

※写真は、写真を撮る時、周りのマイ畑に咲いているコスモスとケイトウのコラボがきれいだったので撮ったもの。
posted by hidamari at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

秋彼岸お寺参りに着たきもの

'15.9.23お寺参り@.JPG '15.9.23お寺参りA.JPG '15.9.23お寺花.JPG

 彼岸中日の今日はお寺参りにいった。
 法話は外来のお坊さんだった。
 布教の資格をお持ちとかで、お説教は比較的分かりやすかったかな。
 形だけ門徒の私、宗教にあまり興味はないが、何か良いお話が聞けたらと足を運ぶ。
 きょうのお話は、大要は「慈悲と智慧」だったような。
 お寺の仏壇の阿弥陀様は、右に親鸞聖人(慈悲を説いた)と左に大勢至菩薩(智慧を説いた)を従えておられる。でも、聖徳太子もいらっしゃるし… どうなっているのだろう。
 慈悲とは、嘆きや苦しみを分け隔てなく受け入れること。智慧とは、まちがいのない教え。
 この2つが阿弥陀様の教えという。
 毎回同じような法話を聞くのだが、毎回殆ど理解できない。
 阿弥陀様とかお釈迦様とか、関係性もよくわからない。
 大きな声で、大きな字で相関図を書いて、説明してもらいたい。
 お坊さんの声は小さいし、聞きとりにくいし、ホワイトボードの字も薄くて見えないし。
 最後に「恩徳讃」を歌うのは好き。 なんか心が和むから。

 お斎の席で隣に座ったご婦人とお話した。
 ご両親の介護をしておられるとか。
 そのたいへんな苦労話しを、30分ほど立ち話しした。
 帰り際、彼女の娘さんが7歳の若さで亡くなっておられ、お寺の納骨堂に眠っておられるとのことで、お参りされたので、私もついていった。
 彼女の悲しい胸のうちを垣間見て、しんみりする。
 次回も会いましょうね、と再会を約束して別れた次第である。

※写真は、お寺の廊下に飾ってあった花。
posted by hidamari at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

‘15.9月料理教室へ着ていったきもの

'15.9.8料理教室@.JPG '15.9.8料理教室A.JPG

  火曜日 天気晴れ 気温27℃
 今日は料理教室の日。
 気温が高い割には、風があったせいかとても涼しかった。
 着付けにも全く暑いと感じることもなく、スムーズに着れた。
 肌襦袢はまだ夏用の化繊にしたが、長襦袢は普通の絹のものにした。それで全く暑いとは感じなかった。
 今年は秋が早くきたのかなあ、それとも今日だけかなあ。
 今日のお料理も幸せを感じる美味しさだった。メニューは明日アップしたい。
※今日の半幅帯の文庫結びは、羽を少し長くして、リバーシブルの裏が出る様にした。少し若向きかもしれないが、変化を楽しんだ。
posted by hidamari at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

15.8月料理教室へ着ていったきもの

'15.8.4料理教室@.JPG '15.8.4料理教室A.JPG

 午前8時半過ぎ頃から着付けを始めた。
 冷房をつけていなかったのに、不思議と汗をかかなかった。
 9時前には着付けを終了。
 料理教室の先生のお宅は、車で10分くらい。
 だいぶん時間が余ったのでパソコンを開けて、新聞や有名人のブログを読む。
 それでも、先生宅に着いたのは、1番だった。
 今日少しだけ早起きした結果だった。

 今日のお料理も料亭の味の美味しさだった。
 メニューは明日載せる。
posted by hidamari at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

‘15.7月料理教室へ着ていったきもの

'15.7.14料理教室前.JPG '15.7.14料理教室後.JPG

 朝早く諫早地域に大雨警報が出された。
 今日は料理教室の日。
 昨日から着るきものを用意していた。
 夏用の化繊のものだから濡れても汚れてもいいのだが、足元が悪いと下駄履きでは危ない。
 どうしようかと迷っていたら、ちょっとの間小降りになった。
 で、着ることに。
 その前に畑へ出てキュウリを朝採りし、昨日採ったミニトマトも一緒に、いつも野菜をお裾分けしている料理教室の1人の友人に持っていく。
 今日も感動の美味しさのお料理だった。
 最近、夫は私が持って帰るこのお料理を待っている。
 今日も半分残して夫に食べさせる。
 午後から雨があがった。
 夫は、散歩といって、パチンコへ行った…多分。
 昨日勝ったと言っていたので、負けるだろう…多分。
 で、しばらくして汗だくで帰ってきた。
 もちろん負けて…。
posted by hidamari at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

‘15.6月料理教室へ着ていったきもの

'15.6.9料理教室@.JPG '15.6.9料理教室A.JPG

 5月の料理教室の日は雨だった。そのため、用意していたきものを止めて、洋服にした。
 今日も雨だったが、小降りで、外で写真も撮れるほどだったので、5月からそのまま衣紋掛けにつるしていたきものを着た。
 本来は6月からは単衣を着るべき、でも帯を半幅にして、軽い感じにするとおかしくないかも。しかも、今日はさして暑くなく、着心地もちょうどよかった。
posted by hidamari at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

‘15.4月料理教室へ着ていったきもの

'15.4.14料理教室@.JPG '15.4.14料理教室A.JPG '15.4.14料理教室B.JPG

 今日は平年並みの気温。
 春は、きものを着るにはいい季節、寒くもないし、汗もかかない。
 ただ、春は身体の調子はすこぶるよくない。
 ただいま、わたくし、目の下の皮膚がけいれんしている。
 眼精疲労?だと思って、ビタミン剤を毎日飲んでいるが、今のところ効き目がない。
 目の奥が痛いし、こめかみも痛い。それに何よりうっとうしい。
 何か全てに自信が持てないが、料理教室は楽しかったし、お料理も美味しかった。
 でも、帰宅しても、きものを着替えるのがめんどうくさい。
 夕方までこのままですごそうかなあ〜。
posted by hidamari at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

‘15.3月料理教室へ着ていったきもの

'15.3.10料理教室@.JPG '15.3.10料理教室A.JPG

 天気予報通り今日は強い冬型気圧配置で、とても寒い1日だった。
 今日は料理教室の日。
 先月の料理教室の日は、体調不良で教室を休んだ。その時用意していたきものをそのまま衣紋掛けにぶら下げていたので、それを今日着た。
 寒かったので、衿抜きにスカーフを巻いた。今日の袋帯は芯が柔らかくてとても締めにくく、手間取った。その分、写真撮る時間に余裕がなく、着付けを正すことが出来なかったので、後姿のお太鼓の上はしわだらけ、前の衿線もすっきりしていない。
 外は風が強くて裾がめくれたりしたので、夫にちゃっちゃっと大至急撮ってもらった次第。
 ただ、備忘録として、どんなにまずくても着たものは載せることにしているので。
posted by hidamari at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

御正忌報恩講、お寺参りに着たきもの

 '15.1.14お寺参り@.JPG '15.1.14お寺参りA.JPG '15.1.14お寺参りB.JPG '15.1.14お寺参りC.JPG 

 今日はお寺に参った。
 今日の法話は、ご住職さんと新ぼっち(2人の息子)さんの3人で行われた。
 新ぼっちさんのお話は、内容より以前に、残念ながら全く話しが聞きとれず、発声と話術がいかに大事かとつくづく思ったことだった。まあ、これからキャリアを積んで上手くなっていかれるのだろう。
 ということで、ご住職さんの今日の法話から。
 親鸞聖人のこと。
 平安時代末期(1173年生)―鎌倉時代中期(1263年没)。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に渡り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。
※治承5年(1181年)9歳、京都青蓮院において、後の天台座主・慈円(慈鎮和尚)のもと得度し、「範宴」(はんねん)と称する。
 伝説によれば、慈円が得度を翌日に延期しようとしたところ、わずか9歳の範宴が、
「明日ありと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは」
と詠んだという。※ウイキペディア

 親鸞聖人の教え⇒現実を現実として受け止め、ひたすら念仏を唱える。

 ということは、人生は全てなるようにしてなったものだから、その日その日をありのままに過ごせということ?
 いつも同じことを諭されるが、念仏の内容が全く理解できないわたし。
 念仏など唱えられません。

 あと、三国蓮太郎さんの映画「白い道」のこと。
 宇多田ヒカルさんの、(母上藤圭子さんの死についての)、ブログコメントの内容などの話しが心に残ったことである。

※写真は、今日お寺に着ていったきもの。
posted by hidamari at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

‘15.1月料理教室へ着ていったきもの

'15.1.13料理教室@.JPG '15.1.13料理教室A.JPG '15.1.13料理教室B.JPG '15.1.13料理教室C.JPG

  今年第1回目の料理教室、とても楽しみにしていた。
 皆と会えるのもそうだが、何より今日はどんな美味しいお料理だろう、ということが1番の楽しみなのだ。
 残り少ないだろう健康な時に、月1回料亭より美味しいお料理が食べられることが、どんなに幸せなことか、最近つくづく思うことである。
 なぜなら、何もかも、永遠ということは絶対ないから。
 だから、私はきものを着て、今日のこの日を大切に過ごそうと思っている。
 今日も違わず、絶品の美味しさだった。
※写真は今日着たきもの。寒かったので、長襦袢、肌襦袢の中には、スカーフ、腹巻き、膝までスパッツをはいた。
posted by hidamari at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

‘14.12月料理教室へ着ていったきもの

’14.12.9料理教室@.jpg ’14.12.9料理教室A.JPG ’14.12.9料理教室B.jpg ’14.12.9料理教室C.jpg

 12月になったとたん寒くなり、着付けにも寒さ対策が必要になった。
 どうしても衿抜きが寒い。さっそくスカーフを衿抜きに当てた。
 後姿にスカーフがたくさんのぞいてしまった。ほんとうは、もっと押し込まないといけないもの。
posted by hidamari at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

‘14.11月料理教室に着ていったきもの

’14.11.11料理教室@.jpg ’14.11.11料理教室A.jpg ’14.11.11料理教室B.jpg

 きっぱりと秋になり、きものの着付けをする時は寒いくらいだった。
 ただ、衿抜きが寒くてたまらないとまではいかないので、きもの着るには1番いい気候かなあ。
 半幅帯で済ませたので、着付けの時間もかからず、料理教室へ出かける前に時間がたっぷりあった。
 その間PCのメールを開いた。
 ラブログからシーサーブログに替えてから、マイブログの訪問者がぐっと減った。
 替えた当初、私なりに読みやすいように、見やすいように設定をいろいろ変えたのだが、最近になって記事のタイトルの文字フォントが小さいのが気になり、大きなサイズに変更を試みた。
 それがなかなかうまく変わらないので、シーサーサポートへ教えを依頼していたから、その返事がきていないか見るためだった。
 まだ届いていなかった。
 なら、もう1度挑戦しようと、ブログ設定をいろいろいじっていたら、あっという間に時間が過ぎて、結局、バタバタと出かけた次第。
※ 夜、シーサーサポートさんから返信があり、教えの通り操作したら、みごと解決しました。感謝です。
posted by hidamari at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

‘14.10月料理教室に着ていったきもの

’14.10.6料理教室に着ていったきもの@.jpg ’14.10.6料理教室に着ていったきものA.jpg 近所にあるスパ.jpg

 すっかり秋景色になった。
 朝からひんやりしたので、今日は単衣のきものはもうおかしいかなあと思ったが、昨日から用意していたので、やはりそれを着ることにした。そのかわり、帯や長襦袢を袷用にした。
 料理教室では長崎国体の話しで盛り上がった。
 仲間のみんなは、家族で開会式に出席するのだそうだ。
 開会式セレモニーでは、お孫さんたちがマスゲームに出場したり、ご本人が民謡を踊ったりするとかで、それはそれは感動的なシーンが繰り広げられるみたい。
 天皇皇后両陛下の行幸啓もあり、諫早市は今国体モード全開というところ。
 私としては、当日お天気が晴れることを願うのみである。

 唐比温泉が閉館になったので、これからは近所のスパに行くことにした私たち夫婦。
 今日、さっそく行ってみた。
 このスパは、以前通っていたので会員券を持っていた。見ると3年前のものだった。スパのシステムは少し変わっていたが、会員券は通用した。
 久しぶりに入ったお風呂は、泉質は唐比温泉より落ちるが、きれいでいろいろな種類のバスタブがあり、まあまあ満足だった。
※写真はスパの玄関
posted by hidamari at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

彼岸中日、お寺参りに着ていったきもの

’14.9.23お寺参りきもの@.jpg ’14.9.23お寺参りきものA.jpg ’14.9.23お寺参り廊下の飾り花.jpg

 今日のお寺参りで、外来のお坊さんさんの法話を聞いて、私がメモしたこと。
◎他力本願とは。  仏語。「本願」は仏が修行しているときに立てた誓い。本来は阿弥陀如来 あみだにょらい の本願によって極楽往生 ごくらくおうじょう を得ること。
◎往生(おうじょう)  仏語。現世を去って仏の浄土に生まれること。特に、極楽浄土に往(い)って生まれ変わること。
◎諸行無常(しょぎょうむじょう)  仏語。この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。
◎真実(しんじつ)  仏語。絶対の真理。真如。永久不変の真理。
◎仏教(ぶっきょう)  仏教には「仏陀の教え」と「仏陀になるための教え」という2つの側面がある。つまり仏教は、仏陀の教えを学びそれを実践し、私たち自身も仏になること。
◎心(こころ)  目に見えないもの。コロコロ変わるもの。
※右側の写真はお寺の廊下に飾ってあった風流な花。(水引の花・金水引の花)
posted by hidamari at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | きものライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする