2014年08月12日

好きな柄のスカートを前掛けに

柄が好きなタイトスカートを前掛けに@.jpg 柄が好きなタイトスカートを前掛けにA.jpg 柄が好きなタイトスカートを前掛けにB.jpg

 形やサイズはいまひとつピンとこなくても、柄が好きで買ってしまった服がある。
 そんな感じで買った服だから、やはり着心地が悪く、ちょっと着ただけでタンスにしまっていた。
 捨てようと思ったが、柄が好きなのでどうしても捨てることができなかったもの。
 20年近くそのままにしていたものを、最近出して着てみたら、ウエストが入らなかった。  
 今度こそ捨てようと思ったが、そのまま捨てるのはもったいないと思い、タイトスカートを前掛けにリフォームした。
 スカートの後身を開き、ベルトにマジックベルトを継ぎ足した。上着は今でもちゃんと着られるので、ブラウスとして着ようかな…。
 何しろ今でも柄が大好きだから、捨てるのはもうちょっと先になりそう。
posted by hidamari at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

今日プールに着ていった服

’14.8.8プールに着ていった服.jpg

 金曜日、今日はプールの日。
 台風の影響なのか風はかなりあったが、湿気の多い生温い天候だった。
 プールでは、今日もお孫さん連れの人がいて、その小学3年生の男の子がとても無邪気で可愛かった。
 大阪から来て、お母さんと一緒にお祖父ちゃんの家に泊まっているという。
 ここに来る前に沖縄へ行って、そこで台風にあったとか、いろいろ私に話してくれた。
 子供ってかわいいなあ。
 たまたま早めに行った私と、たまたまそこに居たその男の子と2人だけの時間だった。
 孫のいない私は、皆がお孫ちゃんの話をする輪の中には入っていけない。
 でも、不思議、よそ様のお孫ちゃんでも、子供と話しするのは、とても楽しいんだ、と思ったことだった。
 そういえば私、小さな子供とじっくり話す機会なんて殆どないなあ…。今日はよかった〜。

 産直店で、お盆のお墓用にほうずきと菊の花、それにお供え用のスイカを買った。
 そしていつものように唐比温泉へ。
 今日はなぜか、生け花が1個も飾ってなかった。
 
※写真は、今日着た服。
 これも20年くらい前のスカートとブラウスである。
 仲間のみんなは、たいていパンツスタイルでスポーティーな服装である。
 こんな格好の私は浮いているかも。
 でも、最近白のスカート等着るチャンスがない私、TPO等かまっていられない、これからはいつでもどこでも着るぞ!
 タンスの中には持っていることを忘れている服が、たくさん眠っている。これからは記録のために着た時は、写真に収めようかなあ。
posted by hidamari at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

今日、料理教室に着ていった服

20年以上前の服.jpg

 朝から強い雨が降ったり止んだりする天候だった。
 諫早地区にも大雨警報が発令されている。
 今日は料理教室の日。
 昨日から今日着るきものの準備をしていた。
 シルックの洗濯機で洗えるものだから、濡れるのはかまわないが、先生のお宅が駐車場から少し坂道を歩かなければならないので、足元が危険だなあと思い、洋服を着ることにした。
 で、チョイスした服が写真。
 多分、40代前半の頃の服だと思う。
 捨てずに取っていたのが、けっこう今でも着ることが出来る。
 人は古臭いと思うだろうが、着心地がいいので、自分的には割と気にいっていて、平気でどこにでも着ていく。
posted by hidamari at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

アロハシャツ2着

アロハシャツ’14.6.24@.jpg アロハシャツ’14.6.24A.jpg コスモス’14.6.24.jpg

 本日アロハが届きました。
 まあ、思っていた通りのもので、満足。
 普段家の中で着用していると、畑仕事をする時も、つい着替えずにそのまま着てしまうので、ほぼ毎日洗濯することになる。
 私は殆どアイロンをかけない。それでも最近アイロンを買い替えたのは、夫が自分のズボンやシャツにかけるために絶対必要だから。
 このアロハ、衿にちょっとアイロンを当てるといいみたいなのだが、ちょっと面倒臭い。
 それで、パンパンと強くたたいて、ハンガーにつるして乾かす。
 みんなアロハにアイロン当てるのかなあ。
 ※写真は、アロハ2着とついでにマイ畑のコスモス。コスモスって秋に咲く花だと認識しているが、早くも蕾がいっぱい。秋まで咲き続けるの?
posted by hidamari at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

アロハシャツ

’14.2月購入アロハシャツ.jpg

 アロハシャツ大好きな私、写真は今年2月にネット購入したもの。
 やっと着る季節になった。
 アロハの1番好きなところは、開襟衿である。
 生地はレーヨンがいい。色は明るい色。柄は大きな方がいい。
 まあ、アロハの定番である。
 実は今新たに2着注文している。
 ハワイから4〜5日で届くみたい。ドキドキ…。
posted by hidamari at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

30年以上前のカシミヤセーター

30年以上前のカシミヤセーター’14.2.5.jpg 20年前のコート’14.2.5.jpg

 昨日友人とランチした時に着た洋服である。
 このセーターはめったに着ないので、あまり痛んでいないはずだが、前身は少し毛ぶく立っている。
 これには、ある思い出がある。
 それは長男が高校生の頃のこと。
 ある日の午後、広場で長男が友人2〜3人とドッジボールをしていた。
 長男は黒いタートルネックのかっこいいセーターを着ていた。
 私が買い与えたものではないが、おしゃれだった長男はお小遣いを貯めて買うのか、それまでも時々服を自分で調達していたので、私はその時「なんてセンスがいいのだろう」ぐらいにしか考えていなかった。
 しかし、その夜、ふと嫌な予感がよぎった。
 もしかしたら、タンスの下の方に大事にしまっている私のセーター?
 直ぐに調べた。悪い予感は的中した。一番ショックだったのは、昼間、彼がそのセーターを着て汚い大きなボールを胸でバンバン受けていたこと。
 いくら叱っても後の祭りだった。それ以来、そのセーターの前身は、少しだが毛ぶく立っている。
 クリーニングは今までに2〜3回しただろうか。
 カシミヤは意外と弱いので、その後はますます大事にしていた。
 そんなことで、30年以上経った今でも、きれいな形で着ることができる。
 スカートとコートは20年くらい前に購入したもの。
 友人たちからは「あなた、物持ちがいいね」と、直ぐに昔の服だと悟られる。夫は「捨てろ」と言う。でも、私はそんなことは気にしない。とにかくもったいないから。だって、高価だったんだもの!
posted by hidamari at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

料理教室へ着ていった洋服

’13.10.8料理教室へ着ていった洋服@.jpg ’13.10.8料理教室へ着ていった洋服A.jpg

 台風24号が日本海を北上していることで、朝から雨模様ではあるが、風はまだない。
 夫が料理教室の帰りに買物を済ませてくるようにいうので、迷ったあげく、今日は洋服を着て料理教室へ行った。

 写真は、昔のきものを洋服に直したもの。
 古いきものなので、色あせの部分もある。
 作ったのは、15年くらい前だが、数えるほどしか着ていない。それにまだ1度もクリーニングしていない。
 絹織物なので、夏は涼しいし、冬は温かいのだが、生地が古いので、クリーニング後、形が崩れそうで心配。
 カーディガンは、ネットで購入したもので、指穴つき、綿、安価のもの。

posted by hidamari at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

30年前のスカート

30年前のスカート.jpg

 1日は義父母の月命日、お墓参りに行った。
 墓苑で友人に会った。
 いよいよご主人のお墓を建てるとか。
 区画地はご主人が生前準備してあった。
 家もご近所でお墓もご近所。
 お墓参りの度に、友人のご主人にも会える気がする。

 次に夫のメガネを買いに行った。
 2個持っているのだが、そのうちの1個に傷が入ったとか。
 隠居の身だから、もう安いのでいいのでは、と思うのだが、現状のものより落とされないというので、かなりの散財。
 次にガソリン入れに行った。レギュラーで@160円、アクアトリ1,050円、計7,000円。
 な〜んか、お金いる〜。

 ※写真は30年以上前のスカート。シルクが入っているフレヤースカート。好きだったので捨てられなくてとっていたもの。
 節約出来るものは衣類くらい。昔の物を引き出して着てみたら、入りました。それを着てお墓参り行った次第。

posted by hidamari at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

古いタイトスカートを前掛けにする

スカートを前掛けに.jpg 中村メイコさんに習って、終い支度を少しずつ、していこうと思っている。
 洋服類は、昔の物をなかなか捨てることが出来ない。
 この先、絶対着ないだろうと分かっているのに、何かに使えるだろうと思ってしまうのだ。
 それで、今回ふと思いついたのが、スカートは前掛けになるかも、ということだった。
 さっそく、今日は、20年以上前のスーツのスカートをリフォームした。
 といっても、後ろの縫い目を解いて長方形にし、脇を始末し、ベルト通しに紐を通しただけ。10分で裏付きの前掛けが出来た。
 結び紐は古ネクタイを使った。幅の広い方を、狭い方に合わせて縫い込んだだけ。
 このように縫い込むだけで、古ネクタイは紐になる。
 お太鼓の長さを決める時の補助紐として、私は既に使っている。
 又、ネクタイの芯は着物の衿芯(ナイロン)に巻けば、なだらかな衿芯ができる。
 長めのスカートなら、和服用前掛けが出来る。
 結び紐は、上に縫い付けてもいいが、ベルト通しのような紐通しを共布で作り、着物用腰ひもを通せ ば前で結ぶことが出来る。
 夏には夏物スカートで涼しく、冬にはウールのスカートで温かく出来る。
 洗っても汚れが取れなかったら、どうせ捨てるものだったのだから、簡単に捨てられる。
 写真は、ネクタイを結び紐として(スカートに4ヵ所ベルト通しが付いていた)使ったもの。

posted by hidamari at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

アロハシャツとレッグウォーマー

アロハシャツとレグウォーマー.jpg 1昨年頃からアロハシャツにはまっている。
 このアロハ、ありそうでなかなか無い。
 1昨年、昨年と、沖縄のカリユシをネットで3〜4着ゲットしたが、これは綿で、いまひとつ着心地が悪く、しかも高価でぱっとしない。
 今夏になって、ネットでずっと探していたら、ハワイの日本語ネットショップに行き当たった。
 色相がいいのは既に売り切れていたが、生地と形が良さそうだったので(写真)ゲットした次第である。
 今、円高なので送料を入れても3,000円ちょっとで済んだ。ちなみにシャツ自体は41$だった。
 さて、手元に届いたので、さっそく着てみた。 
 思っていた通り、生地がさらさらで着心地満点、これぞアロハだと思った。
 胸ポケットがないのが残念。

 写真のレッグウォーマー風ストッキングは、私のアイディア品である。
 年齢と共にスカートを素足ではける足ではなくなった。さりとて、ストッキングをはくのは夏には暑い。
 私は常々パンストではなく、ロングストッキングをはいている。
 このロングストッキングが、長い期間事あるごとに買いだめしていたため、今たまりにたまっている。
 これを今回、足首からカットしてはいてみたところ、これがとても利便性があることに気がついたと、いう次第である。

 まず、汚い足を隠せる。足先が破れていても使える。関節痛があったらサポーター代わりになる。何より暑くない。長さも調節出来る。ハサミで切ってもほつれない。気になるならちょっと折り返せばいい。
 これはサイズがないので、殿方にも利用出来る。
 色は服に合わせて黒でもいける。サポーターにするなら2枚重ねすればいい。
 この方法、私はけっこうグッドアイディアと思っているのだが、先日このかっこうでプールに行き、仲間に披露したところ、皆あまり関心を示してくれなかった。
 それどころか、もしかしたらゲテモノ扱いにされたかも。

posted by hidamari at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

昔のミニスカートを…

昔のミニスカートをスパッツの上に重ね着したもの.jpg
 2度と着ることはないと思っても、何となく捨てることもなく、さりとて、他に作り直す程の良いものではないというような服があるものだ。
 ところが最近私は、パンツの上にスカートをはいているのが流行っていることに目をつけた。
 若い人はもちろん、中年の人もそんな風なかっこうを平気でしているのだ。これは今やファッションなのだと思った。
 ヒップやお腹を隠すのにもいい。
 ミニスカートなら、タンスに数枚も眠っている。よし、私も試しにやってみようと思った。

 という訳で、今日、思い切ってスパッツの上にコールテンのスカートをはいてみた次第である。
 これからは、薄手のミニスカートもどんどん活用したいと思っている。捨てなくてよかった。
 (写真は、今日小浜温泉へ行った時、スパッツの上にミニスカートを重ね着したもの)

 足が痛いのは相変わらずで、特に明け方の痛さが増しているようで、不安は募る。
 今日は子供の日でお天気もいい。
 孫がいない私たちは行楽地へ行くのもはばかられるが、足湯につかれば、少しは足の痛さが緩和されるかなあと思い、夫に付き合ってもらい小浜温泉へ出かけた。
 途中、温泉蒸しするための卵と、お昼用のお弁当を買った。
 足湯のある公園は、駐車場も、温泉蒸し釜も順番待ちの盛況だった。
 私はそんなのはちっとも苦にならない。むしろ、人間ウォッチが出来て楽しいばかりである。
 白人混血の子供たちも、ちらほらいて、彼らは洋画を見るようにかわいらしい。
 岸壁沿いではライブ演奏やカラオケを賑やかにやっていた。
 私たちは、無事、蒸し卵6個も手にし、足湯にも30分浸かった。
 その後、木陰でお弁当と蒸し卵を頬ばった。
 
 復路の途中、海産物屋で干物やワカメを買い、ケーキ屋さんで美味しいと評判の千々石ロールを買った。
 足湯の効果はさておき、ストレスは少し解消されたかも。

posted by hidamari at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

UVカット広つば帽子


UVカット帽子.jpg おしゃれな日傘はかっこいいが、これが、散歩などに使うとなると、まことに使い勝手が悪い。
 まず、両手が振れないので、姿勢が悪くなるし、また長くなると手がしびれる。
 また、買物の場合も、はなはだ使い勝手はよろしくない。
 駐車場から店内に入るまで、さしての距離ではないが、紫外線に容赦はない。
 そんな時、いちいち日傘をさすのは面倒くさいことこの上ないのだ。
 だから私は、日傘を使うのは和服の時だけにする。
 さすがに、和服で帽子はおかしいから。
 
 さて、その帽子、なかなか気にいったものと出会わない。
 今回ネットで購入した帽子は、ゴルフ製品専門店で見つけたもの。
 とにかくつばが広い。つばにはワイヤーが入っているので、自由自在に折り曲げが出来る。
 日も遮るし、携帯にもいいと思った。
 ただ、これが思いのほか重い。
 しかも、大きいので、車の中ではミラーが見えないし、頭が動かせない。
 なーんか、やっぱ、イマイチというところ。
 とりあえず、今日、試しに被って郵便局へ行った。
 往復1時間歩いた。
 確かに日は当たらなかったが、顔の芯から暑さがこみ上げてきて、家に着いても、それが冷めるまで30分はかかった。
 なんだかな〜。 

posted by hidamari at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

古い夏物スーツE


古い夏物スーツE.jpg 朝から今日もまた雨が降っている。
 時間が経つにつれて雨脚は強くなっていった。
 今日は1日雨かしらん。
 テレビでは、北海道のグループホーム火災事故を繰り返し取り上げている。
 マスコミは、被災者が弱者である場合、ことさら問題視して大々的に報道する傾向があるのではないか。
 そして誰かを悪者にして、吊るし上げる。
 老人福祉の仕事は、理想どおりにいかないのが、今の日本の現状である。
 スプリンクラー設備がなかったのがいけなかったとか、もっと職員を増やすべきとか、問題は山積みである。
 これを解決するには、税金投入しかない。
 はたしてそれは可能なのか。
 マスコミは、非難ばかりするのではなく、問題提起をするべきである。
 しかし、今日みたいな雨の日は、こんな切ない話しは、正直あまり聞きたくない。

(写真は、20年ほど前のもの。白が好きだった当時、このスーツは特に真っ白だったので、大好きだったもの)

posted by hidamari at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

古い夏物スーツD


古い夏物スーツD.jpg 3月になったのに、寒い日が続いている。
 今日は雨が降っているせいか、何か心まで沈んでいく。
 昨日ヤマダ電機で買ったプリンターのインクは、帰って交換しようとしたら、今までのタイプと違っていた。
 お店でも気になった「互換」という表示が、問題だったのだ。
 買う時点で、何か意味があるのかとも思ったが、品番が同じで、値段が安かったので、買ってしまったのだ。
 それも全色。
 店員さんに聞けばよかったものを、その時なんか面倒くさかったのだ。
しかし、やはり気になっていたので、帰ってすぐ調べてみて、
「やってもうた」と思った。
プリンターの目が詰まるとか、カラーの出来が落ちるとか。
プリンターが壊れた時、修繕が効かないとか。
とても不安になった。
交換してもらえるものなら、そうしたいが、面倒くさい。
純正を新たに買うのは、もっともったいない。
どうしたものか。

話は変わるが、夫は今日もパチンコへ行った。
私が迎えに行ったにもかかわらず。
1,000円はせしめたが、まだパチンコ資金残っているみたい。

(写真は、概ね14〜15年前の夏物スーツ。
 私の持ち物の中では、新しい方なので、2〜3年前に1回着たことがあるが、やはり、友人に「高そうだけど、古いものでしょう」と言われてしまった。そんなこんなで着ていても落ち着かないのは不思議)

posted by hidamari at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

古い夏物スーツC


古い夏物スーツC.jpg 夕方夫を迎えに行った。
 いつものように、いつもの時間、帰りはいつものように夫が運転した。
 夫の職場健診結果の話などをして、そのまま家に到着するはず。
 なのに夫は突然、
 「今日まで…」
 と言って、パチンコ店へ向かった。
 
 「パチンコするなら、迎えになんか行かないよ」
 腹が立ったので、迎え代として、1,000円せしめた。
 夫は今、勝った分、全部返さないと頭が痛い病気にかかっている。
 1,000円でも私に回してもらいたいと、思っただけ。

(写真は、30代に着ていた服。今でも十分着られる。
 でも、着ていると「ずいぶん昔のものでしょう」と友人に言われる。結局着ないままタンスの中にある)
posted by hidamari at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

古い夏物スーツB


古い夏物スーツB.JPG 昨晩はかなりの雨が降っていたようだが、夜が明けると、というか私が朝起きた時は、太陽が出ていた。
 今日お天気が良かったら畑へ行こうと夫と約束していた。
 水曜日に、堆肥を入れに畑へ行ったのだが、堆肥が足りなかったため、半分やり残していたのを完成させるために、である。
 夫は昨晩飲み会で、深夜に帰ってきた。
 「今日は何時に行く?」と夫が聞くので、「1時頃から」と答えると、「早すぎる」と言う。
 普段なら、「早く行こう」とせかすのに、今日は2日酔いで疲れているんだと思って「じゃあ3時頃でいいよ」と答えておいた。
 すると疲れているはずなのに、家の掃除やら排水口の掃除等をせっせとやり出した。
それが済んだところで、やっと座り、テレビのオリンピック中継を観ていた。
 ところが、しばらくすると、何やらそわそわ落ち着かない様子で部屋を出たり入ったりする。
 そんな時はすでに、パチンコに出かける準備を始めているのだ。
 毎回そうなのに、毎回騙される私。
 「ちょっと行ってくる。1時までには帰ってくる」
 と、いうことばを置いて、いそいそと出かけて行った。
 
 今日は畑へは行けないかもしれないと思い、バッグ作りに精を出していると、勝ったのか負けたのか知らないが、約束通り1時半頃帰ってきた。
 それから、畑へ行った。
 昨日の雨で土が軟らかかった。
 こんな日に支柱を建てれば容易に挿すことが出来る。
 えんどうに支柱を追加しておいた。

(写真のスーツも概ね20年前のも。当時白が好きだったので、これもその1枚。当時サイズが少し大きめだったから、今でも着ることが出来るが、スーツなど着ることはないし、時代遅れな感じは否めない)

posted by hidamari at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

古い夏物スーツA


古い夏物スーツA.jpg 浅田真央ちゃんのことが気になって仕方がなかった。
 1昨日のキムヨナ選手の演技を見て、残念だけど、真央ちゃんの逆転優勝は無理だと思っていた。
 だから、どこかでキムヨナ選手が失敗してくれたらいいなあ、と思っていた。
 ただ、これってあまり良い気持ちではなかった。
 こんなこと念じたら、返って真央ちゃんに災いが起きるようで、怖かった。
 それにしても、キムヨナ選手、敵ながらあっぱれな出来栄えだった。
 終始、流れるようなリズムが途切れることはなく、何の気負いもなく、完璧な仕上がりだった。
 その点、真央ちゃんは、張りつめた緊張感が怖いほどで、終始笑顔は見られなかった。
 コスチュームも赤と黒は強すぎた。
 曲と構成に合わせてあったのだろうが、元々彼女は、日本的な大人しい顔立ち、薄いピンク、スカイブルー、淡い藤色等がよく似合うと、私は思うのだが。
 それにデザインも、フリフリな西洋人形風ではなく、シンプルに身体にフイットしたものが似合う。
 手袋などはめずに、若々しい肌はうんと露出した方が良かったのでは。

 ……な〜んて、おばさんの勝手なたわ言、言ってしまいました。

 今日、2時からプールだったが、真央ちゃんの演技を見終わるまで、テレビの前を離れることが出来なかった。
 終わり早々駆けつけたが、10分遅刻してしまった。
 皆から、「オリンピック見てきたんでしょう」と言われた。
 それにしても、私以外遅れた人がいなかったとは…。
 皆も興味あるだろうに。
 私って、我がまま?
 ちょっと、自己嫌悪。

(写真は、概ね17年前のスーツ。お勤めしていた時代、殆どスーツを着ていたが、その中でも大事に着ていたもの。
 サイズ的には今でもOKだが、黄色は、さすがにもう着られない。
 さりとて、解くのはもったいないような。
 今、何にリフォームしようか考えているところである)

posted by hidamari at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

古い夏物スーツ@


夏物スーツ@.jpg 古いスーツをリメークして、大きなショルダーバッグを作ろうと、シミュレーションした、例のスーツである。
 概ね20年前のものだが、なかなか捨てられない。
 この服を着ていた時代、姑が亡くなった。
 病院のベッドで最後を看取ったのだが、その時この服を着ていたのだ。
 ベッドの下でうずくまって泣いている自分の姿が、この服を見るたびにありありと映し出される。
 この際、思い切って、この服で大きなバッグを作ろうと、思い立った次第である。
 という訳で、記念に写真に残した。
 これから洗濯し、全部解いて、裏側を表にして、作ろうと思っている。
 頭の中でいろんな形を考えているが、さて、思っているようなものが出来るのか。

posted by hidamari at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

古いスーツJ


古いスーツJ.jpg 許せない総理の失言
 まだお勤めをしていた若い頃は、私だって病院など無縁だった。それなのに社会保険料はかなりの金額を給料から差し引かれていた。
 しかし、社会保険は相互扶助の理念で成り立っていることなので、当然だと思っていた。
 年をとって、このシステムの合理性と有り難さを、身を持って感じているのであるが…。
 それは、人は年をとると、どんなに摂生していても、病気にかかることが多い、ということである。
 これは若い時には分らないことかもしれない。
 総理は、病院など無縁なのは何よりなのだが、いかにも認識不足である。
 それに高齢者に対して失礼である。
 しかも保険制度の基本が分かっておられない。
 100歩譲ったとしても、総理の目で考えることではない。国民目線の物の考え方だ。
 それも、病院にかからない元気な若い人が、何も分らず、文句を言っているのと同じだ。
 総理は、そんな人たちに理解を求めるのが役目なのではなかろうか。
 総理としての資質に疑問を持つものである。

(写真は、概ね20年前のもの。そのまま着られる。ただ裾下げはしたいと思うが、まだしていない)
posted by hidamari at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

古いスーツI


古いスーツI.jpg 新しいエアコン
 本日無事居間に新しいエアコンがついた。
 私たち夫婦が生きてる間は、もうこれを買い換えることはないだろう。
 そんなことを考えると、これが最後かなあ、と思うことが多々ある。
 しかし、車はもう一度は買い換えてもいいかなあ。今度は小回りのきく軽自動車がいいかも。
 家電や車はガタがくれば、今回のように買い換えられるが、人の身体はそうはいかない。
 最近はあとどれくらい生きられるか、ことある毎に考えるのである。
 その点において、新しいエアコンは、いい買物だった。
 限りある時間なら、少しでも早く心地よい生活をした方が得策だから。
 お蔭で、今夜からは、部屋の中はポカポカと寒さ知らずである。

(写真は、ダブル前合わせのスーツ。
 毛100%なので、小さな虫くいがあったが目立つほどではない。肩パット外し、裾下げをした。春先に着れるかも。この明るいカラーは意外と着映えがするので私の好きな服の1着)
 
 
posted by hidamari at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする