2015年12月27日

最近ネットで購入したもの

'15.12.27コンニャクスポンジ他.JPG

 「夢乙女」は、洗顔用こんにゃくスポンジである。
 5個ずつ購入して、今回が3回目なので、ずいぶん長い間使用していることになる。
 いいのか悪いのか分からないが、肌に何のトラブルもおこらないので、手で洗うよりいいのかなあ、と思っている。
 でも、これは、純粋の植物繊維なので、すぐにカビが生える。で、私は冷蔵庫に入れて保管する。
 「オートミール」は、2回目の購入である。
 もっぱら、小麦粉みたいにつなぎとして、カレー、ハヤシライス、ポタージュスープ等に入れて使用している。
 とろみが出て、栄養価もあるので、優れ物と思っている。
 一料理に大さじ2杯ずつ入れているが、いつの間にかなくなっていたので、これも先日アマゾンに注文した。配送無料で翌日届いた。
 アマゾンさんて、すごい。
 商品が全て配送センターにあるとは考えられないのに、夜でもただいま出荷しました、と連絡が入る。どんなシステムになっているのかなあ。
 従業員さんたち、大変な労働だろうなあと察している次第である。
posted by hidamari at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

ふっくらご飯

ふっくらご飯.JPG

 この磁器製小物「ふっくらご飯」が、なぜ我が家にあるのか分からない。
買った覚えがないので、貰ったのか、何かのおまけなのか。
 ある時、戸棚の中にこれがあるのに気付き、ずっと気になっていた。
 またある時、その箱を開けてこれが何なのかを知った。そこに説明書きの紙が入っていたから。
 そしてまた放っておいた。
 最近、急にお米が粉臭くなった。そこで思い出したのがこの「ふっくらごはん」。
 で、使ってみた。
 思っていた以上に優れものだった。
 とても美味しく炊けた。
 ただ、ご飯粒がたくさんこびりつくので、けっこうご飯粒を無駄にするみたい。
 ご飯粒をきれいに取る何か良い方法があるのかなあ。
posted by hidamari at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

粗衣粗食(そいそしょく)

粗末な衣服と粗末な食事の意で、質素な暮らしをいう。※コトバンク
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下きょうのことば
◎江戸紫(えどむらさき)  一般に青みがかった紫色をいう。江戸時代、武蔵野に自生するムラサキ科ムラサキソウを使って江戸で染めたことから、この名がついた。※コトバンク
◎ドナー(donor)   「提供者」を意味する英語(ラテン語: donator < dono/donare 「贈り物をする」より)。 医療においては、臓器を提供する人。※ウイキペディア
◎金位(きんい)  1 金製品に含まれる金の純度。純金を24金(カラット)とし、20金・18金などと表す。2 江戸時代、金の品質の順位。※コトバンク
◎キョン  シカ科ホエジカ属に分類されるシカの一種である。環境省指定特定外来生物。※ウイキペディア
◎テック  《technical centerから》1 自動車・オートバイなどの運転技術練習場。2 乗り物中心の遊園地。 ※ goo国語辞書
◎板株(いたかぶ)  近世、書物の版木を所有する権利。現在の版権にあたる。※コトバンク
◎ちわ(痴話)  愛しあう者どうしがたわむれてする話。むつごと。転じて、情事。※goo辞書
◎カウチ(couch)   長いす。ソファー。厳密にはソファーより背もたれの低いものを言うが、実際には区別されていない。※はてなダイアリー
◎稟議(りんぎ)   (所定の重要事項について)主管者が案を作って関係者にまわし、文書で決裁・承認を得ること。
◎蓼食う虫も好き好き(たでくうむしもすきずき)  タデの辛い葉を食う虫もあるように、人の好みはさまざまであるということ。 ※ goo国語辞書
◎金剛峯寺(こんごうぶじ)  和歌山県伊都郡高野町高野山にある高野山真言宗総本山の寺院。 高野山は、和歌山県北部、周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地に位置する。100ヶ寺以上の寺院が密集する、日本では他に例を見ない宗教都市である。 ※ウィキペディア
posted by hidamari at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

後生畏るべし(こうせいおそるべし)

 「後生」とは、後に生まれた人。後輩のこと。 孔子の言葉として『論語・子罕』に「後生畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや(無限の可能性を秘めた若者の存在は恐ろしいものだ。今の我々の水準に及ばないなどと、どうして言えるものか)」とある。
 後生畏るべしとは、自分よりも若い者は、さまざまな可能性を秘めているし、努力によって将来どれだけの人物になるのかわからないから、若いからといって見くびってはいけないという戒め。※故事ことわざ辞典
 今回クロスワードに出たことば。

 以下今日のことば
◎家貧しくして孝子顕る(いえまずしくてこうしあらわる)  家が貧しいと子供が親を助けようと働くようになり、子の善行が世間に知られるようになる。逆境になると誠実な人間が表面にあらわれるということ。※故事ことわざ辞典
◎栴檀は双葉より芳しと(せんだんはふたばよりかんばし)  栴檀は双葉より芳しとは、大成する者は、幼いときから人並み外れてすぐれていることのたとえ。※故事ことわざ辞典
◎覇王(はおう)  1. 武力や権謀で王になった人。諸侯を統御し天下を治める人。2.覇者や王者。
◎色即是空(しきそくぜくう)  〈仏経語〉色とは、この世の中の存在全て。空とは、実体がないということ。つまり、色即是空は、この世に存在するもの全ては、実体がない。という意味。仏教の無常(無我)観を説いてる。
◎日がな一日(ひがないちにち)  (多く副詞的に用いて)朝から晩までずっと。一日じゅう。終日。「―読書にふける」 ※ goo国語辞書
◎日暮れて道遠し(ひくれてみちとおし)  年をとってしまったのに、まだ人生の目的が達成できていないことのたとえ。また、やらねばならない仕事がたくさんあるのに一向に仕事がはかどらないことのたとえ。※故事ことわざ辞典
◎合祀(ごうし)  (幾つかの神・霊を)合わせてまつること。
◎pull(ぷる)⇔push(ぷっしゅ)  引く⇔押す
◎花伝書(かでんしょ)  一名八帖花伝書(はちじょう-かでんしょ)は室町時代末期に編纂された能楽伝書。全八巻。著者・編者不明。※ウイキペディア
posted by hidamari at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

今日の芸能ニュース

 テレビで、朝から夕方まで何回となくうつみ宮土理さんの会見を見た。
 げっそりやつれてはおられたが、必要以上に悲しみを表しておられる姿は、何か演技臭く、涙も最後まで一滴もでていなかったし… 
 その悲しい気持ちがこちらに伝わらなかったような… 
 こう思ったのは私だけ?
 最愛の人が亡くなった時、あんなに雄弁になるの?
 これまで一瞬たりとも夫を嫌いになったり、恨んだりしたことはない、毎日幸せだった、なんて!
 私にはとうてい信じられない。
 もしほんとうだとしても、あそこまで口に出して言う?
 でも不思議?
 明るさは演技しても、悲しみをわざわざ演技する必要ないもの。
 やはり自然なのかなあ〜
 愛川欽也さんが、それほど徳があったということかなあ〜
 身を粉にして夫の介護、看護に尽くした姑は、舅を見送った時、人前では泣き顔を見せなかった。むしろ明るく振る舞っていた。
 でも、姑の悲しみはじゅうぶん家族に伝わった。
 だからよけい、不謹慎とは思いつつ、彼女の会見には違和感を持ったのである。
posted by hidamari at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

毒を食らわば皿まで

 悪事に手を染めた以上は、どこまでもそれに徹しようとたとえ。また、どうせここまでやったのなら、最後までやり通そうというたとえ。(一度毒入りの料理を食べてしまった以上、死ぬことに違いはない。どうせなら毒を盛った皿まで舐めても同じことだからと、居直って悪事を続けること。
「食らわば」は「食らう」の未然形に助詞の「ば」が付いたもので、「食べたら」の意味)※故事ことわざ辞典
 今回クロスワードに出たことば。今回故事ことわざに関するものが多かった。

 以下今日のことば
◎末寺(まつじ)  本山の支配下にある寺。 ※ goo辞書
◎芥子(けし)  ケシ科ケシ属に属する一年草の植物。種はごく小さいもののたとえに。
◎願い下げ(ねがいさげ)  1 願い出たことの取り消しを申し出ること。願書・訴訟などの下げ戻しを願うこと。2 頼まれても断ること。「そんな話ならこちらから―だ」 ※ goo辞書
◎うるう年  閏のある年。太陽暦では2月に一日追加して29日までとし、一年を366日とする年。太陽太陰暦では閏月のある年。じゅんねん。 日本では「潤」を「うるう」「うるむ」と読むところから、「閏」の漢字にも当てられた。※語源由来辞典
◎磊落(らいらく)  気持ちが大きく快活で、小さなことにこだわらないこと。また、そのさま。▽「豪放」「磊落」ともに度量が大きく快活で、些細 ささい なことにこだわらないこと。 ※ goo辞書
◎坐骨(ざこつ)  四肢動物の腰帯を構成する骨の一つである。※ウイキペディア
◎出色(しゅっしょく)  他より目立ってすぐれていること。「―の出来栄え」 ※ goo辞書
◎月夜に釜(かま)を抜かれる  明るい月夜に飯(めし)の入った釜を盗まれるということで、甚(はなは)だしい油断をすることの喩え。また、油断のために失敗することの喩え。「抜かれる」は、盗まれるという意味。(明るい月夜だから盗まれる心配はないだろうと思っていたら、大事な釜を盗まれてしまうことから)『江戸いろはかるた』『上方(京都)いろはかるた』の一つ。「月夜に釜を抜く」「月夜に釜をとられる」「月夜に釜」ともいう。※故事ことわざ辞典
◎危機一髪(ききいっぱつ)  ひとつ間違えば、非常な危険に陥ろうとする瀬戸際。髪の毛一本ほどのわずかな違いで、危険や困難に陥るかどうかの、きわめて危ない瀬戸際をいう。▽「危機」は非常に危ない状態。「一髪」は一本の髪の毛。 ※ goo辞書
◎金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい ※マルコによる福音書第10章25節 イエスが弟子たちに語っている言葉の一部。
◎警策(けいさく)   坐禅のとき、修行者の肩ないし背中を打つための棒を指す。警覚策励(けいかくさくれい)の略。※ウイキペディア
◎葦の髄から天井を見る(よしのずいからてんじょうをみる)  葦の茎の細い穴を通して天井を見ても、すべてを見渡すことができないことから。細い葦の茎の管を通して天井を見て、それで天井の全体を見たと思い込むこと。自分の狭い見識に基づいて、かってに判断することのたとえ。『江戸いろはかるた』の一つ。※故事ことわざ辞典
◎水母・海月  くらげ
◎萌え(もえ)  萌えとは、アニメやゲームの少女キャラなど、架空のキャラクターに抱く擬似恋愛的な好意。何かが好きな様子。何かに熱中するさま。 ※語源由来辞典
◎黙諾(もくだく)  はっきりと言葉には出さないが、それとなく承諾の意を表すこと。黙許。 ※ goo辞書
posted by hidamari at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

いちびり

 いちびりとは、近畿方言の名詞である。ふざけてはしゃぎまわること、あるいはふざけてはしゃぎまわる人(お調子者、目立ちたがり屋)。「調子に乗る」を意味する動詞いちびる(調子に乗る)が名詞化したものである。市場のような活気あるやかましい様子の言葉−市振ることから、目立ちたがり屋やお調子者を揶揄する時に使われることが多い。また人と違う変わったことをしている人を良い意味で褒める場合にも使われる。※ウイキペディア
 今回クロスワードに出たことば。

 以下今日のことば
◎悲鳴(ひめい)  ヒトや動物が突然外部から不快な刺激を受けた場合にとっさに出す声である。自らの意思とは関係なく反射的に発することがほとんどであり、心拍数の急上昇を伴うことが多い。悲鳴を発した結果として第三者に救助される場合があるほか、襲ってきた動物が驚いて立ち去る場合もあるなど、悲鳴を上げることは無意味な行動ではない。第三者に助けを求める行為を悲鳴と呼び、「嬉しい悲鳴」などと表現する場合がある。※ウイキペディア 
◎豆蔵(まめぞう)   元禄(1684〜1704)頃の手品・曲芸をよくした大道芸人の名。後,大道手品師や手品芸の別名ともなった。文政(1818〜1830)期に上野・両国の広小路で徳利と豆を使った芸を見せた芸人が有名。
◎ラムサール条約    (英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効した。※ウイキペディア
◎男坂・女坂(おとこざか・おんなざか)    たがいに近い場所に二つの石段/坂道/山道がある場合に、より急峻なほうを「男坂」、緩やかなほうを「女坂」と名づけたものである。 二つの坂の関係は、同じ場所から分岐して最後にまた合流するもの。※ウイキペディア
◎ととや(魚屋)    高麗(こうらい)茶碗の一。赤土の上に青茶色の釉(うわぐすり)をかけたもの。名の由来は、堺の商人「ととや」が所持していたからとも、千利休が魚屋の店先で見いだしたからともいう。斗々屋。 ※ goo辞書
◎びた一文    びたとは室町時代以降に私鋳された粗悪な貨幣「鐚銭(びたせん)」のこと。つまり“偽造貨幣すら出さない”、とにかく出さないことを徹底したことを表現。※ニコニコニュース
◎バグ    バグとは虫の意味で、パソコン用語ではプログラムの中の誤りのこと。バグがあると、作成者や利用者の思ったとおりに動いてくれず、演算結果が狂ったり、システムダウンを引き起こすこともある。※コトバンク
◎シェルパ(SHERPA)    エベレストなどのヒマラヤ登山で,隊の一員として荷物運搬,案内などを務める人。本来はネパール北東部のソロ・クーンブ地方に住むチベット系の一民族であるシェルパ族のことをさす。※コトバンク
◎メンドサ(Mendoza)    アルゼンチンの都市、ワインの産地として有名
◎コスタリカ方式    小選挙区比例代表並立制の選挙で、同じ政党の小選挙区と比例区の候補者が、選挙ごとに交代して立候補する方式。国会議員の同一選挙区での連続当選を禁じている中米のコスタリカ共和国の制度にちなんでいる。※コトバンク
◎こぞ(去年)
posted by hidamari at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

御朱印帳(ごしゅいんちょう)

朱印(しゅいん)は、神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。 敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。 複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)、納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。※ウイキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎スタンプラリー  鉄道駅、道の駅、市内や観光地などある一定のテーマの中でスタンプを集める企画のこと。※ウイキペディア
◎ルーク (Rook)  チェスの駒の一種。塔または城のような形をしている。※ウイキペディア
◎よこしま   @ 道理にはずれていること。正しくないこと。また,そのさま。 「 −な恋」 「 −な考え」 A 横の方向であること。よこさま。※日本語表現辞典
◎きガス(希ガス)  【希ガス元素】 周期表18(0)族であるヘリウム・ネオン・アルゴン・クリプトン・キセノン・ラドンの6元素の総称。 いずれも常温で気体。※コトバンク
◎オノマトペ( onomatopee〔仏〕)    擬音語、擬声語、擬態語のこと。ワンワン、ザアーザアー、ドッカーンのようなことば。※はてなダイアリー
◎鱈子(たらこ)と明太子(めんたいこ)  たらこは、タラの卵巣、およびそれを加工した食品。明太子は、たらこを、唐辛子を主に使用し味付けしたもの。
◎はす(斜)  斜(しゃ)に構える。
◎つぶより(粒選り)  多くのものの中からすぐれたものを選び出すこと。※goo辞書
◎リブ(. Rib)  主に牛の 肋骨。
◎飛ばし携帯(とばしけいたい)  他人や架空の名義で契約された携帯電話機のこと。
◎らち(埒)明かない   埒=囲いやしきり 物事の決まりがつかない。事態が進展しない。※日本語表現辞典
◎焼きが回る(やきがまわる)   1 焼き入れの際の火が行き渡りすぎて、かえって刃物の切れ味が悪くなる。2 頭の働きや腕前が落ちる。年をとるなどして能力が鈍る。※コトバンク
◎なまくらがたな(鈍刀)  切れ味の鈍い刀。なまくら(鈍)の「ナマ」とは純鉄のことで 「焼きの入らない切れない刃物」という意味 ※ goo辞書
posted by hidamari at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

いちげん(一見)さん

 初めてその店に来店した客のこと。得意客ではなく、店の関係者の誰とも面識を持たない客や得意客の紹介を持たない客などを指す。※日本語表現辞典
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎頓死(とんし)  1 突然死ぬこと。急死。「旅先で―する」2 将棋で、自分の王将の詰みを見落として詰まされてしまうこと。
◎古画(こが)  古い絵。昔の人が描いた絵画。※コトバンク
◎灸(きゅう、やいと)   経穴(つぼ)と呼ばれる特定の部位に対し温熱刺激を与えることによって生理状態を変化させ、疾病を治癒すると考えられている伝統的な代替医療、民間療法である。※ウイキペディア
◎エキストラ【extra】  1 映画やテレビで、群衆・通行人などの役を演じる臨時雇いの出演者。2 特別なこと。臨時のもの。※コトバンク
◎ケリー・バッグ(Kelly bag)  女性用ハンドバッグの一種。フランスのエルメス社が製造しているハンドバッグ。 1950年代の人気女優,グレース・ケリー (のちのモナコ公妃) が愛用し,この名称がつけられた。かちっとした台形をしており,クラシックな感じがする。※コトバンク
◎世話事(せわごと)   1 歌舞伎で、世話物のこと。2 日常的なこと。世間的な物事。※コトバンク
◎アマチュアリズム(amateurism)×コマーシャリズム(commercialism)商業主義
◎おつ(乙)だね〜  邦楽では、「甲」に対して一段低い音を「乙」といった。 この低い音が通常とは異なる調子であることから、邦楽以外のことについていう際には、面白い、趣がある、という意。
◎艫(とも)   船の後方の部分。船尾。⇔舳(へさき)。※コトバンク
◎投資ファンド(Investment fund)  複数の投資家から集めた資金を用いて投資を行いそのリターンを分配する仕組みをいう。単にファンドともいう。※コトバンク
◎リストラ  Restructuring ( リストラクチャリング )の略語で、本来の意味は「再構築」である。日本でカタカナ語として使われるリストラは、企業再構築における解雇や、企業・組織の縮小の部分のみを意味することが大半であるが、本来は企業が事業規模(収入)に合わせて、経費(支出)を見直し、組織を再編成することであり、単に人員削減のみを指すものではない。※日本語俗語辞書
◎春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)   《蘇軾「春夜」から》花は香り、月はおぼろな春の夜の一時は、まことに趣が深く、千金にも換えがたい。※デジタル大辞泉
◎南方 熊楠 (みなかた くまぐす)   1867年4月15日〜1941年12月29日. 幼い時から驚くべき記憶力の持ち主で歩くエンサイクロペディア(百科事典)と称された反骨の世界的博物学者。
posted by hidamari at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

問わず語り(とわずがたり)

 人がたずねないのに、自分から語りだすこと。また、ひとりごと。 ※ goo辞書
  ♪曇りガラスの向こうは風の街
  『問わず語りの心が切ないね』
  枯れ葉一つの重さも重さもない命
  あなたを失ってから♪
  「ルビーの指輪」 思い出した!
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎キックバッグ(kick back)   『蹴り返し』の意。 転じて、支払った代金(の一部)を、発注した担当者に返還すること。リベートと同義。※はてなダイアリー
◎チキンハート(chicken-heart)  ニワトリには腰の部分が無いので、臆病者の「腰抜け」の意味※yahoo知恵袋
◎るにん(流人)  流罪の刑に処せられた人。 ※ goo辞書
◎グアテマラ  グアテマラ共和国、通称グアテマラは、中央アメリカ北部に位置する共和制国家である。北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバドルと国境を接しており、北東はカリブ海に、南は太平洋に面する。首都はグアテマラ市。 ※ウィキペディア
◎雅号(がごう)  文筆家・画家・学者などが、本名以外につける風雅な名。※コトバンク
◎タイト(tight) きついこと。かたくしっかりしていること。ぴったりと密着していること。→タイトスカート
◎つらみ(辛み)  つらいこと。つらい気持ち。→恨(うら)み辛み ※ goo辞書
◎辻芸(つじげい)  人通りの多い道ばたで演じる芸能。大道芸。※コトバンク
◎中落ち(なかおち)  魚を三枚におろしたときの中骨の部分。また、そこについている肉。※コトバンク
◎朽木(くちき)  くさった木。くちた木。きゅうぼく。※goo辞書
◎ビッグバン   宇宙の始まり. 宇宙は一点から始まった。その始まりは、いまから140億年くらい前に起きたビッグバン(大爆発、big bang)といわれている。
◎どごう(怒号)  1 怒って、大声でどなること。また、その声。「議場に―がとびかう」2 風や波が荒れて激しい音をたてること。※goo辞書
※食休み(しょくやすみ)  食後に休息をとること。→腹ごなし(軽い運動や散歩などをして,食べた物の消化を助けること。 −に散歩する)※コトバンク
posted by hidamari at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

モノローグ

(monologue)   1 演劇で、登場人物が相手なしにひとりで言うせりふ。独白(どくはく)。⇔ダイアローグ(dialog)対話。 2 一人の俳優が演じる芝居。独演劇。モノドラマ。 ※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。

以下今日のことば
◎ウエブ  ウエブ/サイト/ホームページの用語解説 - 三つとも同じ意味。正確には「ワールド・ワイド・ウエブ・サイト(World Wide Web Site。WWWサイト)」なのだが、英語圏では一般的に「ウエブ」もしくは「ウエブサイト」と略される。※コトバンク
◎カオス  混沌、もしくは混乱状態をあらわす語。「コスモス」(『秩序』の意味もある)の対義語。 ギリシャ神話の宇宙開闢(かいびゃく)説における万物発生以前の秩序なき状態。※はてなダイアリー
◎クレタ島  クレタ島は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。また、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。クレタ島は島全体で、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリアを構成する。首府はイラクリオ。 ※ウィキペディア
◎キャリア  日本における国家公務員試験の総合職又は上級甲種又はI種(旧外務I種を含む)等に合格し、幹部候補生として中央省庁に採用された国家公務員の俗称である。※ウイキペディア
◎するめ(寿留女)  こんぶ(子生婦)
◎焦土(しょうど)  1 焼けて黒くなった土。2 家屋・草木などが焼けて跡形もない土地。焼け野原。※コトバンク
◎義太夫語り(ぎだゆうがたり)  義太夫節を語るのを職業としている人。太夫(たゆう)。※コトバンク
◎山家育ち(やまがそだち)   山里で育つこと。また、育った者。※コトバンク
◎にとものがたり(二都物語)  《原題A Tale of Two Cities》ディケンズの長編小説。1859年刊。フランス革命のころのパリとロンドンを舞台に、四人の男女の複雑に変転する運命を描いた大作。 ※ goo辞書
◎レム睡眠  睡眠中の型の一つ。身体は眠った状態だが、脳波は覚醒時と同様の波形をしている状態。 【レム睡眠の語源・由来】. 「レム」は「急速眼球運動」を意味する「rapid eye movement」を略した「REM」。※語源由来辞典
◎志野焼き(しのやき)  安土桃山時代に織部焼の一種として,岐阜県可児郡や土岐市を中心とした地方で焼かれた陶器。厚い胎土の大ぶりな器体に白い長石釉 (志野釉) をたっぷりかけて焼くのが特色。※コトバンク
◎レア( rare)   (食べ物などが)生の、珍しい、稀な(もの) (肉等が)生焼け、(ステーキの焼き具合が)軽く火を通した状態.。→◎レア物  めったに手に入らない珍しいもののこと。ビンテージものや有名人が使ったものなどを総称する。 ※ goo辞書
◎よう(×杳)   1 暗くてよくわからないさま。また、事情などがはっきりしないさま。「―として消息が知れない」 2 はるかに遠いさま。奥深く暗いさま。※コトバンク
◎ゆうに(優に)  [副]その数量・程度に達してなお余裕のあるさま。十分に。らくに。「―二万人を超す人出」「子供なら―入れるトランク」 ※ goo辞書
◎Gメン  government"(ガバメント=政府)の頭文字"G"。 Gメンは「政府の役人」という意味。 元々はアメリカ合衆国で使われた隠語(いんご)。日本においても、麻薬捜査では厚生労働省に所属する捜査官が行うことも多い。彼らは拳銃を携帯することが許可されたりする。まさに麻薬Gメンである。※yahoo知恵袋
◎トーチカ(ロシア語)  鉄筋コンクリート製の防御陣地を指す軍事用語。 日本語では特火点と訳される。ウイキペディア
◎カネロニ(イタリア語)  「大きな葦」を意味する円筒形のパスタの一種である。形・食べ方は春巻にいくぶん似ており、イタリア料理においては詰め物をし、ソースをかけて焼いて食べるのが一般的である。※ ウィキペディア
◎やまがそだち(山家育ち)  山里で育つこと。また、育った者。 ※ goo辞書
◎はえ座(蝿座、Musca)  南天の星座の1つ。天の南極に近く、日本の大部分の地域からは星座の一部さえも全く見ることができない。※ウイキペディア
posted by hidamari at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

伊達や酔狂で…(だてやすいきょうで…)

「伊達」・・・外見を飾る事。 いきなふう(粋な風)をする事。「酔狂」・・・酒に酔って浮かれる事。
 「粋狂」とも書き、その場合、物好きという意味。従って、格好を付けたり、酒に酔って(あるいは 物好きで)してるんじゃない・・・・本気でやっているという意味。※yahoo知恵袋
 今回クロスワードパズルに出たことば
 
 以下今日のことば
◎和製英語(わせいえいご)  日本で作られた英語風の日本語語彙のことである。英語圏では別の言い方をするため、全く意味が通じない、もしくは別の意味でとらえられてしまう場合があり、使用には留意を要する。サラリーマン・オフィスレディー。※ウイキペディア
◎口開け(くちあけ)  1 物の口を開けること。また、その時。くちきり。2 物事・商売などのしはじめ。かわきり。※goo辞書
◎出し子(だしこ)  1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子.※コトバンク
◎ヒットマン (hitman , Hitman)   英語で殺し屋の意 ※ウイキペディア
◎嘆きの壁(なげきのかべ)   エルサレム旧市西境の城壁の一部。ユダヤ人の間では『詩篇』に歌われたソロモンの神殿の城壁の跡と伝えられ,聖なる場所とされている。※コトバンク
◎トートバッグ(tote bag)   《toteは、運ぶ、携帯する、の意》丈夫なカンバス地で作られ、下部が別色の生地で切り替えられた実用的な台形のバッグ。 色とりどりの軽いナイロン地で作ったものもあり、実用バッグとして人気を呼んだ。 元来は米国のL.L.Bean社が開発した氷運搬用のバッグ。※コトバンク
◎クルトン(crouton)  食パンをさいの目に切って揚げたり焼いたりしたもの。スープの浮き実などにする。※コトバンク
◎表音文字(ひょうおんもじ)  一つ一つの字が意味をもたず、音のみを表す文字。かな・ローマ字・梵字など。→表意文字 ※goo辞書
◎月夜(つきよ)に釜(かま)を抜かれる  明るい月夜に釜を盗まれる。ひどく油断することのたとえ。※コトバンク
◎うだつが上がらない  うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。うだつは、日本家屋の屋根に取り付けられる小柱、防火壁、装飾。本来は梲と書き、室町以降は卯建・宇立などの字が当てられた。※ウイキペディア
◎虎穴に入らずんば虎児を得ず(こけつにいらずんば こじをえず)   危険をおかさなければ、大きな成果は得られない。「虎の穴に入らなければ、虎の子をとらえることはできない」後漢の班超が匈奴との戦いで危機に陥ったとき、部下に言った言葉から。※故事ことわざ辞典
◎桃源郷(とうげんきょう)   《陶淵明「桃花源記」に描かれている桃林に囲まれた平和で豊かな別天地から》俗界を離れた別世界。仙境。理想郷。※コトバンク
◎トラウマ  単に「傷」を意味するギリシャ語であった。 1917年、心理学者フロイトが、物理的な外傷が後遺症となると同様に、過去の強い心理的な傷がその後も精神的障害をもたらすことを「精神分析入門」において発表した。 その際、精神的外傷を意味する用語として「trauma(トラウマ)」が用いられたため、現在のような意味として使われるようになった。※語源由来辞典
◎寄進(きしん)  [名](スル)神社や寺院に金銭や物品を寄付すること。※goo辞書
◎ゲレンデ(Gelände−ドイツ語)  土地,地形などを意味するドイツ語で,スキー用語としてはスキー場をさす。一般に滑走面が整備され,スキーリフト,ロープウェー,夜間照明などが設置されている。※コトバンク
◎投網(とあみ)  漁業に用いる漁網の一種で、岸辺や船上から魚がいると思われる地点に投げ入れて魚を捕る道具である。※ウイキペディア
◎ボローニャ   イタリア共和国北部にある都市で、その周辺地域を含む人口約37万人の基礎自治体。エミリア=ロマーニャ州の州都であり、ボローニャ県の県都でもある。アペニン山脈とポー川の間にあるポー川谷に位置する。1088年創立と、西欧最古の大学ボローニャ大学がある。 ※ウィキペディア
◎ばれい(馬齢)  1 馬の年齢。2 自分の年齢を謙遜(けんそん)していう語。犬馬の齢(よわい)。※goo辞書
◎偶蹄類(ぐうているい)   偶蹄目に属する哺乳類の総称。四肢の指の数が二本または四本で,蹄(ひづめ)をもつ。肩高30センチメートルのネズミジカから3.6メートルのキリンまで種類が多く,角をもつものもある。多くは草食性。※Weblio辞書
◎メンテナンス(maintenance)  ネットワークやシステム、ハードディスクなどの保守・点検作業のこと※コトバンク


posted by hidamari at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

帰納法(きのうほう)

 類似の事例をもとにして、一般的法則や原理を導き出す推論法のこと。演繹法の対義語で、帰納的推論ともよばれる。※コトバンク
 演繹法は理論/論理からの推論で(一般的なことから個々の事柄を探る)。帰納法は経験(もっと詳しく言えば確率)からの推論で(個々の事柄から一般的なことを探る)。※Yahoo知恵袋
 今回クロスワードパズルに出たことば

 以下今日のことば
◎結願(けちがん)   仏教用語。期間を定めて法を修する場合,その修行の完了すること,またその最終日をいう。八十八すべての霊場を廻り終えること。※コトバンク
◎満を持して(まんをじして)  「満」は「みちること」「いっぱいになること」を意味する語だが、ここでは「弓をいっぱいに引きしぼること」を意味し、「持す」は「保つ」を意味する。 満を持すは、弓を引きしぼったままの状態を維持することから、十分に準備をして機会 を待つ意。※語源由来辞典
◎ツンデレ  特定の人間関係において敵対的な態度(ツンツン)と過度に好意的な態度(デレデレ)の両面を持つ様子、又はそうした人物を指す。※ウイキペディア
◎フリーランス(英: freelance)  特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。※ウイキペディア
◎エトランゼ(仏)étranger 「エトランジェ」  見知らぬ人。 外国からの旅行者。 異邦人。※goo辞書
◎ハイオク  とはオクタン価が高い(ハイ)という意味。 オクタン価が高いほど引火点が高く、燃えにくいガソリンということになる。 燃えにくいガソリンでは都合が悪そうに思えるが、実際には混合気をより高く圧縮できるので、燃焼時のエネルギーは大きくなる。 このためノッキングを起こしにくくなる。※関係サイト
◎永遠(えいえん・とわ)  ◎目途(めど・もくと)
◎餅は餅屋(もちや)  餅は餅屋のついたものがいちばんうまい。その道のことはやはり専門家が一番であるというたとえ。※goo辞書
◎スケープゴート(scapegoat)  「身代わり」「生贄(いけにえ)」などの意味合いを持つ聖書由来の用語。※ウイキペディア
◎地歩(ちほ)  ある人が占めている位置、または役柄。立場や地位。「―を固める」地歩を占める自分の立場・地位を定める。※goo辞書
◎筒袖(つつそで)  通常和服の袖の形態をさす。 主に日本では屋外などの仕事の労働着として存在し、特徴は、袂(たもと)が無いこと、身八つ口が無く袖全体が身頃に直接縫いつけられていることである。※ウイキペディア
◎とどのつまり  「とど」とは、魚のボラのこと。 ボラは成長するにつれて、「ハク」「オボコ(クチメ)」「スバシリ」「イナ」「ボラ」と名前を変える出世魚で、いろいろな呼び名に変化していくが、最終的には「トド」になることから、「トドの詰まり」とする説が一般的である。いきつくところ。結局。多く、思わしくない結果である場合に用いる。goo辞書
◎快刀乱麻(かいとうらんま)  こじれた物事を非常にあざやかに処理し解決すること。鋭利な刃物で、もつれた麻糸を断ち切るように物事を処理する意から。▽「快刀、乱麻を断 た つ」の略。「快刀」は鋭利な刃物。「乱麻」はもつれた麻のこと。※ goo辞書
◎虎の子(とらのこ)  母虎の性質から出た言葉。 虎は自分の子を大事に守り、非常にかわいがって育てるといわれていることから、大切にして手放さない物や秘蔵品のたとえとして「虎の子」と言うようになった。※語源由来辞典
◎津々浦々 ( つつうらうら )   小さな港や海岸にいたるまで全て。 あちらこちら、全国いたるところ。 津は港を意味し、浦は入り江や海岸を意味している。※四字熟語辞典
◎ランデブー(仏)rendez-vous  1 男女が会うこと。あいびき。デート。「人目を忍んで―する」2 別の軌道をもつ宇宙船どうしが宇宙空間で接近すること。3 ⇒ボンジュール ※ goo辞書
posted by hidamari at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

キラキラネーム

 DQNネーム(ドキュンネーム)は、人名としては一般常識に反するとされる珍しい名前に対して蔑視的に用いられるインターネットスラング。 キラキラネームも類似の用語とされる。例えばパッと見で読めないような当て字や、外国人によくある名前を無理やり日本の漢字に当てはめた、一般的に「奇抜な名前」とされる名前。「キラキラネーム」という名前の出処は2000年から存在する赤ちゃんの命名支援サイト「キラキラname 」である。※ウイキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば。
◎ゲテモノ(下手物・ゲテ物)  だいたい以下の意味を持つ。 精巧な物品(高級品)に対しての、粗雑な作りの素朴で大衆的な器物。 これの対義語には上手物(じょうてもの)があり、こちらは高級な作りで鑑賞にたえる器物であるなどの意味を含む。※ウイキペディア
◎帰依(きえ)   すぐれた者 (特に人格者) に対して,全身全霊をもって依存すること。仏教では特に,信仰をいだくことに用いられる。※コトバンク
◎膝栗毛(ひざくりげ)   膝を栗毛の馬の代わりにして旅をすること。徒歩で旅行すること。※コトバンク
◎プロセスチーズ(英語:processed cheese)  乳の蛋白質を凝固発酵させてつくったナチュラルチーズをさらに2種類以上混ぜ,加熱練製したもの。※コトバンク
◎居士(こじ)  居士が信士(しんじ)より位が高く(亡くなられてからの世界の名前で)それに○○院と付けばもう一つくらいが上がる。 因みに、居士は男性で 大姉(だいし)信女(しんにょ)が女性。※Yahoo知恵袋
◎えじ(衛士)  1 律令制で、諸国の軍団から選抜されて1年交代で左右衛士府・衛門府に配属されて宮廷の警護に当たった兵士。2 神宮司庁および熱田神宮の警護に当たった職員の旧称。※goo辞書
◎かたず( 固唾)を呑む   事の成り行きが気がかりで、緊張している。かたず(固唾)は、極度に緊張した時などに思わず口のなかに溜まる固まった唾のことで、 昔は唾のことを“つ”といったので固い唾、から固唾となった。※Yahoo知恵袋
◎ダミー(dummy)  1 本物の替わりとなるもの。見本。模型。また、模造品。2 モデル人形。替え玉人形。映画のトリック撮影、衝突や落下などの実験、射撃やフットボールの練習などに用いる。Goo辞書
◎忌憚(きたん)のない  「忌憚(きたん)」は、忌(い)むことつまりタブーと、憚(はばか)ることつまり遠慮。したがって「忌憚ない(忌憚のない)」とは、「タブーや遠慮なしに」という意味。※コトバンク
◎打碑(だひ)   碑面の文字を石摺(いしず)りにすること。※コトバンク
◎報・連・相(ほうれんそう)  サラリーマンの心得「報告」「連絡」「相談」。

●今日夫は、現職とOBによる囲碁交流会に出席。夜は懇親会。
 成績――6段でして3勝3敗 3位
posted by hidamari at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

すこぶるつき(頗る付き)

 「すこぶる(非常に、たいそう)」という語が付くほど、はなはだしいこと。※コトバンク
 今回クロスワードパズに出たことば。
 以下今日のことば
◎束(つか)  書籍の厚み
◎機密室(きみつしつ)  外気との連絡を遮断している部屋
◎理事(りじ)  1.組織や団体を代表し事務を管掌する者。またはその役職。 2.法人の業務を執行し、その法人を代表する者やその役職のこと。※はてなダイアリー
◎バンカー  ゴルフのコース上に,くぼみをつくって砂を入れたハザード hazard (障害地域) のこと。※コトバンク
◎石に枕し流れに漱ぐ(いしにまくらしながれにすすぐ) 《「蜀志」彭羕伝から》俗世間から遠ざかって山林に隠れ住み、自由な生活をする。
◎石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)   石に漱ぎ流れに枕すとは、負け惜しみが強いこと。無理にこじつけて、自分の説を通そうとすること。※故事ことわざ辞典
◎南蛮(なんばん)  とうもろこしの別称。「舶来(唐)」の意味で「南蛮」が使われ「南蛮黍(なんばんきび)」などと呼ばれた。
◎よか衆(よかしゅう)  お金持ち  ◎盆ぎり  盆限り
◎落手(らくしゅ)  1 手紙・品物などを受け取ること。手に入れること。落掌。※コトバンク
◎雑喉場(ざこば)   大阪市西区にある大阪最大の魚市場。江戸時代には堂島の米市,天満の野菜市と並んで,上方三市の一つとして繁栄した。起源は 15世紀末と伝えられる。※コトバンク
◎糝粉(しんこ)  うるち米を水洗いして乾燥したのち粉にしたもの。新粉とも書き,米粉(こめこ)と呼ぶこともある。普通品を並新粉,きめの細かい上質品を上新粉,上用粉と呼ぶことも多い。※コトバンク
◎カシミノル  (英語: Kashmir)とは、インド北部とパキスタン北東部の国境付近にひろがる山岳地域である。※ウイキペディア
◎浅草寺(せんそうじ)  東京都台東区浅草二丁目にある東京都内最古の寺である。
◎水夫(すいふ)(かこ)  〔「か」は梶(かじ),「こ」は人の意〕 船を操る人。古くは広く船乗り全般をさしたが,江戸時代には下級船員をいった。※難読語辞典
◎一路平安(いちろへいあん)  旅立つ人の道中の無事を祈っていう語。「道中ご無事で」の意。▽「平安」は無事で穏やかなこと。平穏無事なこと。 ※ goo辞書
◎碌(ろく)  1 官に仕える者に下付される給与。律令制では絁(あしぎぬ)・綿・布・鍬(くわ)・穀物などが身分に応じて与えられたが、後世は知行地・扶持米(ふちまい)・給金などに変わった。給与。給金。扶持。2 当座の褒美・贈り物などとして与えられるもの。※コトバンク
◎愁嘆場(しゅうたんば)  浄瑠璃,歌舞伎の一局面。悲嘆の涙を流す悲劇的場面をいう。転じて、実生活上の悲劇的な局面にもいう。※コトバンク
posted by hidamari at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

鍔迫り合い(つばぜりあい)

 互いに相手の打った刀を自分の刀の鍔で受け止め、押し合うこと。転じて激しい試合のこともさす。※ウイキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば。
◎つばくろ(燕)  《「つばくら」の音変化》つばめ。goo辞書
◎ぺら  1 折ったりとじたりしない1枚のままの印刷物。ぺらいち。「―のちらし」2 《「半ぺら」の略》200字詰めの原稿用紙。※goo辞書
◎胡粉(ごふん)  顔料のひとつ。現在では貝殻から作られる、炭酸カルシウムを主成分とする顔料を指す。かつて中国の西方を意味する胡から伝えられたことから、胡粉と呼ばれる。古くは鉛白(塩基性炭酸鉛)を指した。日本画や日本人形の絵付けに用いられる。※ウイキペディア
◎黒衣(くろご)  ◎殺陣(たて)  
◎懸念(けねん)  1 気にかかって不安に思うこと。「安全性に―を抱く」「先行きを―する」2 仏語。一つのことに心を集中させること。3 執着すること。執念。※コトバンク
◎いにしえ(古)  いにしえは、「去る」を意味する動詞「いぬ(往ぬ)」の連用形「イニ」に、過去を示す助動詞「キ」の連体形「シ」がついた「イニシ」が、方向を表す名詞「ヘ(方)」を修飾した「往にし方(いにしへ)」。※語源由来辞典
◎樹医(じゅい)  樹木の診断や治療を行う技術者。→樹木医.※コトバンク
◎ママ(引用)  ママあるいはままとは編集用語において「原文の儘 (まま) 引用」を略記する際に用いる記号。わかりやすく「原文ママ」の表記も見られる。亀甲括弧 (〔〕) をともなって「〔ママ〕」とするのがもっとも厳密で読み手に誤解を与えない表示の方法である。※ウイキペディア
◎ミドル(middle )  1 中央。中部。また、中間の程度・段階や階級。多く複合語の形で用いる。2 「ミドルエージ」の略。※コトバンク
◎地口(じぐち)  駄洒落の一種と見なすことができる言葉遊びである。発音が似た単語を用いるため、駄洒落よりも創造性に富み、作成するのも比較的容易であり、また、形態も多様化している。→「舌切り雀」を「着た切り雀」。※ウイキペディア
◎虎徹(こてつ)  江戸時代の刀工。同人が作った刀剣の名でもある。「虎徹」とは甲冑師・長曽禰興里の刀工時代の入道名のひとつである。 ※ウィキペディア
◎SP(Security Police)
◎前景気(まえげいき)  事の始まる前の人気・評判。「―をあおる」 ※ goo辞書
posted by hidamari at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

トリクルダウン

 (trickle-down theory) トリクルダウン理論とは、富裕層が経済的に豊かになることで、最終的には貧困層も豊かになり、全体に富が行き渡るという理論、または仮説のこと。※ハテナダイアリー
 今回クロスワードに出たことば。

 以下今日のことば
◎チマ(裳)  《(朝鮮語)》朝鮮民族の女性用民族服で、胸からくるぶしまでの長さの巻きスカート。チョゴリ(短い上着)とともに用いる。→朝鮮服 - goo辞書
◎チマ【裳】とは。意味や解説、類語。《(朝鮮語)》朝鮮民族の女性用民族服で、胸からくるぶしまでの長さの巻きスカート。チョゴリ(短い上着)とともに用いる。→朝鮮服 - goo国語辞書
◎しょうびのきゅう(焦眉の急)  眉が焦げるほどに火が迫っていることの意から、危険が差し迫っていること。状況が切迫していること。「―を告げる事態」 ※ goo国語辞書
◎イコン  (ギリシア語: εικών, ロシア語: Икона, 英語: Icon, ドイツ語: Ikon)とは、イエス・キリスト(イイスス・ハリストス)、聖人、天使、聖書における重要出来事やたとえ話、教会史上の出来事を画いた画像(多くは平面)である。※ウイキペディア
◎とじ(刀自)  (現在では「看護婦」のような女性差別用語とされ、一般的に社会で使用されることはほぼ無くなった。 現代中国語では女性に用いた場合、「女士」となる。男性への敬称は「先生」。 刀自(とじ): 年配の女性に敬意を込めて用いる。※ウイキペディア
◎薬研(やげん)  漢方薬などをつくるとき薬効を持つ薬種(草・根・木あるいは動・鉱物質)を細粉にひくのに用いる器具。※ウイキペディア
◎アポ  「面会の約束」を意味するアポイントメントの略語。
◎ゼブラゾーン  横断歩道にシマウマのような縞模様に塗ってあるので、主に英国で(ジーブラ・クロッシング )ともいう。これを「ゼブラゾーン」と呼ぶのは和製英語。
◎馬酔木(あしび)◎雲母(うんも)◎不如帰(ほととぎす)
◎くし(句誌)  俳句専門の雑誌。 ※ goo辞書
◎焦土(しょうど)  1 焼けて黒くなった土。2 家屋・草木などが焼けて跡形もない土地。焼け野原。※コトバンク
◎垢離(こり)   仏教用語。水で清めてあかを取去ること。山伏や修験者が神仏に祈願するとき,冷水や海水を浴びて身を清めることをいう。※コトバンク
◎卑劣漢(ひれつかん)  低劣な人間のことクズ野郎 ・ 男の風上にもおけない人間。

●今日、夫は元職地区囲碁例会に出席  8段でして3勝2敗
posted by hidamari at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

イタコ

 日本の東北地方などで口寄せ(神仙や死者・行方不明者の霊などを自身に乗り移らせてその言葉を語ること)を行う巫女で巫の一種。 シャーマニズム(シャーマン(巫師・祈祷師)の能力により成立している宗教や宗教現象の総称)に基づく信仰習俗上の職である。※ウイキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下きょうのことば
◎大圏航路(たいけんこうろ)  地球上の2地点間を結ぶ最短距離は,その2地点と地球中心を含む断面と地球表面とが交わる線になる。これを大圏といい,それに沿った交通路を大圏航路または大圏コースという。※コトバンク
◎塗炭(とたん)の苦しみ  泥や火の中にいるような、ひどい苦しみ。「―をなめる」 ※ goo辞書
◎かいり(乖離)  [名](スル)そむきはなれること。結びつきがはなれること。「人心から―した政治」 ※ goo辞書
◎過越の祭(すぎこしのまつり)   ユダヤ教の祭日の一つ。英語でPassover。ユダヤ暦ニサン月14日の夜から1週間。奴隷状態にあったユダヤ民族のエジプト脱出を記念する。※コトバンク
◎オプション(option)  【名詞】1【不可算名詞】a選択,取捨; 選択権[の自由] ※英和辞典
◎登竜門(とうりゅうもん)  中国の《後漢書》李膺(りよう)伝に,黄河の上流に竜門という激流があり,その下に多くのコイが集まり,ほとんどは急流を登れないが,もし登ったら竜になる,と伝える。 転じて立身出世のための関門を意味する。※コトバンク
◎自助努力(じじょどりょく)   他に依存せず,自分の力で困難を乗り越える努力 ※日本語表現辞典。
◎無理強い(むりじい)   [名](スル)強引に押しつけてやらせること。強制。※コトバンク
◎参与(さんよ)  {日本国政府における用法}有識者を特定の行政事務における相談役として任命し、非常勤の国家公務員の地位を与えたもの。「内閣官房参与」「内閣府政策参与」等。いわゆるブレーンであるが、類似した役割を持つ「特命顧問」より政策決定における比重は高くない。※ウイキペディア
◎常世(とこよ)  永久に変わらない神域。 死後の世界でもあり、黄泉もそこにあるとされる。「 永久」を意味し、古くは「常夜」とも表記した。 日本神話や古神道や神道の重要な二律する世界観の一方であり、対峙して「現世(うつしよ)」がある。※ウイキペディア
◎硬派(こうは)   新聞の政治経済方面 強硬な意見を主張する一派。
◎福音(ふくいん)  1 喜びを伝える知らせ。よい便り。「―をもたらす」2 イエス=キリストによってもたらされた人類の救いと神の国に関する喜ばしい知らせ。また、福音書にしるされているキリストの生涯と教え。⇒使徒(イエス・キリストの12人の高弟を指すが、それに近い弟子(パウロ、七十門徒など)にもこの語が用いられることがある)※ウイキペディア
◎レーザービーム( Laser beam) レーザー光線。 野球におけるレーザービーム 日本人メジャーリーガー「イチロー」の外野からの好返球、捕殺を指す。 そこから、野球において外野手の弾道の低い好返球を総称して言うようになった。※スポーツ関係サイト
◎人後(じんご)に落ちない  他人に先を越されない。ひけをとらない。「正義感の強さでは―◦ない」※ goo辞書
◎徴兵忌避(ちょうへいきひ)   徴兵適齢者が、徴兵をまぬがれるために、故意に身体を傷つけたり、病気になったり、逃亡したりすること。※コトバンク
posted by hidamari at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

栄枯盛衰(えいこせいすい)

 栄えることと衰えること。栄えたり衰えたりを繰り返す人の世のはかなさをいう。▽「栄枯」は草木が茂り盛んなことと枯れしぼむこと。転じて、人や家門などの繁栄や衰退をいう。 ※ goo辞書
 今回クロスワードに出たことば。

以下今日のことば
◎洞(うろ)  木の内部にできた洞窟状の空間 ※ウイキペディア
◎どんど焼き  1月14日の夜か1月15日の朝に門松や注連縄、書初めなどを持ち寄り燃やす行事。とんど(歳徳)焼き。※ウイキペディア
◎ボードビリアン(vaudevillian)  ボードビル(軽演劇)を演じる芸人。軽演劇俳優。 ※ goo辞書
◎いめい(遺命)  死ぬ時に残した命令。ゆいめい。「故主の―を忘るる事なく」〈染崎延房・近世紀聞〉 ※ goo辞書
◎あだばな(徒花)  1 咲いても実を結ばずに散る花。転じて、実(じつ)を伴わない物事。goo辞書
◎サロン(仏: salon、英: salon)  もともと応接室などの部屋を意味する言葉である。 応接間、談話室など。※ウイキペディア
◎キューポラ(cupola furnace)  コークスの燃焼熱を利用して鉄を溶かし鋳物の溶湯(ようとう:溶解され液体状になった鉄)を得るためのシャフト型溶解炉に分類される溶解炉である。※ウイキペデイア
◎シクンシ(四君子)  蘭、竹、菊、梅の4種を、草木の中の君子として称えた言葉。※ウイキペディア
◎召人(めしうど)  1 宮中で行われる歌会始めの際、題にちなんだ和歌を詠むように特に選ばれた人。 2 和歌所の寄人(よりゅうど)のこと。 3 舞楽などをするため召された人。 4 そばで召し使う女性。※コトバンク
◎しち(質)  債権に対する優先弁済権を確保するための物的担保。日本法制史上は現行法上の質権に相当する占有質と,抵当に相当する無占有質との2つの概念を含む。※コトバンク
◎ぶこつ(無骨/武骨)  [名・形動]《「骨(こち)無し」を音読みにした語》1 骨ばってごつごつしていること。また、そのさま。「節くれだった―な手」2 洗練されていないこと。無作法なこと。また、そのさま。「―な振る舞い」3 役に立たないこと。※goo辞書
posted by hidamari at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

鯨飲馬食(げいいんばしょく)

 むやみにたくさん飲み食いすること。また、一度にたくさんのものを飲み食いすること。鯨のようにたくさんの酒や水を飲み、馬のように多く食べる意から。 ※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。
 恥ずかしながら、私がこの年齢になって初めて知ったことば。

 以下きょうのことば
◎プラム(PLUM)  セイヨウスモモ
◎うだつ  日本家屋の屋根に取り付けられる小柱、防火壁、装飾。本来は梲と書き、室町以降は卯建・宇立などの字が当てられた。
 うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。※ウイキペディア
◎功徳(くどく)  仏語。1 現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行。善根。「―を施す」2 神仏の恵み。御利益(ごりやく)。※goo辞書
◎ミリオン(million)  英語で1000000(百万)の意
◎既得権益(きとくけんえき)  国や地域・組織などが、法的根拠に基づき、以前から獲得している
権利と利益。※ goo辞書
◎遅々(ちち)として  進行が遅い状況を形容する表現。多く「進まない」を修飾する。※日本語表現辞典
◎出藍(しゅつらん)の誉れ  弟子がその師よりもすぐれていること。→青は藍(あい)より出(い)でて藍より青し ※ goo辞書
◎薫(くん)  よい香り
◎紫(むらさき)  しょうゆ
◎ランク(rank)  「順位」「階級」「地位」「身分」などのこと。
◎テニヲハ  助詞・接続詞・言葉のつじつまを意味する言葉のこと。「は」、「を」、「が」、「も」、「に」など、語句と語句との間に使用し、単語同士の関連性を示したり、意味を加える言葉を、一般に「てにをは」と呼ぶ。※ニコニコ大百科
◎胴間声(どうまごえ)  調子はずれの濁った太い声。胴声。胴間(=和船の中央部で帆の上げ下げをする人)が出すような、品のない声。※コトバンク  ―― 私が初めて知ったことば。
◎枕頭(ちんとう)  まくらもと
◎ビリオン(billion)   【可算名詞】a《主に米国で用いられる》 10 億,英国では1兆。
◎こじらせ女子  流行のファッションや恋愛に疎く、自らの女子力に満足しきれていない女子のこと。 AVライター・雨宮まみの著書『女子をこじらせて』から話題になった。※ハテナダイアリー
◎貧困女子  今や働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と呼んでいる。※関係ウエブサイト


●今日夫がガソリンを入れてきてくれた。何とℓ当たり140円。下がった〜。嬉ピー(しーを通り越して)
posted by hidamari at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする