2014年07月14日

W杯サッカー

 朝の4時、偶然目が覚めた。
 夫は階下で既にテレビを観ている。
 私は布団の中から観た。
 延長戦までもつれこみ、辛くもアルゼンチンを破り、みごと優勝したのはドイツだった。
 何をかくそう、私は予選を観て、優勝はドイツだろう、と予想した。というより、ドイツに勝って欲しいと思っていた。
 なぜなら、サッカーが全く分からない私は、ただイケメン揃いとタトゥーを入れている選手が殆どいなかったから。ただ、見てくれだけで選んだ。
 それが、どんどん勝ち抜いていったのが、何とも快感だった。
 今大会のスターだったアルゼンチンのメッシがMVPに輝きながらも、どこか寂しげだったのが印象的だった。
 対照的だったのは、貴重なシュートを決めたドイツの若きホープ、ゲッツェ。はじける笑顔に明日のスターを覗わせた。堂々登場の彼女も可愛すぎる。
 
 ちなみに賞金は優勝国3,500万ドル、準優勝国2,500万ドル、ということ。
 国の威信をかけて闘うはずだ。
 初戦と決勝戦、2回も現地入りして応援していた、ドイツの真っ赤な服のメルケル首相。
 間違いなく勝利の女神だった。
posted by hidamari at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

威信(いしん)

 威厳と信望。「国家の―にかかわる」「―が失墜する」 ※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。
 
 以下今日のことば
◎やませ(山背)  春から秋に、オホーツク海気団より吹く冷たく湿った北東風または東風(こち)のこと。特に梅雨明け後に吹く冷気を言うことが多い。※ウイキペディア
◎執務室(しつむしつ)  実務をとり行うための部屋。多く、組織の首長のために用意された部屋を指す。※日本語表現辞典
◎うろこの家  最初に公開された異人館で、国指定登録文化財。外国人向けの高級借家として建てられた。 建物の外壁と多い天然石のスレートが魚のうろこに似ているところから“うろこの家”の愛称が生まれ、親しまれている。
◎風見鶏(かざみどり)の館(やかた)  1904年(明治37年)にドイツ人貿易商の住宅として建てられた西洋館(異人館)で、重厚な煉瓦造りの外観と、屋根上の風見鶏を特徴とする。※ウイキペディア
◎ともがら(輩/儕)  同類の人々をさしていう語。仲間。「学問を志す―」 ※ goo辞書
◎舌禍(ぜっか)  1 自分の言論が法律・道徳などに反していたり、他人を怒らせたりしたために受けるわざわい。「―事件」2 他人の中傷や悪口などによって受けるわざわい。
◎おぼえ  評判。世評。※古文辞書
◎山車(だし)  日本で祭礼の際に引いたり担いだりする出し物の総称。花や人形などで豪華な装飾が施されていることが多い。地方によって呼称や形式が異なり、曳山(ひきやま)・祭屋台(まつりやたい、単に屋台とも)などとも称される。※ウイキペディア
◎膏肓(こうこう)  《「膏」は心臓の下部、「肓」は隔膜の上部》1 からだの奥深いところ。ここに病気が入ると治らないという。2 漢方の経穴(けいけつ)の一。背中の第4胸椎下から、大人で約6センチの所。※コトバンク
◎ネグレクト(英: neglect)  児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待のひとつ。子供に対するネグレクトは育児放棄(いくじほうき)、育児怠慢(いくじたいまん)とも言う。※ウイキペディア
◎手かせ足かせ  手枷足枷手の拘束具と、足の拘束具。 転じて、立場や自由な動きを束縛(そくばく)するものの喩えです。 ☆「枷」は、刑具の一つで、首や手足にはめて自由に動けないようにするもの。※Yahoo知恵袋
◎キネマ(kinema)   映画を意味するキネマトグラフの略。※ウイキペディア
◎余日(よじつ)  1 ある期日までに、残っている日数。残りの日数。「―いくばくもない」2 その日以外の日。ほかの日。他日。※コトバンク
posted by hidamari at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

有為転変(ういてんぺん)

 この世のすべての存在や現象は、さまざまな原因や条件によって常に移り変わるものであり、少しの間もとどまっていないこと。また、この世が無常で、はかないものであるたとえ。▽もと仏教語。「有為」は因縁(原因や条件)によって生じたこの世の一切の現象。※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。
 
 以下今日のことば
◎臣(おみ)  ヤマト王権で使われていた姓(かばね)の一つで、姓の中では連(むらじ)と並んで高位に位置していた。 ※ウイキペディア
◎画架(がか)  ⇒ イーゼル
◎いしぼとけ(石仏)  1 石でつくった仏像。せきぶつ。2 感情を動かさない人。また、非常に口数の少ない人。「木仏(きぶつ)金仏(かなぶつ)―」 ※ goo辞書
◎黎明(れいめい)  1 夜明け。明け方。2 新しい事柄が始まろうとすること。また、その時。※goo辞書
◎馬印(うまじるし)  戦国時代の戦場において、武将が己の所在を明示するため馬側や本陣で長柄の先に付けた印。馬標、馬験とも書く。※ウイキペディア
◎フリーランサー(freelancer)  自由契約者。一定の会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約するジャーナリストや俳優・歌手など。フリー。フリーランス。 ※ goo辞書
◎オダをあげる  「おだ」は「お題目」の略と言われる。「あげる」は「声を上げる」と同じ意味で、「おだをあげる」はお題目を唱えること。相手をかまわずお題目を唱えることから、勝手な熱を吹くという意味になったとされる。昭和初期のころから使われ出したとされる。※語源由来辞典
◎ガウディ  アントニ・ガウディは、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ期のバルセロナを中心に活動した。サグラダ・ファミリア・グエル公園・ミラ邸をはじめとしたその作品はアントニ・ガウディの作品群として1984年ユネスコの世界遺産に登録されている。※ ウィキペディア
◎伊万里焼(いまりやき)  有田(佐賀県有田町)を中心とする肥前国(現代の佐賀県および長崎県)で生産された磁器の総称。製品の主な積み出し港が伊万里であったことから、消費地では「伊万里焼」と呼ばれた。※ウイキペディア
◎薔薇戦争(ばらせんそう)  百年戦争終戦後に発生したイングランド中世封建諸侯による内乱。1455年から1485年の30年間にわたって「赤ばらランカスター家」と「白ばらヨーク家」とが王位をめぐって争った。※ウイキペディア
◎足摺り(あしずり)  (怒ったり,嘆いたりして)じだんだを踏むこと。※コトバンク
◎護符(ごふ)  各種の災厄をよけ,幸運をもたらすと信じられている物体のことで,呪符ともいう。※コトバンク
◎ジオラマ(仏:diorama)  展示物とその周辺環境・背景を立体的に表現する方法で、博物館展示方法の一つである。
◎ラサ  吐蕃時代の7世紀に成立したチベットの古都。※ウイキペディア

☆ただいま諫早地域は豪雨と雷ですごい状況。恐くてたまらない。停電になりませんように!
posted by hidamari at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

自家撞着(じかどうちゃく)

 同じ人の言動や文章などが前後で矛盾していること。自分で自分の言行に反することをすること。▽「自家」は自分、自分自身のこと。「撞着」は突き当たること。矛盾すること。※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。恥ずかしながら初めて聞くことばだった。

 以下今日のことば
◎ロココ(Rococo)  18世紀ルイ15世統治下のフランスを中心に、欧州各地を席巻した優美な装飾様式。「ロカイユ(小石や貝殻などで装飾した人工の洞窟(どうくつ)」が語源で、曲線を多用した装飾性の高い形体、明瞭かつ軽快な色彩、優雅でありながら甘美性も備わる表現、雅宴画と呼ばれる独自の絵画様式などが特徴として挙げられる。
◎一頓挫(いちとんざ)  順調に運んできた物事の勢いが、中途で急にくじけてしまうこと。いっとんざ。「計画に―をきたした」 ※ goo辞書
◎セグメント(segment)  部分、断片、分割する、などの意味を持つ英単語。全体をいくつかに分割したうちの一つ。※ IT用語辞典
◎姑息(こそく)  姑息の「姑」は「しばらく」、「息」は「休息」の意味。 「しばらくの間、息をついて休む」ところから、姑息は「その場しのぎ」の意味となった。※語源由来辞典
◎マトン( Mutton)は、メスまたは去勢されたオスのうち永久門歯が2本以上の羊、またはその肉。生後1年以上の羊。※ウイキペディア
◎破風(はふ)  日本の伝統的建築様式において、切妻や入母屋などにできる、妻側の三角形部分の造形を言う。※ウイキペディア
◎白河夜船(しらかわよふね)  京都に旅行へ行ったと嘘をつく人が、この白河(白川)の地について聞かれ川のことだと思い、夜に船で通ったのでよく知らないと答え、嘘がばれたという逸話から、熟睡して前後を知らないことを白河夜船(しらかわよぶね・しらかわよふね、白川夜船とも)という。※ウイキペディア
◎タブロイド(Tabloid)   新聞判型のひとつである。一般紙の半ページの大きさ。※ウイキペディア
◎ハイツ(Heights)  元は「高台」。高台にある集団住宅。また、集合住宅・住宅団地などにつける呼び名。※コトバンク
◎帝都(ていと)  「帝国(Empire)」の都。皇居のある都。皇都。帝京。戦前の東京。※コトバンク
◎タイガ  山地の針葉樹林帯をさすロシア語。転じてシベリアおよびロシア平原北部を占める広大な亜寒帯林をいう。※コトバンク
◎メダイヨン[medaillon]   1 アクセサリーの一種で、写真などを入れて首から下げるペンダントのこと。ロケット。また、大型のメダル。2 レースなどに見られる円形・卵形・六角形などの模様のこと。※コトバンク
◎彼我(ひが)  かれと、われ。相手と自分。あちらとこちら。「―の力量の差」 ※ goo辞書
◎賂(まいない)  神への捧げ物や人に贈る金品。また、賄賂(わいろ)をいう。 ※ goo辞書
◎烙印(らくいん)  鉄製の印を焼いて物に押しあてること。また、その跡。刑罰として、罪人の額などに行った。――烙印を押されるとは―ぬぐい去ることのできない汚名を受ける。また、周囲からそういうものとして決めつけられる。「裏切り者の―◦れる」 ※ goo辞書
◎琴線に触れる(きんせんにふれる)  《琴線は、物事に感動しやすい心を琴の糸にたとえたもの》良いものや、素晴らしいものに触れて感銘を受けること。「心の―・れる」※ goo辞書
posted by hidamari at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

言語道断(ごんごどうだん)

 言葉に表せないほどあまりにひどいこと。とんでもないこと。もってのほか。もと仏教の語で、奥深い仏教の真理や究極の境地は言葉では言い表せない意から。▽「言語」は言葉に出して表すこと。「道断」は言うことが断たれること。※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば
 毎回その日(日曜日)の朝、全部解答出来るのだが、今回1文字の枠がまだ分からないので、もやもやしている。その縦横のヒントが、トンチなので、言っている意味が分からない。逆立ちしたら食品、逆立ちしたら人間で「マ」のつく2文字。一体何のこと?お手上げだ!

 以下今日のことば
◎助(すけ)  1 助けること。手伝うこと。また、その人。「貴様だったろう、爺の―をして遣ったのは」〈木下尚江・良人の自白〉2 芝居・演芸などで、応援出演する人。また、ある人の代わりに出演する人。代演。. ※ goo辞書
◎マガキ(真垣)  海辺の家に暴風よけに作られた竹の壁。
◎BRICs  近年、高い経済成長を続けるB(ブラジル)・R(ロシア)・I(インド)・C(チャイナ=中国)の4カ国を表す(最後のsは英語で複数形を表すs)。
◎一顧(いっこ)  ちょっと振り返って見ること。ちょっと心にとめてみること。一考。「―だにしない」※コトバンク
◎学徒出陣(がくとしゅつじん)  学徒出陣(がくとしゅつじん)とは第二次世界大戦末期の1943年(昭和18年)に兵力不足を補うため、高等教育機関に在籍する20歳以上の文科系(および農学部農業経済学科などの一部の理系学部の)学生を在学途中で徴兵し出征させたことである。※ウイキペディア
◎嫌気(いやけ)  1 嫌だと思う気持ち。気の進まないこと。いやき。「煮えきらない相手に―を起こす」2 相場が思うとおりに動かなかったり、悪い情報が出たりして生じる悲観的な気持ち。※コトバンク
◎祇園会(ぎおんえ)  「 祇園祭(ぎおんまつり) 」に同じ。
◎ウインブルドン(Wimbledon)  英国、ロンドン南西部の地名。全英テニス選手権大会の開催地。→ウィンブルドンテニス大会. ※ウイキペディア
●●●逆立ちしたら食品、逆立ちしたら人間●●●
コメントで「あわてんぼう」さんから解答をもらいました。
●●●「胡麻」「孫」でした●●●
有難うございました。これで眠れます。
posted by hidamari at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

気散じ(きさんじ)

 1 心の憂さをまぎらすこと。また、そのさま。気ばらし。「近郊の遊覧地へ―な一日を暮しに行った」〈芥川・秋〉2 気苦労のないこと。また、そのさま。気楽。※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎治水工事(ちすいこうじ)  河川で行う改良工事。治水対策の一つ。河道の浚渫・拡張などにより水流を円滑にし、築堤を行うことで河川の氾濫などを防ぎ、運輸・灌漑の効率性をあげることを目的とする。※ウイキペディア
◎レプリカ  複製品や模造品のことで、英語の"replica"からきたカタカナ語である。※日本語俗語辞書
◎ロハス(LOHAS)   (Lifestyles Of Health And Sustainability) - 健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイル。
◎アントルメ entremets (フランス語)  お菓子用語。 西洋料理で,食事の最後に出される甘い菓子や果物。※weblio辞書
◎モア(Moa)  ニュージーランドにかつて生息していた鳥類で、ダチョウ目モア科に属する構成種の総称。現在ではすべてが絶滅した。恐鳥とも言う。 哺乳類が生息していなかったニュージーランド島において、6属10種以上に進化して独自の繁栄を遂げていた。※ウイキペディア
◎砂子(すなご)   1 砂。いさご。まさご。2 金銀の箔を細かい粉にしたもの。蒔絵(まきえ)・色紙(しきし)・襖紙(ふすまがみ)などの装飾に用いる。※コトバンク
◎沈黙は金、雄弁は銀  イギリスの思想家・歴史家のトーマス・カーライルの『衣装哲学』にあることば。※故事ことわざ辞典
◎水は方円の器に従う  四角い器に水を入れれば水も四角い形になり、丸い器に水を入れれば水も円形になる。転じて、人も環境や付き合う人物いかんで良くも悪くもなるということ。「方」とは四角のことで「円」とは円形のこと。孔子の言葉。※故事ことわざ辞典
◎一言半句(いちごんはんく)  ほんの少しの言葉。ちょっとした言葉。ひとこと。▽「言」は「げん」とも読む。 ※ goo辞書
◎インバネス(Inverness)   19世紀の男子洋服コート。袖の代りにケープが付く。名はスコットランドの都市インバネスにちなむもので,幕末に洋服をとり入れた日本でもこれが着用され,その形から鳶(トンビ)と呼ばれた。※コトバンク
posted by hidamari at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

意趣返し(いしゅがえし) 

 恨みを返すこと。しかえし。復讐(ふくしゅう)。「明日学校で―されると云う恐れがあるので」〈谷崎・少年〉 ※ goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出たことば。
 初めて聞いたことば。辞書で調べてもピンとこない。小説等の中でも聞いたことがないことば。いつ頃出来たことばなんだろう?

 以下今日のことば
◎ポリネシア(Polynesia)  太平洋の島々のうち,北はハワイ,南はニュージーランド,東はイースター島を頂点とする一辺およそ8000kmの巨大な三角形に含まれる島々の総称。ポリネシアという言葉は,元来ギリシア語で〈多数の島々〉を意味する。
◎錬士(れんし)  意味や解説。全日本剣道連盟が授与する称号の一。教士の下位。六段以上の者を対象に、審査会の議決を得て授与される。→教士 →範士 ※goo辞書
◎アペリテイフ(Apéritif)  フランス語。食前酒(しょくぜんしゅ)。食事の前に飲む酒のこと。
◎草いきれ(くさいきれ)  生い茂っている草が発する、むっとするような熱気。「いきれ」は「熱れ」と書き、熱気でむっとする意味の動詞「いきれる(熱れる)」の名詞形で、蒸されるような熱気を意味する。※語源由来辞典
◎リント(lint)  起毛加工したリンネルや綿布など。包帯・湿布などに用いる。リント布(ふ)。 ※ goo辞書
◎リカー(liquor)  アルコール分の強い蒸留酒。また、酒類の総称。「ホワイト―」「―ショップ」 ※ goo辞書は
◎二番煎じ(にばんせんじ)   薬草・茶などで、一度煮出したものを、再び煮出すこと。また、煮出したもの。 そこから転じて、以前にあったものの模倣や繰り返しで、変わり映えのしないもの。※ウイキペディア
posted by hidamari at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

電源三法(でんげんさんぽう)

 以下の三法のことである。
• 電源開発促進税法
• 特別会計に関する法律(旧 電源開発促進対策特別会計法)
• 発電用施設周辺地域整備法
電源三法による地方自治体への交付金は電源三法交付金(でんげんさんぽうこうふきん)と呼ばれる。※以上ウイキペデイア
今回クロスワードパズルに出たことば。恥ずかしながら初めて知ったことばだった。

以下今日のことば
◎スカリ(晶洞)   鉱床や岩石中の空洞。普通,内部に鉱物の自形結晶が並んでいるものをいう。※コトバンク
◎鼓舞(こぶ)   [名](スル)《鼓(つづみ)を打ち、舞(まい)をまう意から》大いに励まし気持ちを奮いたたせること。勢いづけること。鼓吹(こすい)。「士気を―する」 ※ goo辞書
◎田中正造  日本の政治家。日本初の公害事件と言われる足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家として有名。※ウイキペディア
◎瓦版(かわらばん)  江戸時代、天変地異や大火、心中など時事性の高いニュースを速報性を以って伝えた情報紙のこと。 妖怪出現など(例として大猫参照)、娯楽志向のガセネタもある。街頭で読み上げながら売り歩いたことから、読売(讀賣)ともいう。※ウイキペディア
◎随時(ずいじ)  ( 副 ) @ 好きな時いつでも。 「 −利用できる施設」 A その時々。 「欠員が生じれば−補う」 ※日本語表現辞典
◎キウイ(Kiwi)  ニュージーランドに生息する飛べない鳥類である。キーウィー、キウィ、キウイとも表記する。※ウイキペディア
◎弁理士(べんりし)  産業財産権等に関する業務を行うための国家資格者または国際資格者(欧州特許弁理士などの場合)をさす。※ウイキペディア
◎ラフプレー  スポーツで、通常のぶつかり合いを超えた乱暴なプレー。◇反則にならないぎりぎりの程度で行うことがある。※コトバンク
◎一子相伝(いっしそうでん)  学問や技芸などの秘伝や奥義を、自分の子供の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないこと。▽「相伝」は代々伝えること。 ※ goo辞書
◎遺著(いちょ)  1 後世にのこされた著書。2 著者の死後に出版された著作。 ※ goo辞書
◎燐火(りんか)  墓地や湿地で発生する青白い火。人魂(ひとだま)。鬼火。狐火(きつねび)。 ※ goo辞書
◎詩碑(しひ)  詩を刻み込んだ石碑。 ※ goo辞書
◎補遺(ほい)  もれたりした事柄をあとからおぎない加えること。また、そのもの。「全集の―編」 ※ goo辞書
◎竹林の七賢(ちくりんのしちけん)   中国,三国魏(220年―265年)の末期,河南省北東部一帯の竹林で,しばしば集まって,清談(せいだん)を行った7人の賢人。日本では竹林の七賢というと、現実離れしたお気楽な発言をする者の代名詞となっている。※ウイキペディア
◎韻を踏む(いんをふむ)   詩句の一定の所に同韻の字をおく。韻を押す。押韻(おういん)する。 ― 韻を踏むペンより弱い剣 ― ※コトバンク
◎手暗がり(てくらがり)  自分の手に光が遮られて手元が暗くなること。また、その場所。 ※ goo辞書
◎噴出(ふんしゅつ)  [名](スル)狭いところから強い勢いでふき出すこと。また、ふき出ること。「火口から水蒸気が―する」ふんしゅつがん【噴出岩】⇒火山岩 ※ goo辞書
posted by hidamari at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

下戸(げこ) 

 律令制で「大戸・上戸・中戸・下戸」と呼ばれる四等戸の最下級である。 「戸」は課税の最小単位で、家族の人数や資産によって四等戸が決められていた。 婚礼時の酒の量が、上戸は八瓶、下戸は二瓶であったことから、酒が飲めない人を「下戸」と呼ぶように なった。※語源由来辞典
 今回のクロスワードパズルに出たことば。
 よく使うことばだが、ひと様に使うのは失礼なことだと初めて知った。

 以下今日のことば
◎屈指(屈指)  多くの中で、特に数え上げるに値するほどすぐれていること。指折り。5本の指に入っている。※ goo辞書
◎使徒(しと)   狭義にはイエス・キリストの12人の高弟を指すが、それに近い弟子(パウロ、七十門徒など)にもこの語が用いられることがある。広義には、重要な役割を果たしたキリスト教の宣教者(「遣わされた者」)および、その宣教者の称号。※ウイキペディア
◎徳俵(とくだわら)  相撲の土俵で、東西南北の中央に切れ目を作り、円の外側に一俵ずつ、ずらして置いてある俵。 ※ goo辞書
◎カフ(cuff)  1 服やワイシャツの袖口。カフス。2 血圧測定時に上腕に巻いて用いる、細長い袋状の布。血管を圧迫して血流を調整するために空気を送り込んで膨らませることができる。マンシェット。 ※ goo辞書
◎口寄(くちよせ)  シャーマン(巫者)が超越霊の憑依(ひようい)をうけて自我喪失の形で発する言葉,またはそうした呪儀を行う宗教職能者をさす。※コトバンク
◎ICOCA(イコカ)  西日本旅客鉄道(JR西日本)が発行し、JR西日本・近畿日本鉄道(近鉄)・京阪電気鉄道(京阪)・四国旅客鉄道(JR四国)が発売するサイバネ規格のICカード乗車券である。※ウイキペディア
◎誹り(そしり)  悪口。非難
◎毀誉褒貶(きよほうへん)  ほめたりけなしたりすること。そしりとほまれ。また、ほめたりけなしたりする世評。世間の評判。▽「毀」「貶」はともに、そしること、けなすこと。「誉」「褒」はともに、ほめること。 ※ goo辞書
◎葦(よし)の髄(ずい)から天井(天井)を除く  細い葦の茎の管を通して天井を見て、それで天井の全体を見たと思い込むこと。自分の狭い見識に基づいて、かってに判断することのたとえ。 ※ goo辞書
◎触手(しょくしゅ)を伸ばす   〔よくない意味で言う〕 自分のものにしようとして近づく。※三省堂
posted by hidamari at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

叩き上げ(たたきあげ)

【意味】苦労を重ねて腕を磨き一人前になった人のこと。
【語源】「三和土(タタキ)」を作る時、生半加な叩き方ではいい土間が完成しなかったことから生まれた。※建築用語解説
 今回のクロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎いたちごっこ  いたちごっこは、江戸時代後期に流行った子供の遊び。
二人一組となり、「いたちごっこ」「ねずみごっこ」と言いながら相手の手の甲を順につねっていく。両手が塞がったら一番下にある手を上に持っていき、また相手の手の甲をつねるという終わりの無い遊びなので、転じて「埒があかず、きりがない」ことも指すようになった。現在では双方が同じことを繰り返して物事の決着がつかないことをいう。
◎マリーン(marine)  米国海兵隊員。→マリン ※ goo辞書
◎デュオ(Duo)    英語で使われるduoは、元々ギリシャ語で2を意味する言葉が語源である。 二人組の事。人間が組織で活動する際の最小単位であり、様々な分野で見られる。 ポピュラーソングの分野における同性二重唱。男女二重唱をデュエットと呼ぶ。※ウイキペディア
◎ラム・マトン   「ラム」は生後1年未満の仔羊のことで、「マトン」より臭みが少なく、味にもくせがない。 「マトン」は生後2年以上から7年位までの成長した羊肉ので、牧草くさい特有のにおいがする。
◎テレコ   「手を加える」という意味の「手入れ」に、接尾語の「こ」が付き変化した語。 元は、歌舞伎で二つの異なる筋を一つにまとめ、多少の関連をもたせて一幕おきに交互に展開することを「てれこ」と言った。 そこから転じて、互い違いになることを「てれこ」と言う。※語源由来辞典
◎頭ごなし(あたまごなし)   相手の言い分を聞かず、最初からきめつけた態度をとること。「―にしかりつける」  ※ goo辞書
◎ラタン(RATTAN)   籐(ラタン)は東南アジアを中心に熱帯雨林地域のジャングルに自生するヤシ科の植物で、日本名で「籐(とう)」と呼ばれる、200種以上ある植物の総称。
◎糊口(ここう)   《粥(かゆ)を口にする意》ほそぼそと暮らしを立てること。生計。よすぎ。くちすぎ。「―の道を閉ざされる」「一家の―のために働かなけやならないような」〈三重吉・小鳥の巣〉糊口を凌ぐやっと暮らしを立てていく...  ※ goo辞書
◎醜女(しこめ)   1 容貌(ようぼう)のみにくい女。しゅうじょ。2 黄泉(よみ)の国にいたという、容貌のみにくい女の鬼  ※ goo辞書
◎土気色(つちけいろ)   土のような色。生気を失った人の顔色などにいう。つちいろ。  ※ goo辞書
◎主婦の年収103万、130万、141万の壁   103万⇒給与所得控除額(65万)+基礎控除額(38万)所得税非課税額  130万⇒配偶者の社会保険の扶養家族になれる額  141万⇒配偶者特別控除(76万)+給与所得控除額(65万円)を受けられる額  ※1番大きな壁は130万円(社会保険)だと、私は思う。所得税より社会保険料を払う方が大きいから。
posted by hidamari at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

随喜の涙(ずいきのなみだ)

 心からありがたく思ってこぼす涙。ありがた涙。
 随喜の用語解説 - [名](スル)1 仏語。他人のなす善を見て、これに従い、喜びの心を生じること。2 ありがたく思い、大いに喜ぶこと。※コトバンク
 今回、クロスワードパズルに出たことば。初めて聞くことばと思ったら、仏教用語だった。

以下今日のことば
◎瓦解(がかい)  一部の瓦(かわら)のくずれ落ちることが屋根全体に及ぶように、ある一部の乱れ・破れ目が広がって組織全体がこわれること。「汚職から政権が―する」※コトバンク
◎摩耶(マヤ)  《(梵)My》釈迦牟尼(しゃかむに)の生母。カピラ城主浄飯(じょうぼん)王の妃。出産のため実家に帰る途中藍毘尼園(らんびにおん)で釈迦を生み、7日後に没したという。死後、利天(とうりてん)に生まれたともされる。摩訶摩耶。※コトバンク
◎グリークラブ  もともと、イギリスで17世紀中ごろに発祥した「グリー」と呼ばれる音楽ジャンルを歌う団体であった。このジャンルは原則として、3声以上の無伴奏、ホモフォニックな男声合唱曲を指す。※ウイキペディア
◎鯖江市(さばえし)  福井県鯖江市はメガネフレームを90%以上製造しているので知られている。
◎巧み(たくみ)  1 細工師・大工など、手先や道具を使って物を作る職人。工匠。「飛騨の―」2 技巧や意匠。「―を凝らす」3 美しいものを作りだすわざやはたらき。※コトバンク
◎ソネット(十四行詩、Sonnet)  14行から成るヨーロッパの定型詩。ルネサンス期にイタリアで創始され、英語詩にも取り入れられ、代表的な詩形のひとつとなった。※ウイキペディア
◎谷町(たにまち)   大相撲で、力士のひいき筋・後援者のこと。明治の末ごろ、大阪谷町筋4丁目の相撲好きの外科医が相撲取りからは治療代を取らなかったところからいう。※コトバンク
◎シルクスクリーン  孔版画の技法の一種であり、インクが通過する穴とインクが通過しないところを作ることで版画の版を製版し、印刷する技法である。シルクを使うかどうかにかかわらず、孔版画の技法のうちメッシュを使うものは全て、この項目で説明する。※ウイキペディア
◎臍を噛む(ほぞをかむ)  どうにもならないことを悔やむ。後悔する。 自分の臍をかもうとしても、口が届かないところから転じたことば。「臍」は、へそのこと。※ことわざデータバンク
posted by hidamari at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

都市伝説(としでんせつ)

 英( urban legend)とは、近代あるいは現代に広がったとみられる口承の一種である。大辞林 第二版には「口承される噂話のうち、現代発祥のもので、根拠が曖昧・不明であるもの」と解説されている。例:ツチノコ ※ウイキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎右顧左眄(うこさべん)   右を見たり左を見たりして、ためらい迷うこと。また、まわりの情勢や周囲の思惑・意見を気にして、なかなか決断できないでいること。▽「顧」は気にかけて振り返る、気になって見る意。「眄」は気にかけて流し目でちらりと見ること。※四字熟語辞典
◎学理(がくり)  学問上の理論または原理。goo辞書
◎鯱立ち(しゃちほこだち)  1 さかだち。しゃっちょこだち(日本の城の屋根飾りに例えて)。2 全力を尽くすこと。しゃっちょこだち。「―しても追いつかない」 ※goo辞書
◎図体(ずうたい)  からだ。なり。大きいからだをさしていうことが多い。※ goo辞書
◎風媒花(ふうばいか)  花粉媒介を風に頼る形の花のことである。目立たない花をつけるものが多い。※ウイキペディア
◎勲(くん)  1 国に尽くしたりっぱな功績。手柄。いさお。「勲位・勲功・勲章/偉勲・殊勲・戦勲・武勲」2 手柄をたてた人。※コトバンク
◎渡洋(とよう)  海を渡って外国へ行くこと。(英)going abroad  「渡航」「渡洋」ともに、船、航空機の両方に使うが、「渡航」は、一般的に用いられるのに対して、「渡洋」は、文章語。※goo辞書
◎寛永寺(かんえいじ)  東京都台東区上野桜木一丁目にある天台宗関東総本山の寺院。山号は東叡山(とうえいざん)。東叡山寛永寺円頓院と号する。開基(創立者)は徳川家光、開山(初代住職)は天海、本尊は薬師如来である。※ウイキペディア
◎たおやめ(手弱女)  たおやかな女性。なよなよと優美な女性。たわやめ。⇔益荒男(ますらお)。※goo辞書
◎ホースラディッシュ  (horseradish、学名:Armoracia rusticana)は、アブラナ科の耐寒性の多年草。和名はセイヨウワサビ(西洋山葵)。 別名にワサビダイコン、レフォール(レホール)、ウマワサビ、西洋ワサビ、英名の直訳でウマダイコン。※ウイキペディア
posted by hidamari at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

布川俊和さんと、つちやかおりさんのこと

 昨日のワイドショーで、マスコミの前でのお2人の会見を聞いた。
 そもそも私は何の会見か全く知らなかった。
 みると、週刊誌に、つちやかおりさんが、夫ではない男性との手繋ぎツーショットが掲載されたことに対してのものだった。
 もう一つは、それを知った夫の布川敏和さんのものだった。
 
 わたしはたまたま、つちやかおりさんの会見を見たのだが、そのしっかりしたトークにちょっと感動してしまったのである。
 なぜなら、もともと彼女の存在はフッ君の奥さんとして最近知ったような感じの人だったし、結婚前の彼女が、頭がよかったのか、しっかりものだったのか、ガンバリ屋さんだったのか、はたまた、ちょっとかわいいだけの単なるアイドルだったのか、全く知らなかったから、今回も我がまま妻のしょうもない不倫の謝罪会見かと思っていたからである。
 確かに、不倫の謝罪会見には違いないのに、なぜ私は感動したのだろうか。
 それは、彼女が、いわゆる普通の常識的な女性なのだということが私の感覚に伝わったからだろう。
 彼女は今の心境を素直にことばにしていた。その表現が実に上手いと思った。
 妻であり母である彼女、他の男性に心をときめかせるなんて思いもしなかったはず、なぜなら無意識にそんな感情はオフにされていたのだ。
 ところが、度重なる夫の理不尽な行動に、ついにプッツンしてしまったのだろう。
 女が、もう夫とはやっていけないと決心すると、またも無意識にそのオフの感情がオンに変わるのだろう。
 完全に吹っ切れたのか、彼女の顔は晴れ晴れとしていた。とても49歳とは思えない。人生これから、という感じで輝いていた。
 一方、フッ君の会見、興味津津で見た。
 「逃した魚は大きかったね」、と同情を買うような会見だった。
 いくらあがいても、時既におそし… かな?
 トークも完全に妻に軍配が上がったような。
posted by hidamari at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

フロンティアスピリット

【frontier spirit】開拓者精神。特に米国の西部辺境における開拓者たちの精神。剛健・忍耐・創意、また闘争性・現実性・利己性などを特色とする。※ goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎チェンバロ(独: Cembalo, 伊: clavicembalo)  鍵盤を用いて弦をプレクトラムで弾いて発音させる楽器で、撥弦楽器(はつげんがっき)、または鍵盤楽器の一種に分類される。英語ではハープシコード (harpsichord)、フランス語ではクラヴサン (clavecin) という。ピアノの「ようなもの。※ウイキペディア
◎サイタラ節(斎太郎節)  宮城県民謡♪松島のサーヨー……。
◎ドーハ  カタール(中東・西アジアの国家。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国)の首都。
◎べ平連  〔「ベトナムに平和を!市民連合」の略〕 1965年(昭和40)ベトナム戦争に反対する無党派市民により組織された反戦運動団体。74年解散。※コトバンク
◎意見広告(いけんこうこく)  個人や団体が、政治的・経済的・社会的・国際的な問題や論争となっている事柄について、自身の主義・主張・意見を訴え、理解や賛同を得るために行う広告。※コトバンク
◎蓋然的(がいぜんてき)  ある事柄が起こりうると考えられるさま。ある程度確かであるさま。「―な結末」 ※ goo辞書
◎開祖(かいそ)  1 ある宗教を新たに開始した人。また、新たな宗派を開始した人。2 学問・芸能などで、一流派のもとを開いた人。※コトバンク
◎唯々諾々(いいだくだく)   物事の善悪・価値を深く考えることなく、簡単に相手の意見に従って言いなりになってしまうこと。※goo辞書
◎高句麗(こうくり)  百済(ペクチェ、くだら)・新羅(シルラ、しらぎ)と並んで朝鮮三国の一つとして知られる高句麗(コグリョ、こうくり)は、古代東アジアの大国だった。※ウイキペディア
◎嵩高(かさだか)  1 分量や体積が大きいさま。かさばるさま。「―な荷物」2 高圧的で横柄なさま。「―な口のきき方」3 大げさなさま。※コトバンク
◎まつかぜ(松風)  1 松に吹く風。松籟(しょうらい)。2 茶の湯で、釜の湯の煮え立つ音。3 和菓子の一。小麦粉に砂糖を加えて溶き、平たく焼いて、表に砂糖液を塗りケシ粒やゴマを散らしたもの。※goo辞書
◎ホテイアオイ(布袋葵、学名:Eichhornia crassipes)  単子葉植物ミズアオイ科に属する水草である。南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する。花が青く美しいので観賞用に栽培される。別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。※ウイキペディア
posted by hidamari at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

横向き枕

 横向き枕.jpg
 かつて働いていた頃、私は睡眠に飢えていた。だから寝るのが何より楽しみだった。
 実家に帰っても、姉の家に行っても、何はともあれ横になって寝ていた。
 ところが、いつの頃か、寝るのが苦痛になった。
 仰向けで手足を真直ぐに延ばして寝るのが私の寝相なのだが、それが今ではとても息苦しい。
 しかも、寝初めに必ず咳が出る。
 それで、仕方なく横向きになる。
 すると、咳はなんとか止まるが、寝心地が悪い。しかも、顔に寝しわができ、朝起きてもなかなかとれない。
 そんな時、生協の商品案内書で、横向き枕を見つけた。
 これ、いいかも!と思った。
 で、すぐに購入した。
 思ってた以上に、寝心地いいかも!
 今のところ、気にいっている。
posted by hidamari at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

マタギ

 東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う者を指す。一般にはクマ猟師として知られるが、獲物はクマだけではなく、アオシシカモシカ、ニホンザル、ウサギなども獲物とした。※ウイキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
◎差配(さはい)  1 とりあつかうこと。世話をすること。また、指図すること。2 手分けして事務をとりあつかうこと。3 所有主の代わりに貸地・貸家などの管理をすること。また、その人。※コトバンク
◎高群 逸枝(たかむれ いつえ)  1894年(明治27年)1月18日 - 1964年(昭和39年)6月7日)日本の詩人・民俗学者・日本の「女性史学」の創設者である。 熊本県下益城郡豊川村南豊崎に、小学校校長であった高群勝太郎の長女として誕生。若い頃より詩人として活躍し、九州新聞などで短歌や詩を発表する。のち、東京にその活躍場所を求めて移転する。※ウイキペディア
◎氏子(うじこ)  一般にはある氏神に属する〈氏子〉というふうに,各神社の祭祀圏を構成する住民や世帯をいう。こんにち神社神道では信者に相当する総称として〈氏子〉を用いる。※コトバンク
◎粗利(あらり)   売り上げ総利益のこと。売上高から売上原価を差し引いた利益。経費などは差し引かれていない。※コトバンク
◎パティシエ(pâtissier)  フランス語で菓子製造人を意味する名詞の男性形。女性形はパティシエール(pâtissière。“e”が追加されて“r”も発音される字となる)となる。ただし、一応パティシエという言葉は、男性、女性の区別なく菓子職人のことを指す。※コトバンク
◎馬蹄(ばてい)  馬蹄とは馬のひづめの下に打ち付ける蹄鉄のこと。
◎疏水(そすい)   @ 灌漑(かんがい)・給水・舟運・発電などのために切り開いた水路。 A (「疎水」と書く)水になじみにくいこと。 親水
◎気脈(きみゃく)  1 血液の通う道筋。2 仲間うちなどでの、考え・気持ちのつながり。※コトバンク
◎不毛(ふもう)  1 土地がやせていて作物や草木が育たないこと。また、そのさま。「―な(の)地」2 なんの進歩も成果も得られないこと。また、そのさま。「―な議論」 ※ goo辞書
●渦(うず)についてはカギに地球にある銀河の形とあった。なんかよく分からなかったが、渦は全て地球の自転によっておこるものらしい。廻り方も北半球と南半球では反対らしい。今まであまり考えないことだった。
posted by hidamari at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

夏炉冬扇(かろとうせん)

 時期はずれの無駄なもののたとえ。また、無用なもの、役に立たない言論や才能などのたとえ。夏の囲炉裏 いろり と冬の扇 うちわ の意から。※ goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出たことばである。

以下今日のことば
◎タリバン  パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義運動の団体。女性に対して動物以下の扱いをするといわれている。
◎炬火(こか)  たいまつの火。また、かがり火。きょか。(炬燵)※ goo辞書
◎ドクトリン(Doctrine)   政治や外交あるいは軍事等における基本原則を言う。元々の意味は「教理」、「教え」、原義は「前提と ... アメリカ合衆国の大統領が明らかにする場合、「大統領の名+ドクトリン」と呼ばれる。※ウイキペディア
◎前門の虎、後門の狼(ぜんもんのとらこうもんのおおかみ)   一つの災難を逃れてほっとする間もなく、またすぐに他の災難に見舞われることのたとえ。※故事ことわざ辞典
◎禁中(きんちゅう)  【禁裏】より …天皇がつねに居住しているところ。禁中,内裏(だいり)も同じ意味である。※コトバンク
◎灰汁が抜ける(あくがぬける)   人の性質・趣味・容姿などに嫌みやあくどさがなくなる。さっぱりして洗練されたものになる。あかぬけがする。※コトバンク
◎ララバイ(lullaby)  子守歌。※ goo辞書
◎差異(さい)  他のものと異なる点。ものとものの違い。※goo辞書
◎負うた子に教えられて浅瀬を渡る(オうたコにオシえられてアサセをワタる)  (背負った子供に浅瀬を教えられて、川を渡ることもあるということから。)自分よりも劣った者や年下の者にも、教えられることもあるということ。※ウィクショナリー

●過去に何回となく出たことばが、今回もあった。負うた子に――も前に出ていたような?
posted by hidamari at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

かぎろい

 @ 東の空に見える明け方の光。曙光(しよこう)。出典万葉集 四八「東(ひむがし)の野にかぎろひの立つ見えて」柿本人麻呂。A「かげろふ(陽炎)」に同じ。[季語] 春. ※ 古文辞書
 今回のクロスワードパズルに出たことば。
 

以下今回のことば
◎陸の王者  慶応義塾大学の応援歌
◎シオマネキ(潮招、望潮)  エビ目(十脚目)・スナガニ科・シオマネキ属 Uca に分類されるカニの総称。オスの片方の鋏脚(はさみ)が大きくなることで知られる分類群である。※ウイキペディア
◎千代(ちよ、せんだい)   1000年のこと。また抽象的に、大変長い年月のこと。※ウイキペディア
◎精(せい)も根(こん)も尽き果てる   精力も根気もすっかり使い果たす。物事をする気力がすっかりなくなる。精根(せいこん)尽き果てる。「険しい登りが続いたので頂上に着いたときには―・てた」※ goo辞書
◎科(しな)を作る   1 なまめかしいしぐさをする。「―・ってにっこり笑いかける」. 2 上品そうなようすをする。体裁を整える。※goo辞書
◎山家(やまが)  山の中にある家。山里の家。また、山村。※goo辞書
◎雷火(らいか)  いなびかり。いなずま。また、落雷によって起こる火災。《季 夏》※ goo辞書
◎Nシステム  自動車ナンバー自動読取装置(じどうしゃナンバーじどうよみとりそうち)とは日本の道路に警察が設置する、自動車のナンバープレートを自動で読み取る装置である。手配車両の追跡に用いられ、犯罪捜査の重大な手がかりとなることもある。※ウイキペディア
◎怠業(たいぎょう)  【サボタージュ】ストライキやボイコットと並ぶ,労働者が行う争議戦術の一つ。※コトバンク

●日曜日、夫が早朝に解答していた。私は暇がなく、今日やっと目を通した次第である。科(しな)を作るなどの漢字を初めて知った。
posted by hidamari at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

「笑っていいとも」最終回

 朝、新聞の番組欄を見た。
 「笑っていいとも終」と載っていた。胸がキュンとなった。
 思えば私は「笑っていいとも」を友に育ってきた。
 概ね欠かさず観ている。
 お勤めをしている時も観られたのは、お昼休みの時間帯だったこと。後半は、ビデオが普及したことだろう。
 この番組に出会ったのは、勤務先が島原の時だった。最初の頃は、長崎地区は午後4時台だったので、存在を知らなかった。ある時から、リアルタイムのお昼休み時間になった。お昼ごはんを、家に帰ってとっていた若い女性同僚がいた。
 ある時、彼女は、お昼休みを終えて職場に戻ると、私に向かって「ピザって10回言ってみて」と言った。私がその通りにすると、「じゃあここは?」と、肘を指した。思わず「膝」と答えた。
 今、このようなクイズ番組が花盛りだが、はしりは全て「笑っていいとも」だったような。
 三面記事やスキャンダル、ゴシップばかりを取り上げるワイドショーが全盛の中、遊びとゲームだけの番組に、心が和み、癒された。
 島原勤務5年間、私はある時から、家に帰って昼食をとった。テレビを観るため。
 その後、勤務箇所が長崎市内になってからは、テレビのある部屋で、女性職員たち皆で観た。
 今でも、その楽しかった状況をよく思い出す。
 テレフォンショッキングの出場者が前日紹介されているのに、その日、誰が来るのか誰も思い出せないことがよくあった。そんなことも思い出した。
 無名のお笑い芸人が、ここを登竜門として、数多く輩出された。
 
 沈まぬ太陽はない。
 でも、やっぱ寂しいなあ〜。
 今日、最後、タモリさんを見て、少し泣いた。
posted by hidamari at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

破天荒(はてんこう)

 前人のなしえなかったことを初めてすること。また、そのさま。前代未聞。未曽有(みぞう)。※goo辞書
 今回クロスワードパズルに出たことば。意外と間違えた意味で使っている人もいるので載せた。

 以下今日のことば
◎ダンディー(dandy)  男性の服装や振る舞いが洗練されていることをいう。 ダンディズム(dandyism)とは、おしゃれ、伊達(だて)に徹する態度 のことをいう。※okwave
◎ゴフン(胡粉)  顔料のひとつ。現在では貝殻から作られる、炭酸カルシウムを主成分とする顔料を指す。かつて中国の西方を意味する胡から伝えられたことから、胡粉と呼ばれる。古くは鉛白(塩基性炭酸鉛)を指した。日本画や日本人形の絵付けに用いられる。※ウイキペディア
◎ゴンタ(権太)  〔浄瑠璃「義経千本桜」の「いがみの権太」から〕 @ ごろつき。 A いたずらっ子。腕白小僧。※ウイキペディア
◎ヘイトスピーチ(hate speech)  「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるものを誹謗中傷する発言。※コトバンク
◎ジキ(自棄)  自分自身に失望してすてばちになること。※goo辞書
◎カシ(河岸)  1 川の岸。特に、船から荷を上げ下ろしする所。2 川岸に立つ市場。特に、魚市場。3 飲食・遊びなどをする場所。4 「河岸見世」の略。※ goo辞書
◎パラダイス(paradise)  1 アダムとイブが住んだというエデンの園。2 キリスト教で、救われた人の行く所。天国。楽園。3 悩みや苦しみのない、楽しい世界。※goo辞書
◎ツキヨノバンバカリジャナイ(月夜の晩ばかりじゃない)   月のない真っ暗な晩には、どこに誰が潜(ひそ)んでいるか分からないから、 精々(せいぜい)気を付けろよということ。 ☆脅しの言葉として用いる。※yahoo japan
◎イチゲンコジ(一言居士)  何事にも、必ず何かひとこと言わなければ気のすまない人のこと。▽「居士」は、もとは出家した僧侶 そうりょ ではなく、在家で仏教に帰依する男子の称。わが国では男子が死んだ後、戒名の下につける称号。※goo辞書
◎スターダム(stardom)  人気スターとしての地位・座。※コトバンク
◎キュウシュ(鳩首)  《「鳩」は集める意》人々が寄り集まって、額をつきあわせて相談すること。※コトバンク
◎シュンショウイッコク(春宵一刻)値千金  《蘇軾「春夜」から》花は香り、月はおぼろな春の夜の一時は、まことに趣が深く、千金にも換えがたい。 ※ goo辞書
posted by hidamari at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする