2014年03月26日

「笑っていいとも」火曜日最終回

 私は「笑っていいとも」を毎日録画して観ている。
 なぜ、リアルタイムで観ないかというと、コマーシャルの時間がもったいないというのもあるが、夫が「こんなバカみたいな番組を、バカみたいに大声で笑ってみていると、バカになるぞ」と言って、すぐに自分の好きなサスペンスドラマにチャンネルを替えるからである。
 何と言われようと、私は「笑っていいとも」大好き!
 で、今日観たのは、昨日放映分。
 火曜日レギュラー陣が、テレフォンショッキング形式で次々に登場して、タモリさんに願いごとをした。
 その中で設楽さんと澤部さんの願いに対して、タモリさんがしきしに書いた一字がとても心に残った。
 それはひらがなの「い」。
 何かいい言葉をメッセージとして欲しい!とか、子供の名前を付けて欲しい!
 という願いに対して、「い」なんて、最初は悪ふざけだと思った。
 でも、声に出して「い」と言ってみて、私には分かったような気がしたのである。
 毎朝、タモリさんのしきしを見て、「い」と言う。何と、笑顔になるのだ。
 もしかしたら、毎日笑顔を忘れないで、というメッセージではないのだろうか。
 だとすれば、これは「深イイ話し」では。
 でも澤部さんの子供の名前は?
 本音を言わないが、根は心豊かなタモリさん、悪ふざけをしたとは思えないのだが…
posted by hidamari at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

鶴亀算(ツルカメザン)

今回、クロスワードパズルに出たことば
※中国の数学書『孫子算経』にある、「雉兎同籠」(キジとウサギの数を求める問題、現在は「鶏兎同籠」と呼ばれている)が始まりとされる。それが江戸時代におめでたい動物とされるツルとカメに置き換えられて、この名前になった。
 鶴亀算の例題
 「ツルとカメが合わせて8匹、足の数が合わせて26本であるとき、ツルとカメは何匹(何羽)いるか。ただしツルの足は2本、カメの足は4本である」

鶴亀算は、中学校の数学における連立方程式の初歩的な問題にあたる。一般的に、xをツルの数、yをカメの数、aをツルとカメの個体数の総和、bを足の本数の総和とおくと、
• x+y=8
• 2x+4y=26
の2元1次連立方程式で表される。
※以上ウイキペディア

以下今回のことば
◎バンケットホール  (banquet hall)宴会用広間。[補説]英語で、banquet roomとも。 ※ goo辞書
◎サクラソウゴロウ(佐倉惣五郎)  一族の身命を賭けて藩主の苛政を将軍に直訴した義民 佐倉惣五郎は江戸時代前期、自身の命を賭けて藩主の苛政を将軍に直訴した下総国印旛郡公津村(現在の千葉県成田市台方)の名主だったといわれる人。※歴史くらぶ
◎ギミン(義民)  義民とは、飢饉などで人々が困窮しているときに一揆の首謀者などとなって私財や生命を賭して活躍した百姓のことで、転じて幕末の尊皇攘夷運動において同様に私財を賭して国のために奔走した町民・商人などもこう呼ばれる。 義人とも言うが、江戸時代初期を中心に各地の郷土史には義民伝説が残っている。 ※ウィキペディア
◎テツ(轍)を踏む。   おなじてつをふむ先人が失敗した同じ失敗を繰り返すこと。単に「轍を踏む」とも言う。前の車の車輪跡にはまり込んで、転倒する、という状況に譬えた表現。※日本語表現辞典
◎ワタツミ(海神)  ワタツミ・ワダツミ(海神・綿津見)とは海の神のこと、転じて海・海原そのものを指す場合もある。 「ワタ」は海の古語、「ツ」は「の」、「ミ」は神霊の意であるので、「ワタツミ」は「海の神霊」という意味になる。※ウイキペディア
posted by hidamari at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

貧すれば鈍する(ひんすればどんする) 

 貧乏をすると、毎日その生活のことばかり考えるようになるから、人は知恵や頭の回転が衰えてしまい、賢い人でも愚かになるという意味。 また、暮しが貧しくなれば、心までも貧しくなるものだということ。※故事ことわざ辞典
 今回のクロスワードパズルに出たことば

 以下今日のことば
◎オタメゴカシ(御為ごかし)  表面は人のためにするように見せかけて、実は自分の利益を図ること。じょうずごかし。「―の親切」「―を言う」※ goo辞書
◎サマツ(瑣末/些末)  重要でない、小さなことであるさま。些細(ささい)。「―な事柄」※ goo辞書
◎フソデンライ(父祖伝来)  ふそでんらい先祖代々伝えられてきた物事を指す表現。「父祖伝来の土地」などのように用いられる。「父祖」は父と祖父、転じて先祖代々を示す語。※日本語表現辞典
◎ユニバーサル(universal)  1 一般的であるさま。すべてに共通であるさま。普遍的。「―な考え方」2 宇宙的なさま。全世界的。※goo辞書
◎ウラミ(恨み)コツズイ(骨髄)にテッス(徹す)  《「史記」秦本紀から》恨みが骨のしんまでしみとおる。深い恨みを抱く。※ goo辞書
◎ウタカタ(泡沫)  《「うたがた」とも》1 水面に浮かぶ泡(あわ)。「―の如(ごと)く消える」2 はかなく消えやすいもののたとえ。「―の恋」「―の夢」うたかたびと【泡沫人】はかなく消えてゆく人。人の命や出会いのむなしさを泡にたとえていうことば。 ※ goo辞書
◎ウノメタカノメ(鵜の目鷹の目)  鵜や鷹が獲物を求めるように、熱心にものを探し出そうとするさま。また、その目つき。「―で掘り出し物を探す」 ※ goo辞書
◎フヨウ(芙蓉)の高嶺  富士山の代名詞、雅称(風雅な名前・呼び方)
◎キツリツ(屹立)  1 山などが高くそびえ立つこと。「市街には高層ビルが―している」2 人が動かずに立っていること。※ goo辞書
☆カゴメ(籠目)と六芒星  かごめかごめの歌詞の深い意味をあるウエブで知って驚いた。いつの時代に誰が書いたのか知らないが、とても怖い歌だと思った。でもこれがとても真実だとは思われないが。
posted by hidamari at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

旅人算

 「旅人算」とは2人以上が同じ方向に動いたり、向かい会って動いてきたりしたときの出会うまでの時間や道のりなどを求める問題を解く時使う計算方法。⇒ネズミ算、植木算
 基本の公式 ―― 距離=速度×時間
 今回のクロスワードにでたことば。

以下今回のことば
◎イチル(一縷)  1 1本の糸。また、そのように細いもの。「船は―の黒烟を波上に残し」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉2 ごくわずかであること。ひとすじ。「―の望みを残す」※コトバンク
◎デユーティーフリー(Duty Free)  免税店
◎アゲアシ(揚げ足を取る)   人の言葉じりやちょっとした失敗を取り上げて,相手を責める。⇒言葉尻を捉える。※コトバンク
◎シン(信)を置く  信用する。信じる。※コトバンク
◎シンブンダネ(新聞種)  新聞記事の材料。特に、社会面の記事になるような事件や問題。※コトバンク
◎トウサンンサイ(唐三彩)  中国唐代に作られた軟質陶器。緑・白・黄・茶・赤などのうち、三色の取り合わせで彩色されている場合が多いのでいう。各種容器のほか、男女人物像などがある。※weblio
辞書
◎ドット(dot)  英語で点のこと。
◎キケイ(貴兄)  親しい仲の同輩と後輩に使う文章語。手紙に使う。先輩や目上には「大兄」となる。 学界では同輩と目下を「学兄」という。※yahoo知恵袋
◎ビンチョウタン(備長炭)  木炭(白炭)の一種である。ウバメガシのみを備長炭と呼ぶ向きもあるが、実際は、樫全般のことを言い、青樫等も広く使われる。一般にナナカマドを使ったものを極上品とする。 「備長」は人名で、紀伊国田辺の商人備中屋長左衛門(備長)が販売したことによる。※ウイキペディア
posted by hidamari at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

ノグチゲラ

 野口啄木鳥 (Sapheopipo noguchii)は、鳥綱キツツキ科ノグチゲラ属に分類される鳥類。本種のみでノグチゲラ属を構成する。世界で沖縄本島北部の山原の山岳地帯にのみ生息する、1属1種の日本固有種である。発見者の名前が由来している。野口さんのキツツキ。※ウイキペディア
 今回のクロスワードパズルに出たことば。
 もともと動物、植物には全く知識がない私、キツツキは知っているが、この鳥を初めて知ったので載せた。

 以下今日のことば
◎ユビワ(指輪)物語  (原題:The Lord of the Rings)は、イギリスのJ・R・R・トールキンによる長編小説。妖精や魔法使いが国家を築き、戦争を繰り広げる架空の世界を舞台としたハイ・ファンタジー作品である。※ウイキペディア
◎インカ帝国  ペルー南部のクスコを中心に、15世紀から16世紀にかけて繁栄したインカ族の国。※コトバンク
◎イモ(芋)の煮えたも御存じない  世間知らずの人をあざけりからかっていう言葉。芋が煮えたか煮えないかの区別もわからないほどの、坊ちゃん育ち・お嬢さま育ちという意味。※ことわざ辞典
◎アノニマス(anonymous)   「匿名」を意味する英語。 anonymass - 日本の音楽ユニット。 アノニマス (集団) - アメリカなどのインターネット上の匿名掲示板利用者を中心に構成される、祭り・抗議行動・DDoS攻撃・ハッキングを仕掛ける集団。
◎ウゴウノシュウ(烏合の衆)  規律や統制もなく、ただ寄り集まっただけの群衆・軍勢。役立たずな人々の集まり。 【烏合の衆の語源・由来】. 烏合の衆は、中国『後漢書』の出典による。 「烏合」とは、カラスの集団のことで、カラスが集まっても、鳴いてうるさいだけのところから比喩されたもの。※語源辞典
◎オソレイリヤノキシモジン(恐れ入谷の鬼子母神)  (「恐れ入る」の「入る」と地名の「入谷」をかけ,さらに入谷にある鬼子母神に続けて口調をよくした表現。恐れ入りました,の意。※コトバンク
 鬼子母神とは――鬼子母神は鬼神般闍迦(はんしか)の妻で インド仏教上の女神のひとりであり性質凶暴 で子供を奪い取っては食べてしまう悪心で あったが釈迦は鬼子母神の末子を隠し、 子を失う悲しみを実感させ改心させたという。 以後、「小児の神」として児女を守る善神となる。※入谷商店街HP
◎カンセイ(慣性)の法則  ニュートンの第一法則*に同じ.「静止,または等速度運動をしている物体は,外力が加わらない限りはその状態を持続する」――ダルマ落とし※コトバンク
posted by hidamari at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

トラウマ

ドイツ語で[Trauma]心理的外傷の意味。心理学などで使われる言葉。
今回のクロスワードパズルに出たことば。

以下今日のことば
◎トフ(塗布)  (スル)薬剤などをぬりつけること。
◎スバル(昴)  すばる. プレアデス(おうし座)星団の漢名。和名はひらがなで、すばると表記する。別名、六連星(むつらぼし)。※ウイキペディア
◎フワライドウ(付和雷同)  自分にしっかりとした考えがなく、他人の言動にすぐ同調すること。▽「付和」は定見をもたず、すぐ他人の意見に賛成すること。「雷同」は雷が鳴ると万物がそれに応じて響くように、むやみに他人の言動に同調すること。※ goo辞書
◎ハゼ  @(櫨)の木  A(沙魚)スズキ目ハゼ亜目の魚の総称。
◎ホリキリ(堀切)  地面を掘って切り通した水路のこと。
◎オンサ(音叉)  均質な細長い鋼の棒を中央でU字形に曲げてそこに柄をつけたもの。先端に近い部分をたたくと,決まった周波数の音をかなり長い間発生させることができ,楽器の標準音として用いられることが多い。※コトバンク
◎チギ(千木)  (千木)・鰹木(かつおぎ)は、神社建築などに見られる、建造物の屋根に設けられた部材である。 千木は屋根の両端で交叉させた部材であり、鰹木は屋根の上に棟に直角になるように何本か平行して並べた部材である。※ウイキペディア
◎スルガトラフ(駿河トラフ)   駿河湾の中央部をほぼ南北にのびる細長い海底の凹地。南は南海トラフに続く。※コトバンク
◎ジダ(耳朶)   耳の下に垂れ下がったやわらかな部分。じだ。みみたぼ。※コトバンク
◎ダルマ(達磨)  達磨祖師、達磨大師ともいう。中国禅の開祖。『景コ傳燈錄』によれば釈迦から数えて28代目とされている。インドから中国南方へ渡海し、洛陽郊外の嵩山少林寺にて面壁を行う。※ウイキペディア
◎オタンコナス、ボケナス  色のあせたナス・色がボケたナスのことを「ボケナス」、短いナスにおをつけて「お短こナス」、いずれも出来そこないのナスをいったもの。※知恵袋
◎コウジン(後塵)を拝する  1 地位・権勢のある人をうらやましく思う。2 すぐれた人物につき従う。3 他人に先んじられる。※ goo辞書
◎ビメイ(美名)  1 美しい名前。よい名。2 よい評判。名声。「―を後世に残す」3 世間に聞こえのよい名目。※コトバンク
◎ウンシ(運指)  ピアノなどの楽器を演奏するときの、指のつかい方。※ goo辞書
posted by hidamari at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

ウェーブソールパンプス

ウェーブソールパンプス.jpg

 最近ネットショッピングでゲットしたパンプスである。
 いわゆる衝動買いというやつ。
 それは、私が開けるウェサイトに必ず出没する宣伝から始まった。
 以前に、東尾理子さんがご自身のブログでこのパンプスを、ご自身が履いた写真入りで、宣伝しておられた。
 私は、それをみて少なからず興味を持った。で、そのブランドのウェブサイトをチェックした次第である。
それからというもの、そこから度々私が見るサイトへ宣伝が侵入するようになった。そしてついに半額になったという報せが…
 というわけで、まんまと買わされる羽目に。
 
 すぐ届きました。
 東尾理子さんの履いたパンプスは、確かにかっこよかったし、履きやすいといっておられました。
 でも、私は大きな間違いをしていました。
 私が、東尾理子さんとは違い、老人だったということです。
 だから全て私が悪いのです。
 なかなか履く気になれません。
 せめてこの花を外すことが出来ればいいのですが。
posted by hidamari at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

今日のこと(五輪の神様は…)

 五輪の神様は、リンクの上で、氷のように冷たかった。
 浅田真央ちゃんの身の上に起きたことである。
 まるで悪夢をみているようだった。
 かわいそうでたまらない。
 4年間、彼女なりに全てをかけて努力してきただろうに、リンクの神様は彼女の何がお気に召さなかったのだろう。
 まさか、滑る順番まで最後になるとは。
 おかげで、私は4時半まで眠らずに観ていた。
 あげくの果てに、成績が16位になるとは誰が想像しただろう。
 フリーに進めるとはいえ、これでは頑張りようがない。
 もし私が彼女の立場だったら、リタイアしてしまうだろう。
 でも、真央ちゃんは違う、きっと最後まで頑張ってくれるだろう。
 そんな健気な真央ちゃんの演技を、今夜も私はしっかり応援したい。


posted by hidamari at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

草野球(くさやきゅう)

 しろうとが集まってする野球。
 今回クロスワードに出たことば 
 草野球ということばは、馴染みのあることばで、意味もよく知っていたが、語源が知りたくて調べてみた。そこで、驚いたのは語源ではなく、草に意味があったことである。いわゆる接頭語だったとは!
 【草という語は雑草を意味することもあり、まぐさを指すこともある。本格的でないものの接頭語に用いられて、草野球などというのも、草が軟質で木に劣るという感覚からきたものであろう】※世界大百科事典

以下今日の言葉
◎ナウマンゾウ  絶滅したゾウの1種である。様々な説があり、はっきりとした年代は不明だが遅くとも65万年 - 42万年前頃にはすでに出現していたのではないかと思われる。約2万年前頃から衰退し約1万5000年前の新生代更新世後期まで生息していた。※ウイキペディア
◎ヨミヤ(宵宮)  神社の本祭りの前夜、時には数日前に行われる祭り。※難読辞典
◎ゴクツブシ(穀潰し)  (1)飯を食うだけで、何のはたらきもない人。 (2)人をののしっていう語。※日本語表現辞典
◎イサカイ(諍い)  言い争い。言い合い。また、けんか。※国語辞書
◎オンカロ(Onkalo)  《フィンランド語で空洞・深い穴の意》フィンランドで、原子力発電所の使用済み燃料を高レベル放射性廃棄物として地層処分する施設を建設するにあたって、精密な現地調査を行うために、オルキルオト島に建設される地下特性調査施設の名称。※コトバンク
◎サンビャクダイゲン(三百代言)  1 代言人の資格がなくて他人の訴訟や談判などを扱った者。もぐりの代言人。また、弁護士をののしっていう語。 2 相手を巧みに言いくるめる弁舌。詭弁(きべん)。また、それを用いる者。貨幣基準「安い=300文」。※コトバンク
◎マヤカシ(瞞し)  ごまかすこと。また、そのもの。いかさま。いんちき。※国語辞書
◎ツイ(終)  物事のおわり。終局。最後。また、生命のおわり。多く、「ついの」の形で用いる。「―のすみか」→終(つい)に「相生町の二階で半蔵が送る―の晩も来た」〈藤村・夜明け前〉※ goo辞書
◎ウワサヲスレバカゲ  ある人の噂をしていると、不思議にその当人がそこへ来るものだということ。噂をすれば影が差す。※コトバンク
◎キサイ(奇祭)  独特の習俗をもった、風変わりな祭のこと。※ウイキペディア
◎ウルトラバイオレット(ultraviolet)  UV 紫外線
◎マフ(muff)  ファーまたは織物の、両端の開いた円筒形の戸外用の防寒具である。両端から両手をそれぞれさし入れて用いる。※ウイキペディア
◎ゾクブツ(俗物)  世間的な名誉や利益などに心を奪われている、つまらない人物。俗人。※コトバンク
◎シイカ(詩歌)  1 漢詩と和歌。「―管弦の遊び」2 詩・和歌・俳句など韻文の総称。※国語辞書
◎インクラインベンチ《(和)incline+bench》  スポーツで、主として腹筋運動用の傾斜ベンチ。※コトバンク
◎ゲンをかつぐ(験)を担ぐ  《「縁起を担ぐ」から転じた語か》ある物事に対して、よい前兆であるとか悪い前兆であるとかを気にする。「―  げんを担ぐは本来「縁起をかつぐ」で、「縁起」が反転し音韻変化したとする説が有力とされる。この 「げん」 は 「縁」 と書き 「縁起(えんぎ)」 を逆に読んだ 「ぎえん」 の略語。※コトバンク
◎ヘイミンシャ(平民社)  日露戦争開始の危機にあたり,非戦論を核心として結成された社会主義結社。※コトバンク
◎ヤーン(yarn)  紡いだ糸。織物・編み物に用いる系。 ※ goo辞書

★昨日夫は元職地区囲碁会に出席。―― 成績 9段でして2勝3敗。
posted by hidamari at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり

〔論語 里仁〕. 人としての道を悟ることができれば,すぐに死んでも悔いはない。※コトバンク
今回、クロスワードパズルに出たことば。

以下今日のことば
○ハイハンチケン(廃藩置県)  明治維新期の明治4年7月14日(1871年8月29日)に、明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革である。
○バフンシ(馬糞紙)   わらなどを原料とした黄色い粗悪なボール紙。
○ダウ(ニューヨーク・ダウ)   米国を代表する企業30社の株価水準を示す平均株価。正式名称は、ダウ・ジョーンズ工業株30種平均。1896年に12社の平均株価で始まり、1928年から30社となった。増資による株数を修正するダウ・ジョーンズ方式により、連続性を保ちながら継続されている。※コトバンク
○レス(英response)  電子掲示板や電子メール、ネットニュースなどで、先に存在している発言に対して返信することである。「レスを付ける」などと表現され、主に電子掲示板で用いられる。
○チュウサイ(仲裁)はトキ(時)のウジガミ(氏神)  争いごとを仲裁してくれる人は、当事者にとっては氏神様のように有り難い存在であるから、みえや意地を捨ててすなおに従う方が良い、という意味。※日本語辞典
○アブハチトラズ(虻蜂取らず)  虻蜂取らずとは、欲張って二つのものを同時に手に入れようとしたために、結局はどちらも得られず失敗すること。※故事ことわざ辞典
○ルアー   おとり・擬似餌(ぎじえ)の意。プラスチック・金属・木などで作った擬餌針(ぎじばり)。
○ガクフ(岳父)  妻の父。しゅうと。岳翁。※コトバンク
○シキソクゼクウ(色即是空)  「色」とは、宇宙のすべての形ある物質のこと。「空」とは、実体がなく空虚であるということ。「即是」とは、二つのものが全く一体不二であること。
すべてのものは、永劫不変の実体ではないという、仏教の根本教理で『般若心経』にある言葉。

●昨日の土曜日夫は、元職部署囲碁会に出席。
成績――6段でして3勝2敗  4位とかで500円ゲット
posted by hidamari at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

弱り目に祟り目(よわりめにたたりめ)

〈意味〉困っているときに、さらに災難が重なること。不運が重なることのたとえ。
〈注釈〉弱っているときに、祟りまで加わるの意味から。
「弱り目に祟り目」の「目」は、「落ち目」や「控え目」と同じく、動詞の連用形に付きその状態にあることを表す接尾語で、目が弱っているときに目が祟られるの意味から転じたものではない。※故事諺辞典

 今回クロスワードパズルに出たことば。
 日曜日のM新聞に載るクロスワードパズル、夫が早朝に解いてしまっていたので、私はやる気がなくなり、木曜日にやっと目を通した次第。
 以下今回のことば
○テンチャ(点茶)  抹茶(まっちゃ)を点(た)てること。※コトバンク
○クミガシラ(組頭)  [武家] 与頭とも書く。江戸幕府の番方(武官),役方(文官)の長官である頭,奉行,支配などの配下にあって,次官として各組の頭に任じたものをいう。※コトバンク
○オオオトコ(大男)総身(そうみ)に知恵が回りかね  体ばかり大きくて、役に立たない男をあざけっていうことば。「小男の総身の知恵も知れたもの」と続ける川柳から。※ことわざデーターバンク
○トウド(凍土)  寒気で凍った土。ツンドラ地帯の地面。
○ボダイジュ(菩提樹)  1 《(梵)bodhidrumaの音写》クワ科のテンジクボダイジュの別名。釈迦がその下で悟りを開いたとされ、原産地インドでは無憂樹(むゆうじゅ)・娑羅双樹(さらそうじゅ)とともに三大聖木とされる。2 シナノキ科の落葉高木。※コトバンク
○リセ(仏: lycée)  フランスの後期中等教育機関。日本の高等学校に相当する。※ウイキペディア
○メジ(目地)  建築物や土木構造物において、少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分。とくに、組積みする石・煉瓦(レンガ)・コンクリートブロックの継ぎ目、あるいは仕上に貼るタイルの継ぎ目を指す。※ウイキペディア
○ラルゴ(Largo)   音楽関係. 音楽で使用される速度記号の一種。意味は「ゆるやかに」。※ウイキペディア
○ガクヤオチ(楽屋落ち)  1 芝居や寄席などで、楽屋にいる仲間など特定の人だけにわかって、観客など一般の人にはわからないこと。2 仲間どうしにだけ通じて、他人にはわからないこと。※コトバンク
○カコウコ(火口湖)  地下のマグマや火山ガスが地表に放出される火口(crater)のうち、水をたたえたもの。※コトバンク
○トンジ(豚児)  1 豚の子。2 自分の子供をへりくだっていう語。豚犬。※ goo辞書

 ●今日金曜日、そぼ降る雨の寒い1日だった。
 プールの日、予想通り欠席者が多かった。
 でも、プールの中で身体を動かすって、運動した、という気になる。
 快適だった。
 唐比温泉の駐車場がいっぱいだったので、寒いからお客さんが多いのかなあと思ったら、町内の老人会の集会があっていた。話し合いはもちろん、食事をしたり、お風呂に入ったり、するそうな。月1回の割合で開かれるそう。老人会に入るのもちょっといいなあ、と思った。
 
posted by hidamari at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

ハートマーク貼付

’14.1.1記念写真.jpg

 今日人さまのブログを見ていたら、顔を隠すためにやたらハートマークを貼付してあった。こんなブログは何も珍しいことではない。よく見るパターンなのに、ふと、私もやってみたい衝動にかられた。
 クリップアートからコピーして貼付すれば、簡単に出来ると思ってやってみた。
 ところがうまくいかなかった。
 で、いつものように、ネットで質問してみると、親切な人はいるもので、適切な解答がすぐ見つかった。
 嬉しかったので、記念に、元旦に撮った私の写真を、ハートマークを貼付して載せた次第である。

posted by hidamari at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

折句(おりく)

 ある一つの文章や詩の中に、別の意味を持つ言葉を織り込む言葉遊びの一種。句頭を利用したものがほとんどである。「かきつばた」の5字を「から衣きつつなれにしつましあればはるばる来ぬるたびをしぞ思ふ」※ウイキペデイア
 今回のクロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
○シェアハウス  一つの家を複数の人と共有して暮らすこと。
○アドバンテージ  @サッカー、ラグビー、ホッケーなどで、反則が採用されると反則をされた側がかえって不利になるとき、審判がそのままプレーを続けさせるルール。
○テレコ  「手を加える」という意味の「手入れ」に、接尾語の「こ」が付き変化した語。 元は、歌舞伎で二つの異なる筋を一つにまとめ、多少の関連をもたせて一幕おきに交互に展開することを「てれこ」と言った。 そこから転じて、互い違いになることを「てれこ」と言う。※語原由来辞典
○ルリ(瑠璃)  (ラピスラズリ、英: lapis lazuli)。 半貴石のラピスラズリを粉砕し精製した顔料は、天然ウルトラマリンである。ただし、色としてのウルトラマリンブルーを群青色とし、瑠璃色と区別する。※ウイキペディア
○タブン(他聞)  ほかの人に聞かれること。他人の耳に入ること。※国語辞書
○デラウエア  ブドウの一種で、アメリカ原産の自然交雑種である。ジベレリン処理によって果実内部の種が除去され、種無しぶどうとして出荷される。※ウイキペディア
○メシア(Messiah)  《ヘブライ語で、聖油を注がれた者の意。「メシヤ」とも》旧約聖書では、超人間的な英知と能力をもってイスラエルを治める王をいい、新約聖書では、イエス=キリストをさす。救世主。メサイア。 ※ goo辞書
○ニノマイ(二の舞)  蔵面をつけて舞う雅楽のひとつ「安摩(あま)」の答舞に由来する。 安摩の舞の後に、「咲面(わらいめん)」と「腫面(はれめん)」をつけた二人が、わざと失敗しながら安摩の舞を真似て演じる滑稽な舞のことを「二の舞」といったことから、人と同じ失敗をもう一度 繰り返すことをいうようになった。※語源由来辞典
○ジリュウ(時流)  その時代の社会一般の風潮や、思想の傾向。※コトバンク

posted by hidamari at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

百鬼夜行(ひゃっきやこう)

 悪人どもが時を得て、勝手に振る舞うこと。また、多くの人が怪しく醜い行為をすること。▽「百鬼」はいろいろな妖怪 ようかい のこと。「夜行」は暗夜に列をなして歩き回ること。※四字熟語goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
○ムイ(無為)  何もしないでぶらぶらしていること。また、そのさま。※ goo辞書
○ケータリング(catering)  顧客の指定する元に出向いて食事を配膳、提供するサービス業のこと。※ウイキペディア
○ナショナリズム(Nationalism)  思想や運動の一種。 ナショナリズムは日本では、文脈や立場によって国家主義、国粋主義、民族主義、国民主義とも訳されており、その一義的な定義は困難である。※ウイキペディア
○リシチョウセン(李氏朝鮮)  韓国では、「李氏朝鮮」「李朝」と言う名称は植民地史観に基づくものとされるため、国内では一般的に使用されていない。通常、李氏朝鮮が統治していた国は「朝鮮」、李氏朝鮮の王室は「朝鮮王朝」と呼ぶ。※ウイキペディア
○スカンピン(素寒貧)  貧乏で何も持たないこと。まったく金がないこと。また、そういう人や、そのさま。※コトバンク
○ヒイキノヒキタオシ(贔屓の引き倒し)  ひいきし過ぎて、かえってその人を不利にすること。※ goo辞書
○チョウレイボカイ(朝令暮改)  朝に出した命令を夕方にはもう改めること。方針などが絶えず変わって定まらないこと。※コトバンク
○ボンノクボ(盆の窪)   1 首の後ろの中央のくぼんだところ。2 江戸時代、小児の頭髪を首の後ろだけ少し残してそった髪形。※コトバンク
○アシノマロヤ(葦の丸屋)  葦で葺(ふ)いた粗末な小屋。※goo辞書
○ヤシン(野心)  ひそかに抱く、分を超えた大きな望み。
○レイチ(霊知)   霊妙な知恵。はかりしれないほどすぐれた不思議な知恵。※コトバンク
○ボンクラ(盆暗)  ぼんやりしていて物事がわかっていないさま。 【年代】 江戸時代〜 【種類】 −. 『ぼんくら』の解説. ぼんくらとは盆暗と書く賭博用語で、盆の中のサイコロを見通す能力に暗く、負けてばかりいる人のことをいった。※日本語俗語辞典
○ウスイ(雨水)  2月19日 頃 雨水とは、雪が雨に変わり雪解けが始まるという日で、忍び寄る春の気配に草木が蘇るという意味。※コトバンク
○イッシをムクいる(一矢を報いる)  敵の攻撃に対して、矢を射返す。転じて、自分に向けられた攻撃・非難などに対して、大勢は変えられないまでも、反撃・反論する。※ goo辞書
○リュウゲン(流言)  口づてなどの非制度的チャンネルを通して伝播する裏づけをもたない自然発生的な情報をいう。流言蜚(飛)語ともいう。※コトバンク

posted by hidamari at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

欣喜雀躍(きんきじゃくやく)

 小躍りするほど大喜びをすること。▽「欣」「喜」はともに喜ぶ意。「雀躍」は雀すずめがぴょんぴょんと跳ね行くように喜ぶこと。※四字熟語辞典
 今回のクロスワードパズルに出たことばである。
 
 以下今日のことば
○ファンク  1950年代後半、黒人のジャズ音楽家たちが、黒人霊歌やアフリカの民俗音楽の要素を取り入れて起こしたジャズのスタイル。素朴で野性味のあるリズム、哀感の強いブルースなどに特徴がある。※コトバンク
○キョクガクアセイ(曲学阿世)  学問の真理にそむいて時代の好みにおもねり、世間に気に入られるような説を唱えること。真理を曲げて、世間や時勢に迎合する言動をすること。▽「曲学」は真理を曲げた正道によらない学問。「阿世」は世におもねる。四字熟語 ※ goo辞書
○セイサン(成算)  成功する見込み。※コトバンク
○クリンチ(clinch)  ボクシングで、相手のからだに組みついて相手の攻撃を防ぐこと。 ※ goo辞書
○ツボフリ(壺振り)   ばくちで、采(さい)を入れた壺皿を振って伏せること。また、その役。
○アントレ(仏:entrée)  主にフランス料理のコースの中でオードブル、前菜という意味で使われる。 語源はフランス語の「入り口」という意味から。冷前菜は「アントレ・フロワード entrée froide」、温前菜は「アントレ・ショード entrée chaude」という。※ウイキペディア
○キキュウソンボウ(危急存亡)  「危急存亡の秋」で使われる。「秋」を「とき」と読むのは、穀物が実る秋は農民にとって重要な時期であることから、「大事なとき」の意があるため。国家や会社など、集団に対して使うことが多く、個人に対して使うことは稀。※四字熟語辞典
○トタン(塗炭)の苦しみ  泥や火の中にいるようなひどい苦しみ。水火の苦しみ。※コトバンク
○ウメクサ(埋め草)  1 空いたところや、欠けた部分を埋め補うもの。雑誌・新聞などの余白を埋めるために使う短い記事。「―原稿」2 城攻めのとき、堀や溝を埋めるために用いる草やその他の雑物。※goo辞書
○コケ(虚仮)の一念  「虚仮」は仏教用語で「実の伴わないこと」の意味。転じて、思慮・分別が浅いこと、愚か者のこと。愚かな者でも一念を持って行えば、大きな仕事が出来る、の意味。※故事ことわざ辞典
○サンゴクシエンギ(三国志演義)  中国の明代に書かれた、後漢末・三国時代を舞台とする時代小説・通俗歴史小説である。四大奇書の一つに数えられる。※ウイキペディア

◎今回は初めて知ることばが多かった。特に四字熟語は勉強になった。

posted by hidamari at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

枝葉末節(しようまっせつ)

 主要でない部分。些細 ささい な部分。本質からはずれた些末 さまつ なこと。▽「枝葉」は枝と葉で、幹が主要なもののたとえであるのに対して、主要でない部分のたとえ。「末節」は木の末のほうの節 ふし の意で、主要でない些末な部分のたとえ。 goo辞書
今回クロスワードパズルに出たことばである。

 以下今日のことば(今回は意外と難しかった。で知らないことば、はっきり知らなかったことばが多くあった)
○ウマナリ(馬なり)  無理に追わず、馬の行く気に任せて走っている状態。※コトバンク
○ケシン(化身)  1 仏語。世の人を救うために人の姿となって姿を現した仏。応身(おうじん)。2 神仏などが姿を変えてこの世に現れること。また、そのもの。「神の―」「悪魔の―」3 抽象的で無形の観念などが、形をとって現れたもの。※コトバンク
○ウマキ(う巻き)  ウナギの白焼きまたは蒲焼を芯にして巻いた卵焼きのこと。溶き卵に出汁を入れ、卵と一緒に鰻を巻いて行く卵焼きである。小口切りにして切り口が見えるように器に盛り、木の芽などを添えて供する。「う巻き卵」とも。※ウイキペディア
○ワショ(和書)   1 日本の書籍。また、日本語で書かれている書物。⇔洋書。2 和とじの本。和本。※コトバンク
○ハッシュウマワリ(八州廻り)  関東取締出役(かんとうとりしまりしゅつやく)は江戸幕府の役職。勘定奉行配下。文化2年(1805年)に設置された。 俗に八州廻り、八州取締役とも呼ばれる。 関八州(上野・下野・常陸・上総・下総・安房・武蔵・相模一円)。※ウイキペディア
○カツジタイ(活字体)  1 ローマ字などの表記で、筆記体に対し、活字をまねた書体。2 活字に鋳られた、活字書体。※ goo辞書
○ナリモノイリ(鳴り物入り)   (1)舞踊や演劇で、鳴り物を入れてにぎやかにすること。 (2)おおげさな宣伝などが行われること。※国語辞典
○ウマヤドノオウジ(厩戸皇子)  - ⇒聖徳太子(しょうとくたいし)の本名。※コトバンク
○トリュフ  セイヨウショウロ(西洋松露、Tuber spp.)キャビア,フォアグラとともに世界の三大珍味といわれている,子囊菌類セイヨウショウロ科の地下生キノコの総称。※コトバンク
○ムシズ(虫唾)  俗に「虫」と呼ばれる昆虫を含む節足動物から採取される酸性の液体の総称。虫唾が走る―不快感や嫌悪感を感じさせるさま。※類語辞書
○ゴウニイッテハゴウニシタガエ(郷に入っては郷に従え)
○ホウマツコウホ(泡沫候補)  当選する見込みが極めて薄い選挙候補者。ウイキペディア
○キショ(希書)   なかなか手に入らない珍しい書物。希覯本(きこうぼん)。※コトバンク
○サイキカンパツ(才気煥発)  すぐれた才能が外にあふれ出ること。またそのさま。▽「才気」はすぐれた才能。すぐれた頭のはたらき。「煥発」は輝き現れるさま。「煥」は明らかなさま。輝き現れるさま。※ goo辞書
○イキウマノメヲヌク(生き馬の目を抜く)   生き馬の目を抜くほど,素早く事をするさま。他人を出し抜いて素早く利を得るさま。※コトバンク
○シガク(志学)   1 学問に志すこと。2 《「論語」為政の「吾十有五にして学に志す」から》15歳のこと。※コトバンク
○ヘタウマ(下手巧)  一見(一聴)するとへたそうだが、個性や味のある作品のこと。※日本語俗語辞書
○キスイ(既遂)  1 すでに、なし終わっていること。2 犯罪が完全に実現していること。⇔未遂
○ボンゴ(梵語)   サンスクリット語の異称。その起源が造物神ブラフマン(梵天)にあるというインドでの伝承に基づく、中国や日本での呼称。
○ドロボウマワリ(泥棒回り)  車座になって行うゲームで、右から左へと順番を回すこと。和服の場合、手が懐へ入る形になるところからいう。 ※ goo辞書

posted by hidamari at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

鹿苑寺(ろくおんじ)

 京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿は金閣(きんかく)、舎利殿を含めた寺院全体は金閣寺(きんかくじ)として知られる。世界遺産。
 金閣寺(鹿苑寺)は、足利義満が西園寺家の山荘を譲り受け北山殿を造営したもの。※ウイキペディア
今回のクロスワードに出たことば。

以下今日のことば
○アクヘイ(悪弊)  悪い習わし。悪習。悪風。「―を断ち切る」 ※コトバンク
○キシカイセイ(起死回生)   死にかかった人を生き返らす意。医術のすぐれて高いことの形容。転じて、崩壊や敗北などの危機に直面した状態を、一気によい方向に立て直すこと。絶望的な状況を立て直し、一挙に勢いを盛り返すこと。※ goo辞書
○サミット(summit)   主要国首脳会議。頂上」を意味する英語「summit」からの外来語で、ラテン語で「最高」を意味する「summus」に由来する。 「summit」には「会議」や「会談」といった意味はないが、「首脳」を「山頂」にたとえた「トップ会談」の意味から派生し、最高責任者などが集まる会議についても用いられる。
フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ・ロシアの順に持ち回りで開催することになっている。※語源由来辞典
○ゴイ(語彙)  (ボキャブラリー) 使える言葉の総量
○オキナ(翁)  1 年取った男。おじいさん。⇔嫗(おうな・おみな)。2 老人の自称。Goo辞書
○キキカイカイ(奇々怪々)   常識では理解できないような不思議な出来事。あるいは容認できないようなけしからぬこと。※goo辞書
○ノエル(Noël/Noel)  フランス語で「クリスマス」を指す語。※ニコニコ大百科
○ガイカ(凱歌)   戦いに勝ったときに歌う喜びの歌。かちどき。※コトバンク

posted by hidamari at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

口取り(くちとり)

「口取り肴(ざかな)」の略。現在は、おせちのかまぼこ・きんとん・だて巻き・昆布巻き・寄せ物などをいうことが多い。これらは「口取り肴」の名残とされる。※コトバンク
今回のクロスワードパズルに出たことば。

以下今日のことば
○キヨ(毀誉)   けなすこととほめること。悪口と称賛。※コトバンク
○ホロコースト  大量虐殺
○ミント (Mint)   シソ科ハッカ属(ミント属、メンタ属)の総称。※ウイキペディア
○タイロ(退路)   退却する道すじ。⇔進路 ※コトバンク
○ダイオウイカ  ダイオウイカ科に分類される、巨大なイカの1種(もしくは1属)である。※ウイキペディア
○ゲサク(戯作)  近世後期、18世紀後半頃から江戸で興った読み物の総称。※ウイキペディア
○イシス(Isis)  エジプト神話の女神。イシスはギリシア語であり、古代エジプトではアセトと呼ばれた。
○エダイコ(柄太鼓)  打楽器の一。両面に皮を張った扁平な太鼓に柄をつけたもの。※goo辞書
○イロウ(遺漏)   大切な事が抜け落ちていること。手抜かり。手落ち。「―のないように記入する」※goo辞書
○イカンソク(維管束)  英語: vascular bundle)とは、植物が持つ内部組織の1つ。植物体の全体に亘ってその内部を貫く。役割としては液体(主に水や養分)の運搬と植物体の機械的な支持である。維管束を持つ植物は、シダ植物と種子植物であり、これらをまとめて維管束植物という。※ウイキペディア

posted by hidamari at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

計量みそマドラー

計量みそマドラー.jpg

 何かのテレビ番組で、キッチングッズの紹介をしていた。
 欲しかったのは指先トングだった。
 アマゾンで、商品はすぐ見つかった。
 そこで、この計量みそマドラーを見つけ、一緒に注文した。
 同時に届くかと思いきや、別々に配送されるとのこと。
 まず、届いたのがこれ。
 アマゾンで買うと、送料が無料。
 気を使って同時に注文したけれど、お店が違ったみたい。
 この計量みそマドラーは、とても便利。
 これで、毎日のお味噌汁が、濃かったり、薄かったりしないで済む。

posted by hidamari at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

知言(ちげん)

 道理にかなった言葉。※ goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出てきたことば。

 以下今日のことば
○イカサマ  イカサマの「いか」は、「如何(いかが)」「如何に(いかに)」などの「いか」で、「さま」は様子を意味する「様(さま)」である。 この「如何」と「様」が足され、「如何様(いかさま)」となった。 元々は、「どのように」「どんなふうに」などの意味で使われていたが、「いかにもその通り」「間違いない」という意味に転じた。まがい物あるいは偽物と言うことを指す。※語源由来辞典
○ミンゾクジケツ(民族自決)(self-determination)  各民族集団が自らの意志に基づいて、その帰属や政治組織、政治的運命を決定し、他民族や他国家の干渉を認めないとする集団的権利。自決権ともいう。※ウイキペディア
○イキチ(生き血)  生きている動物の血。生き血を搾る情け容赦なく人のものを取り上げて自分の利益とする。生き血を吸う。生き血をすする。 ※goo辞書
○マンヨウシュウ(万葉集)(萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。※ウイキペディア
○ヒトクサリ(一齣)  謡い物・語り物などの一段落。転じて、ある話題についてひとしきり話すこと。「さわりを―語る」「小言を―聞かされる」 ※ goo辞書
○ウノメタカノメ(鵜の目鷹の目)   鵜や鷹が獲物を求めるように、熱心にものを探し出そうとするさま。また、その目つき。※コトバンク
○ウノ(Uno、UNO、ウノ、ウーノ)   イタリア語、スペイン語で数字の1の意味。※ウイキペディア
○イヌイ(戌亥)  歴史民俗用語。 方角の名。戌と亥との中間の方角。北西の方角。
○シイテキ(恣意的)  気ままで自分勝手なさま。論理的な必然性がなく、思うままにふるまうさま。「―な判断」「規則を―に運用する」※ goo辞書
○カフチョウセイ(家父長制)(英語: patriarchy)は、年長の男性によって支配される家族制度である。対義語は家母長制(英語:matriarchy、いわゆるかかあ天下)。家父長制は、家族に対する権限が男性たる家父長に集中している家族の形態をいう。※ウイキペディア
○シトネ(褥)  座るときや寝るときに下に敷く物。しきもの。ふとん。「草の―」 ※goo辞書
○ジダ(耳朶)   みみたぶ。

◎このパズルは日曜日に掲載される。今回も夫が早々に解いた。私は、見る時間がなく、今日確認した次第である。

posted by hidamari at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする