2013年12月05日

頂きもの

イチゴ(ふくおか八女のあまおう).jpg ゆず’13.11.12.jpg

 イチゴは福岡県産(ふくおか八女のあまおう)。
 実際は写真で見るよりずっと大きい。
 甘くて酸っぱくてとても美味しい。
 ゆずは、料理の先生宅の庭に植わっている木から、先生が直接もぎとって下さったもの。
 実はこの2倍の量を貰ったのだが、帰る途中友人に会ってお裾わけした。
 ゆずはとても重宝している。
 毎晩、お湯にゆずの絞り汁とはちみつを入れて飲んでいる。時々生姜汁も入れる。
 ゆずダイコンは、煮ものにしぼり汁を入れるだけだが、とてもおいしい。
 しぼり汁は冷蔵庫で保存できるし、煮物、焼き物、炒めもの、ドレッシング何にでも使える優れものである。
 皮はすりおろしたり、千切りにしたりして、薬味においしい。

posted by hidamari at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

植木算(うえきざん)

 算数の四則応用問題の一例。等間隔に並んだ植木などで、木の本数、木と木との間隔、全体の距離の三つのうち二つを与えて、残りの一つを求める法。※ goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
○サマツ(瑣末)  重要でない、小さなことであるさま。些細(ささい)。「―な事柄」※ goo辞書
○クシ(駆使)  1 追いたてて使うこと。こき使うこと。「使用人を―する」2 自由自在に使いこなすこと。※goo辞書
○テンガロンハット(ten-gallon hat)  カウボーイなどがかぶる帽子、カウボーイハットの一種。 ... 10ガロン (ten gallon) の水が入ると言われ、西部劇ではテンガロンハットで水を汲むシーンも登場しているが、帽子の中に10ガロン(=38リットル)の水が収まる容積。※ウイキペディア
○ロンゴヨミノロンゴシラズ(論語読みの論語知らず)   書物に書いてあることを知識として理解するだけで、それを生かして実行できない人をあざけっていう。※コトバンク
○サンタ(三太)  1 江戸時代、丁稚(でっち)・小僧の通称。三太郎goo辞書
○センカ(泉下)  黄泉(こうせん)の下。死後の世界。あの世。泉下の客となる《あの世を訪ねる人となる意》死ぬ。亡くなる。泉下の人となる。※ goo辞書
○カスバ  アルジェリアの首都アルジェの旧市街を構成する一画の呼称。※ウイキペディア
○ケン(研)を競う  妍を競う(けんをきそう) 「妍」は、優美なこと。※慣用句辞典
○シーシック(seasick)   船酔い。※コトバンク
○サンドガサ(三度笠)  三度飛脚が被ったところからの名。 三度飛脚とは、江戸時代に江戸・大坂・京都などを毎月定期的に三度往復した飛脚のことである。 三度笠には、三度飛脚が被ったことから「飛脚笠」、深く被ることから「大深(おおぶか)」などといった呼び名もある。※語源由来辞典
○カセ(枷)  1 昔の刑具の一。鉄や木で作り、罪人の首・手・足などにはめて、からだを自由に動かせないようにするもの。桎梏(しっこく)。かし。2 心理的、物理的に行動の妨げになるもの。足枷。※コトバンク

◎クロスワードパズルは日曜日の新聞に載っているものだが、今週は何かと忙しかったので、私は目を通さなかった。夫が全て解いていたのを今日私は改めて確かめた次第である。

◎今NHKテレビで、「宇宙生中継」を観た。宇宙船て、意外と近い所を飛んでいるのに、速度はすごいなあ。それに超高感度4Kカメラがすごい。飛行機から見るより、はっきり見えた。
 それにしても宇宙は大きい。それに謎がいっぱい。それを研究して解明しようとしている学者さんはすごい。感動しました。

posted by hidamari at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

ニンジン葉の使いみち

流しのニンジン葉.jpg
 ダイコンやニンジンをマイ畑で収穫すると、捨てなければならない葉っぱがたくさん出てくる。
 ダイコン葉は、時々湯がいて和えものにしたり炒めものにしたりして食べてはいるが、そうそうしょっちゅう食べることは出来ない。
 そこでこのいらない野菜の葉を、少しでも何か他に使いみちがないか考えた。
 ダイコンの葉等幅があるものは、皿や鍋についた汚れを取ることに使え、ニンジン葉は流しの受ける網にのせると油や汚れを浄化するのに使えることが分かった。
 特にニンジン葉は優れものである。
 洗いものはたいていお湯でするので、ニンジン葉はずっとイキイキとした状態で、どんな汚れも取ってくれる。
 ちなみに、青野菜は50℃前後で洗うのが1番いい。少々枯れていてもピンと生き返る。栄養価が損なわれることはない。
 高校時代食物科の試験で、ホウレンソウやキャベツはお湯で洗う、と解答して、先生に嘆かれた。私も単にきちんと洗えるから、と思っていただけだが、今なら×にならなかっただろう。
 あの世で先生も、この事実に驚いているのではないだろうか。

※写真は、1日中イキイキしている流しのニンジン葉

posted by hidamari at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

鰻登り(うなぎのぼり)

 気温・物価・評価などが見る間に上がったり、物事の件数・回数が急激に増えたりすること。ウナギをつかもうとすると手からすべりぬけて上へのぼるからとも、ウナギが川をまっすぐにのぼる姿からともいう。※ウイキペディア
今回のクロスワードパズルに出たことば。

以下今日のことば
○エシャジョウリ(会者定離)  この世で出会った者には、必ず別れる時がくる運命にあること。この世や人生は無常であることのたとえ。▽仏教語。「定」は必ずの意。※ goo辞書
○オカドチガイ(お門違い)  違う家を訪問するという意味から、目指す相手を間違えるとか、とんでもない見当違いをするという意味の言葉。※日本語辞典
○アメジスト  紫水晶
○パブ  英国の大衆酒場
○レア(Rare )   「希少な」「珍しい」を意味する英語
○ハツ  焼肉、焼き鳥などの食材として使用される、ウシやニワトリ、ブタなどの心臓のこと。英語のhearts(ハーツ、心臓を表すheartの複数形)がなまったものが語源とされる。※ウィキペディア
○イトグチ(緒)  繊維をよった細長い線状のものの総称。糸やひもなど。
○バンジャク(盤石)  @. 大きな岩。いわお。ばんせき。 A. 非常に堅固なこと。安定していて,動かないこと。※コトバンク
○ガンメイ(頑迷)  かたくなでものの道理がわからないこと。考え方に柔軟性がないこと。また、そのさま。※コトバンク
○クリマワシ(繰回し)   金銭などをやりくりすること。※コトバンク
○ゲンロウ(元老)1 官位・年齢が高く、声望のある功臣。2 ある分野で長い間その仕事に携わり、功労のあった人。※コトバンク
○ウロ(洞)  木の内部にできた洞窟状の空間。
○エシャロット(仏:Échalote)  ネギ科(クロンキスト体系以前の分類法ではユリ科)の多年草。

◎夫は今日久しぶりに、月1で開催されている元職支部OBウォーキング例会に参加した。ちなみに私は、歩いたことがある場所だったので不参加。
 第18回九州自然歩道と碁盤ノ辻散策  16,445歩  約11.8km  約2時間    

posted by hidamari at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

島倉千代子さん

 「いつまでもお若くてきれいだなあ」と、常々思っていた。
 在りし日の父が大好きだった歌手島倉千代子さん。
 だから、ずいぶん昔の人だと思っていたが、考えてみると私たちとたいして変わらない。私の長姉より1歳上なだけである。ということは、父からすると、彼女は子供みたいな年齢だった訳だ。といっても、こんなことは別にめずらしいことではない。ファンなんてそんなものだから。
 
 あんなにお元気でお若いと思っていたのに、亡くなられたという事実。
 誰でもやはり亡くなるのだ、しかもそろそろ我々年代が亡くなる順番なのだという現実に、私は、何だかすごく動揺してしまった。
 それにしても、亡くなる3日前の肉声のメッセージと、生歌。すごかった。あんなにしっかりと、穏やかに話せるものなのだ。しかもあんなに感情をこめて歌えるなんて。どんな気持ちだったんだろう。
 私も、願わくば、あんなふうにかっこよく最期を迎えたいものだ。でもきっと無理。
 「こころ」と刻んだりっぱなお墓も、ご自身で用意されていたようだ。
 波瀾万丈の人生だったが、終ってみればお幸せな一生だったのでは。
 田中好子さんの最期の時も思ったことだが、島倉さんの最期もとてもかっこよかった。
 心からご冥福をお祈りいたします。

posted by hidamari at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

「スキャナ」ゲット

料理教室11月のメニュー.jpg

 ドコモポイントでスキャナをゲットした。
 セットアップをしようと思ったが、直ぐに必要なものでもなかったので、箱のまま放っておいた。
 そんな時、NTTのカスタマーズサポートの人がやってきた。
 それで、ついでにスキャナをセットアップしてもらった。
 ためしに、毎月ワードで作成している料理教室のメニューのレイアウトをスキャンした。
 やっぱ便利だ〜!

 NTTさん来訪の本来の目的である、「フレッツ光隼」への移行は、ちょっと無理かな。
 ただ、周辺機器が1つになることには、心が動かされる。
 今なら只らしいが、プロバイダーにも設定の変更を頼まなければならない。
 メリット、デメリットがよく分からない。
 めんどうなことが嫌なので、来年考えよう。

posted by hidamari at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

クイズとパズル

 学問的な命題に対して娯楽の要素が強いものがパズル、または知識に頼るものがクイズで、思考で解くものがパズル、など多くの意見がある(ちなみに20世紀前半には、クロスワードパズルの様にクイズとパズルの中間と思われる問題を「クイズル(Quizzle)」という造語で呼んだこともある。※ウィキペディア
 今回クロスワードパズルで、出てきたことばである。

 以下今日のことば。
○エチュード(Étude)   練習曲 - 声楽や楽器演奏の習得、また特定の技巧の向上を目的に演奏される。 絵画や彫刻の制作過程における下絵、習作。 即興劇 - 演劇において状況や場面、人物の性格だけを設定し、台本を使わずその場の受け答えを基に役者が動作や台詞を創造していく芝居。※ウィキペディア
○ツトメテ  名詞@早朝。出典枕草子 春はあけぼの「冬はつとめて」[訳] 冬は早朝(が趣深い)。A翌朝。※古文辞典
○シーア派・スンニ派  イスラム教(イスラーム)の二大宗派
○サイジ(歳時)  1  1年の、そのおりおり。四季おりおり。2  年と時。年と季節。※コトバンク
○ウキヨドコ(浮世床)  江戸時代の戯作者、式亭三馬の滑稽本。 落語の演目の一つ。本項で詳述。 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。※ウィキペディア
○バナメイエビ  クルマエビ科に属するエビの一種。東太平洋原産で、食用として広く漁獲・養殖されている。※ウィキペディア
○ウエ(飢え)の苦しみ  望み求めているものが満たされない苦しみ。
○ツルベ(釣瓶)  井戸において、水をくみ上げる際に利用される、綱等を取り付けた桶などの容器を言い、後に、それを引き上げる天秤状の釣瓶竿や滑車など機構の一切を指すようになった。※ウィキペディア
○ゼンチナイグ(禅智内供)  芥川竜之介(あくたがわ-りゅうのすけ)の小説「鼻」の主人公の名前。

posted by hidamari at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

さだまさし文化講演会

 諫早市民報でこのことを知って、まっさきに往復はがきで申し込みをした。
 約2倍3,000人の申し込者がいたなか、幸いにも当選し、しかもk−17といういい席だった。
 午後3時から5時10分まで、身動きもせず釘づけで堪能させてもらった。
 さだまさし様の歌が大好き。ずっとファンである。
 最近は歌ばかりでなく、小説や映画、ドラマも楽しませてもらっている。
 今日お話を聞いて改めて、さだ様のお人柄の良さを感じた。
 びっくりしたのはお父上の作った借金38億円を、お父上を憎むこともせず、3年前に返済してしまわれたという話し。
 それはひとえにご両親様が、さだ様をそういう親孝行の息子に育てられたということだろう。
 さだ様が、誰よりも家族を愛し、友人を愛し、先輩を愛し、故郷を愛しておられることを、ひしひしと感じた次第である。
 借金返済が完了した今は、東北支援に力を注いでおられるとのこと。感服するばかりである。
 とにかくトークがお上手で、客席にドカンドカン受けていた。
 還暦も過ぎておられるのに、一たび歌うとなると、透き通った高音もおみごと。うっとり聞き入ってしまった。
 トークの合間に5〜6曲は歌われたのでは。
 しかもレコーディング前の新曲まで。
 今日はとても幸せだった。
 「つきましては、さだ様。くれぐれもご自愛くださいまして、いつまでもこの素晴らしい歌をお聞かせくださますよう、心からお願い申し上げる次第でございます」

posted by hidamari at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

うつしよ(現世)

 神道では「現世」と書いて古語としては「うつしよ」と読み、この世や人の生きる現実世界を意味する。それに対峙して、常世(とこよ)いわゆる天国や桃源郷や理想郷としての神の国があり、常夜(とこよ)と言われるいわゆる地獄としての死者の国や黄泉の国と捉えている世界観がある。※ウィキペディア
 今回クロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば
○パノラマ(panorama)   遠大な風景、全景の意。 曲面の壁面全体に精巧な風景画を描き、中央の観覧者に実景の中にいるような感覚をあたえる絵画。
○ヨジゲン(4次元)  空間の次元が4つあること。4つの次元がある空間を4次元空間と呼ぶ。縦・横・高さ+時間
○ゴマメノハギシリ(ごまめの歯ぎしり)   《意味》 力のないものが、どんなにがんばってもどうにもならないこと。 ごまめは「こまむれ(細群)」の「むれ」が略されたもので、古くは「こまめ」と呼ばれた。※諺百科
○チムニー (Chimney). 煙突のこと。
○敷島の 大和心を 人問わば 朝日ににおう 山桜花 (本居宣長)  《意味》  日本人である「私、宣長」の心とは、朝日に照り輝く山桜の美しさを知る、その麗しさに感動する、そのような心です。という意味。敷島は大和にかかる枕詞。

posted by hidamari at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

「笑っていいとも」と「はなまるマーケット」

 期せずして、私が好きな番組が二つとも、来年3月で終了することが発表された。
 特に「笑っていいとも」は、私の歴史の友だった。
 タモリさんと一緒に年を重ねてきた私。
 いよいよ私たち世代はお役御免なのだ。
 いつかは来る運命だが、何か残念で、寂しくてたまらない。
 たしかに、タモリさんのことを、最近老いてこられたなあ、と密かに思っていた。
 お身体もそうだが、頭の回転が以前より落ちてきたし、豊富な知識も最近の新しい文化には及んでいないような。
 番組の中のゲームは、オールマイティーだったのが、いつの頃からか若手についていけなくなったものも出てきた。
 そうすると、観客はひくし、もちろんご本人が1番楽しくないのではなかろうか。
 かつて大橋巨泉さんも言っておられた。
 「バカ言ったりしたりすることが、楽しくなくなったら辞め時だよ」と。
 そんなことを考えると、やっぱ今が辞め時かなあ。

 30年前、私がまだ働いていた頃、お昼休みには自宅へ帰り、テレビを見ながらお昼ご飯を食べた。 「笑っていいとも」は、心の友だった。ゲームもいっぱい覚えた。ピザ10回言って、肘をさし、「ここは?」とか。他愛のないお笑いが心を癒してくれた。
 その後、仕事を辞めるまで、お昼休みはずっと、「笑っていいとも」を観て過ごした。
 今でも、その時々一緒に過ごした女子職員との団欒が、楽しい思い出になって残っている。
 あと、4ヵ月、漏らさず観たいと思っている次第である。

posted by hidamari at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

チキンレース

 《(和)chicken+race》相手の車や障害物に向かい合って、衝突寸前まで車を走らせ、先によけたほうを臆病者(=チキン)とするレース。※コトバンク
 今日のクロスワードパズルに出たことば。

以下今日のことば
○アツモノ(羹)  《唐音》1 肉や野菜を汁を多くして煮たもの。あつもの。〈文明本節用集〉2 雑煮。「正月の祝に、晴れなる座敷へ―を据ゆるに」〈咄・醒睡笑・六〉3 餅菓子(もちがし)。※コトバンク
○イダテン(韋駄天)  《(梵)Skandaの音写。塞建陀・建陀の「建」を「韋」に誤ったものか》増長天の八大将軍の一。仏法の守護神。もとバラモン教の神で、シバまたはアグニ神の子。俗説に、仏舎利(ぶっしゃり)を盗んだ捷疾鬼(しょうしつき)を追いかけて取り返したというので、足の速い神とされ、足の速い人のたとえにされる。
○インディゴ   青藍を呈する染料である。また、インディゴはそのままで不溶性であるから、顔料としても用いる。 ※ウィキペディア
○キョキ(歔欷) [名](スル)すすり泣くこと。むせび泣き。※国語辞書
○シアンナゲクビ(思案投首)   首を前に傾け、深く考え込むこと。※コトバンク
○ツルベウチ(釣瓶打ち)  連るべ打ち: 釣瓶打ち(つるべうち)とは、弓矢や火縄銃などにおいて、交代で続けざまに打つことをさす。スポーツの球技が普及してからは、得点に繋がる球を打つ行為が一方的に続けざまにされる事も「釣瓶打ち」と例えられるようになった。※ウィキペディア
○オーバルオフィス(Oval Office)  ⇒オーバルルーム 大統領執務室。※国語辞書

posted by hidamari at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

悶着(もんちゃく)

〈意味〉 感情や意見の食い違いから起こるもめごと。いさかい。
 今日のクロスワードパズルに出たことば。

 以下今日のことば。
○ジャクサ(JAXA)[Japan Aerospace Exploration Agency]とは。意味や解説。《Japan Aerospace Exploration Agency》独立行政法人宇宙航空研究開発機構。※国語辞書
○アルカロイド  生物学用語。 植物体に含まれる窒素を含む塩基性の有機化合物。毒性や特殊な生理・薬理作用をもつものが多い。タバコのニコチンや茶のカフェイン、芥子(けし)のモルヒネなど。植物塩基。
○カハン(河畔)  河のほとり。河岸。「セーヌ―」 ※ goo辞書
○アンネイ(安寧)  無事でやすらかなこと。特に、世の中が穏やかで安定していること。「社会の―を乱す」あんねいちつじょ【安寧秩序】世の中が整った状態にあり、安定していること。 ※ goo辞書
○ショイン(書院)  書斎や、図書室として用いられる部屋、建物。 日本の建築様式のひとつ。※ウィキペディア
○コワッパ(小童)  《「こわらは」の音変化》子供や未熟者をののしっていう語。小僧。若僧。「―のくせに口出しをするな」 ※ goo辞書
○ハスッパ(蓮っ葉)  言動などが軽薄なさま。特に態度や言動に品がない女性のことをさす。 【蓮っ葉の語源・由来】. 蓮っ葉は、「蓮葉(はすは)」が促音化された言葉である。※語源由来辞典
○ハレンチ(破廉恥)  「廉」は高潔の意。「廉恥」は高潔で恥を知る心の強いこと。そこから、その「廉恥」を破ること、恥を恥とも思わないこと、道義に外れた行為をすることを「ハレンチ」をいう。※Q&A
○オオダナ(大店)  規模の大きな商店。大商店。※漢字で書いてあったら読めなかったような。
○サク(策)をロウ(弄)スル  必要以上に策を用いる。
○ダミン(惰眠)  なまけて眠ること。転じて、何もしないで怠けていること。活気のまるでないこと。※コトバンク
○シュクン(殊勲)  特にすぐれたいさお。格別の功績。「―を立てる」「―賞」 ※ goo辞書
○ジャアク(邪悪)  心がねじ曲がって悪いこと。また、そのさまやそのもの。※コトバンク
○ヤユ(揶揄)  なぶること。嘲弄(ちょうろう)。※コトバンク

 今回のパズルは暗号のトンチクイズが数多くあった。私には苦手なジャンル。
 ネット検索して、M新聞読者の方に教わった次第。

posted by hidamari at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

カトラリー

(cutlery)   刃物(cutleryの本来の意味で中世フランス語のcoutellerieに由来する); 洋食器のうちナイフ、フォーク、スプーンなどの金物類。広い意味では給仕用のサーバーなどを含む。
今回のクロスワードパズルで知ったことばである。

以下きょうのことば。
○ソヒツ(粗筆)  1 粗末な筆。2 へたな筆跡。自分の筆跡をへりくだっていう語。拙筆。 ※ goo辞書
○ポルカ( polka)は、1830年頃おこったチェコの民俗舞曲である。速い2拍子のリズムに特徴がある。チェコのほか、タトラ山脈近辺のスロヴァキア、ポーランドなどの山岳地帯にも広がりをみせている。
○ヤマホウシ(山法師)  歴史民俗用語。 比叡山延暦寺の僧徒。特に、院政期の僧兵。 →寺法師 →奈良法師.
○ロウゼツ(弄舌)  むやみにしゃべり散らすこと。多言。饒舌(じょうぜつ)。ろうぜつへき【弄舌癖】⇒舌癖 ※ goo辞書
○ソンブレロ(Sombrero)  メキシコで広く用いられる、つばの広い帽子。
○サンコノレイ(三顧の礼)  故事成語のひとつ。目上の人が格下の者に対して三度も出向いてお願いをすることであり、中国で劉備が諸葛亮を迎える際に三度たずねたとする故事に由来する。
○テンモウ(天網)カイカイ(恢恢)ソ(疎)にして漏(も)らさず   《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。※国語辞書
○カフク(禍福)ハ アザナエル(糾える)ナワノゴトシ(縄の如し)   《「史記」南越伝から》幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということ。 ※コトバンク
○シテセン(仕手戦)   株式市場で、ある銘柄をめぐって売り方と買い方が激しく競り合って大量の売買を行うこと。※コトバンク
○クワイアタマ(慈姑頭)  《クワイの芽が出た形に似ているところから》江戸時代、町医者などが結った髪形の一。総髪を後頭部で束ね、先を短く垂れ下げたもの。
○リツゼン(慄然)  恐れおののくさま。恐ろしさにぞっとするさま。

 日曜日の今日は真夏を思わせる暑さだった。
 冷房を入れたが、もはや真夏の時の温度設定では涼しくならず、25℃でやっと効いた。
 台風25号の影響だろう。
 ニンジンに追肥をしなければならないが、昼間は暑くて出来ず、夕方しようと思ったら、既に暗かった。
 実は2〜3日前からしようしようと思っていて出来ていない。
 明日は絶対昼間のうちにするぞ!

posted by hidamari at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

連理の契り(れんりのちぎり)

れんり【連理】とは。意味や解説。1 1本の木の枝が他の木の枝と連なって木目が通じ合っていること。2 《「連理の契り」から》夫婦・男女の間の深い契りをたとえていう語。「比翼―」れんりそう【連理草】マメ科の多年草。※goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出たことば。恥ずかしながら私初めて知りました。

以下今日のことば
○しのぶれど色にいでにけりわが恋は物や思ふと人のとふまで.  【解】知られまいと秘め隠していたが、顔色に出てしまったことだ、私の恋心は。思い悩んでいるのかと、人から尋ねられるまでに。 ※百人一首 平兼盛
○イタコ  イタコは、日本の東北地方などで口寄せ(神仙や死者・行方不明者の霊などを自身に乗り移らせてその言葉を語ること)を行う巫女で巫の一種。
○スモリ(巣守)   孵化(ふか)しないで巣の中に残っている卵。Goo辞書
○ズイウン(瑞雲)   めでたいことの前兆として現れる雲。祥瑞の雲。
○ミクロ経済学   基礎経済学には、国家や国民、市場といった大きな視点から経済のメカニズムを研究する『マクロ経済学』と個人や企業などの個別的な経済活動から市場のメカニズムと景況を分析する『ミクロ経済学』がある。“マクロ(macro)”とは“巨視的”という意味であり、“ミクロ(micro)”とは微視的の意味。
○サンボ(露: Самбо)  ソビエト連邦で開発された格闘技。※ウィキペディア

posted by hidamari at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

出張「徹子の部屋」

 黒柳徹子さんのファンである。
 「徹子の部屋」は、ゲストの顔ぶれで見ないこともあるが、ただ徹子さんは大好きである。
 森光子さんもそうだったが、頭が良いし、気転がきくので、トークがとても面白い。何より、ゲストに対する心配りがすばらしい。
 どんな失礼なゲストに対しても、優しいし、公平な態度がプロフェショナルだなあ、といつも感心している次第である。
 今回の出張「徹子の部屋」では、福山雅治さん、宝塚ジェンヌの方々、澤穂希さん、松田聖子さんがゲストだった。
 その中で、寿美花代さん!ステキだった。
 徹子さんより、1歳年上とは恐れ入った。
 お美しいし、お元気だし、底抜けに明るい笑顔が素晴らしい。
 ご高齢の方がこんなに若々しいと、勇気をもらうし、なーんか希望が湧いてくる。
 福山雅治さんと徹子さんの最後のコラボもよかった。

 ※今「楽天」が優勝した。
  感動!信じられない。 9年前、田尾さんが監督の頃、万年最下位と思っていた。
  まさか優勝するなんて!
  「マー君、神の子、不思議な子」と言っていた野村元監督さんの功績も大きい。
  ぜひ、日本一になって欲しい。
  おめでとうございます。

posted by hidamari at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

毒牙(どくが)

 1 毒蛇などの、毒液を出す牙(きば)。2 邪悪なたくらみ。あくどい手段。毒手(どくしゅ)。
 今回のプロスワードに出てきたことば。

以下今日のことば
○キッシュ(仏: Quiche)  卵とクリームを使って作るフランス、アルザス・ロレーヌ地方の郷土料理。パイ生地・タルト生地で作った器の中に、卵、生クリーム、ひき肉やアスパラガスなど野菜を加えて熟成したグリュイエールチーズなどをたっぷりのせオーブンで焼き上げる。ロレーヌ風キッシュでは、クリームとベーコンを加える。※ウィキペディア
○ダイオウイカ  ダイオウイカは、開眼目 ダイオウイカ科に分類される、巨大なイカの1種である。ダイオウイカ属には複数種があるとする説もあったが、遺伝子的にはきわめて均一な同一種だと判明した。 世界各地に存在する巨大な頭足類の伝説「クラーケン」はダイオウイカをモデルにしているとも考えられている。※ウィキペディア
○ウエツカタ(上つ方)  1 うえの方。かみて。⇔下(しも)つ方。 2 身分の高い人々。上流階級。うえつかた。⇔下(しも)つ方。 3 京都で、御所に近い方。上京(かみぎょう)。⇔下(しも)つ方。※コトバンク
○リフ(riff)  オスティナート、つまり、繰り返されるコード進行、音型、リフレイン、または旋律の音型であり、主にリズムセクションの楽器によって演奏され、楽曲の基礎や伴奏として成立するものを指す(特にロック、ラテン、ファンク、またジャズに於いては顕著である)。※ウィキペディア
○テンシキ(転失気)  落語の噺の一つ。屁(へ)の医学用語。
○ツウヨウ(痛痒)  精神的、肉体的な苦痛や、物質的な損害。さしさわり。

posted by hidamari at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

冤罪について

 先頃「みのもんた」さんの二男が窃盗未遂容疑で逮捕された事件をテレビで知った。
 本人は否認しているということ。
 訳は、「彼が偶然拾ったカードを、自分が以前失くしたものかもしれないと思い、残額チェックをするため、ATMにカードを入れてみた」それがカメラに写っていて、それが逮捕の決め手になったということらしい。
 事件当日彼は、たまたま被害者の側から立ち去ったところを目撃され、参考人として警察に連行されたものの、被害者のバックを持っていなかったので、すぐに帰されている。
 彼はそのことを父親である「みの」さんにも話している。それを聞いた「みの」さんは、「そうか、そんなことがあったのか、災難だったな」ぐらいにしか、その時は感じておられなかっただろう。
 ところが、後日ATMカメラに、彼の姿がばっちり写っていることを検証した警察は、彼を改めて逮捕したということ、らしい。

 別に私はみのさんのファンではない。
 ただ警察の、ATMの写真だけで犯人と決め付ける軽率さに、ある不安を感ぜずにはいられない。
 父親としては息子のいうことを信じたいが、それまでいろいろやんちゃをやらかしていることで、もしかしたら魔がさしたのかもしれない、と、そこでみのさん、ふと息子を疑ったとしても不思議ではない。それで、あのような「捜査を見守るしかない」というコメントを出されたのだろう。

 先日「すべて彼女のために」という、冤罪を扱った映画をみたせいかもしれない。
 警察の無能さ、怠慢さで、冤罪をかぶった人の運命を考えてしまうのだ。
 
 今回やっていないなら、徹底的に否認を続けるべきである。
 彼の言い分には偶然が多すぎるが、そういう不運は事実あり得ることなので、もし無実なら頑張ってほしい。
 警察は真の証拠になる被害者のバッグを見つけて初めて犯人と断定するべきではなかろうか。

posted by hidamari at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

四文屋(しもんや)

 江戸末期、4文均一の食べ物や品物を売った大道商人。また、その店。 ※ goo辞書
 今回のクロスワードパズルに出てきたことば。
 今の時代の100円均一ショップは、これを元にしているのかも。

以下今日のことば――オリンピック特集だったような…
○メイプル( maple). カエデ属の植物。カナダ国旗に描かれている。
○カルマ  仏典などの日本語での解釈では「業」という意味合いで使われる。※コトバンク
○リア(rear)シート  自動車の後部座席。
○ピット(pit). @. 穴。凹み。 「オーケストラ-−」 「排水−」. A. 陸上競技の跳躍種目で,競技者が着地する砂場またはマット。※コトバンク
○ヨコグルマ(横車)   横に車を押すように、道理に合わないことを無理に押し通そうとすること。※コトバンク
○イルカ(海豚) トド(海馬)
○パーソナル(personal―個人)ベスト  自己最高記録
○ブルーインパルス(Blue Impulse)  航空自衛隊に所属する曲技飛行隊(アクロバット飛行チーム)の愛称であり、航空交通管制における編隊のコールサインである。※ウイキペディア
○ガシ(賀詞)   祝意を表す言葉。祝詞(しゅくし)。
○ツインルーム  ベッドが2台設置されているホテルの客室。
○ノッカー  ドアや門、フェンスなどに取り付けられている叩き金のことで、訪問者が金具の取手を打ち付けて来訪を告げる。※コトバンク

posted by hidamari at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

ふよう(芙蓉)のかんばせ(顔)

今回のクロスワードパズルに出てきたことば。
私には初めてのことばだった。
【意味】ハスの花のように美しい顔。美人の顔の形容。「―柳の眉」※ goo辞書

以下今日のことば
○トバクチ(とば口)  1 はいりぐち。入り口。戸口。「―に立つ」2 物事の始まったばかりのところ。
○ダイイン(Die-in)  参加者が死んでいる事を模倣して行う抗議の形。※コトバンク
○バスーン  木管楽器の一つ。ファゴット(伊: fagotto)。
○ポチャドル  豊満な肉体を売りにするグラビアアイドル
○カラサワギ(空騒ぎ)  「なんでもないことで大騒ぎする」という意味
 「大山鳴動して鼠1匹」 大きい山が音を響かせて揺れ動くので、大噴火でも起こるのかと思っていると、小さな鼠が一匹出てきただけだったという意味から。※故事諺辞典
○ウンモ(雲母)   うんぼ,マイカmicaともいい,俗に“きらら”ともいう。層状のケイ酸塩鉱物のうち主要なもので,平らに薄くはがすことのできる鉱物。重要な造岩鉱物の一つであるほか,電気製品に絶縁材料として用いられた。※コトバンク

posted by hidamari at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

今日の新聞から

 一面トップに「婚外子相続差別」が違憲とした最高裁初判断がされたことにより、その民法改正案が国会に提出されることになったと、発表された。
 そのことは、もはや仕方ないが、私はずっと今のままがいいと思っていたので、ちょっとがっかりした。
 私には直接何の関係もないことだが、一般的に考えて、納得がいかないのである。
 「子が自分に責任のないことで不利益を被るのは不合理だ」としているが、元々あらゆる子は自分の責任のないところで、貧乏人の家庭に生まれたり、裕福な家庭に生まれたりするわけで…。
 しかし、婚外子はそうではない。少なくとも子がそうなることを選んだのは親であり、責任が親にあるのは明白な訳である。
 もし、個人の尊重を重視するのなら、結婚制度そのものを考える必要がある。それこそフランスのように法に縛られない保護された複数結婚制度もあり得るのでは。
 血が繋がっているというだけで、遺族には全く関係のない人を平等に扱うのは、それこそ不平等と思うのは、単なる意地悪な考えなのか。婚外子の現行法の遺産相続が、嫡出子の1/2というのも、恵まれていると思うのだが…。

posted by hidamari at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする