2010年03月17日

ジャガイモの植えつけ


ジャガイモの種.jpgジャガイモの植え付け‘10.3@.jpgジャガイモの植え付け‘10.3A.jpg




 朝から絶好の農作業日和である。
 夫は定休日。
 朝はゆっくり起きて遅い朝食を取り、家事を済ませた。
 昼前11時頃から畑へ出かけた。
 風もなく、寒くも暑くもなかった。
 着くとすぐ、畝を作り、底に薄く肥料をまき、土を軽く載せ、その上に種ジャガを30センチおきに置いた。
 その上に土をかぶせ、もみ殻をかけた。
 これで、2週間くらいすると、芽が出るはず。
 赤ジャガ2キロデジマ1キロの2種類をそれぞれ違う場所に植え付けた。
 まともに収穫出来ると多すぎるのだが、もし不作ならとつい多く植えてしまう。
 ダイコンも多く取れ過ぎて今処置に困っている。
 干しダイコンにするの、めんどうくさい。
 でも、なんとか、やらなきゃ…。

 ジャガイモの植え付けを無事終えホッ。
 草むしりを少しして、自宅に戻ったのは2時半だった。
 早く行けば、早く済むんだ、これあたりまえ。

posted by hidamari at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

育ち過ぎたブロッコリー


ブロッコリーとネギ収穫.jpgブロッコリーを食卓に飾る.jpgネギみそ.jpg 






 久しぶりに朝から晴れていたものの、昨晩の雨で、今日はまだ畑の土は湿っているものと思われた。
 これでは、ジャガイモの植え付けは出来ない。
 しかし、長い間、畑に行っていないので、ブロッコリーがどうなっているか気になった。
 また、土に埋めている大根も。
 それに私の実家の墓参りにも行きたかった。
 夫は気が進まなさそうにしていたが、私が1人でも行くといったら、3時半までに帰ってこようと、かってなことを言いながらも付いてきてくれた。
 それで、1時過ぎてから出かけた。
 私は、畑に植えているキンセンカとスイセンを、お墓に供えるために取って、そこから車で10分程かかるお墓には1人で行った。
 墓参りを済ませ、再度畑に着いたのは、2時半だった。
 その間、夫は1人で草むしりをしていた。
 ブロッコリーは案の定育ち過ぎて、黄色いお花がポッポッと咲いていた。
 ただ、まだ十分食べられるのもたくさんあったので、バケツいっぱい取った。
 エンドウマメは順調に育っているように見えたが、根切り虫にやられて、何本かは枯れていた。
 土に埋めていたダイコンは、首のところが少し色が変わっていたが、みずみずしさは十分あった。
 あと10本くらいあるので、そろそろ掘りだして、干し大根にでもしなければと思っている。
 でないと、もう限界みたい。
 畑を引き上げたのは、3時半になった。
 帰ってすぐブロッコリーとネギを湯がいた。
 花が咲いたブロッコリーは食卓に飾った。
 夕食にさっそくネギとブロッコリーを酢ヌタで戴いた。
 新鮮なのはやはり美味しい。

posted by hidamari at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

実ったブロッコリー


ブロッコリーA.jpg 今日(24日)は夫の定休日
 夫は、午前中、眼科、歯科と病院のはしごをする。
 眼科はいつも混んでいるみたいで、朝8時前に行ったのにもかかわらず、順番札が40番台だったということ。
 それで帰ってきたのが午後1時過ぎだった。
 それから、オリンピック女子フィギアスケートを見て、畑に行った。
 ジャガイモを植える土に堆肥を入れるためだ。
 久しぶりに行ったら、ブロッコリーがたくさん実っていた。
 近くに住んでいる幼馴染のSちゃんが、たまたま、お孫ちゃんを連れて通りがかったので、そのブロッコリーをやろうと思った。
 「ブロッコリー持っていかない?」と言うと、「俺あまり好きでないからいいや」と言った。
 いらないんだ、と思っていると、一緒にいた、かわいい女子のお孫ちゃんが、お祖父ちゃんに抗議するように「あたし好き」と言うではないか。
 子供が好きとはちょっと意外だった。
 「じゃあママに持っていって料理してもらいなさいね」と、言って持たせると、ニコッと笑った。
 その笑顔が、とてもかわいかった。
 私も孫が欲しいと、切実に思った。

 私とは2歳しか上でないSちゃんには、孫がもう4人もいるそうな。
 しかも長男家族の家は、彼の広い敷地内にある。
 理想の形ではないか。
 Sちゃんとは、子供の頃、けんかもしたが近所を駆け巡って遊んだ、仲間なのだ。

 Sちゃんの家は元々資産家で本人は元公務員のお金持ち。
 今家族にも恵まれているみたいだし。
 何より、元気で若々しく、相変わらずハンサムなのがいい。
 小さい時は、やんちゃで悪ガキだったのに。
 今では、私より幸せそうなのが、ちょっと口惜しい…かな?

 今日の農作業は、堆肥入れをしたあと、4時過ぎまで草むしりをした。
 家に着いたのは5時だったのに、夫は性懲りもなくその後、パチンコに行った。

 ※ 上記は24日の出来事である。
   うっかりしていたら、24時を回って日付が変わってしまっていたおそまつです。

posted by hidamari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ブロッコリー


’10.ブロッコリー.jpg
 昨日の農作業。
 ジャガイモを植えるための土作りをした。
 前回、一応土を掘り起こしていたが、再度深く掘って、土を均したあと、苦土石灰を1uあたり100g程度入れた。
 あとは、種イモを埋める1週間くらい前に、堆肥と化成肥料を入れることになる。
 
 3本植えているブロッコリーが、やっと食べられる大きさになっていた。
 3本とも収穫した。
 でも、まだ、回りにたくさん実をつけているので、後から後から大きくなると思われる。
 と思い、肥料を少し播いておく。

 帰りに、種ジャガイモを買うために、販売店へ寄った。
 アイノアカイモ2sデジマ1s(いづれも地元産)を買った。計894円也。
 うまく育てば、これでも我が家では食べきれないほどたくさん球根をつけるはずだ。
 3月になったらすぐに植え付けをしようと思っている。

(写真は、ブロッコリー1個を撮ったもの)

posted by hidamari at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

エンドウマメ


10年エンドウマメ.jpg 昨日の畑仕事。
 サトイモを全部獲ってしまったので、その後の土を耕した。
 柄の長い鍬を振り上げて深く掘り上げた。
 10回くらい振り上げて、すぐくたびれた。
 で、仕方なく座って、掘り上げた土を手でほぐした。
 いい天気だったので、辛くはなかったが、腰を痛めると後が怖い。
 土作りは、少しずつしようと思っている。
 昨秋播いたエンドウマメは、何とか育っているようだ。
 実は、前年の種(冷蔵庫に保存していたもの)を使っているので、収穫出来るか不安なところもある。
 種を1袋買うとどうしても余ってしまう。
 もったいないと思って使ったのだが、期限切れというのが、ずっと心にひっかかっているのである。

posted by hidamari at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

サトイモとモチ肌のダイコン


サトイモの収穫.jpg 今年初めて畑へ行った。
 夫も一緒に来てくれる。
 畑に隣接しているS自動車が、昨年から新しい社屋を建てているところなのだが、一時資材置き場として、我が畑の車庫を使っている。
 もちろん、我が家が使わない時を条件として承諾している。
 このS自動車、最近景気がいいらしく、他所にもでっかい社屋を建てている。
 喜ばしいことだ。
 そのお隣の工事を請け負っているH組の社長さんは、とても愛想がよい。
 我々が行くと、どこからかすっと現れて、なにやかやと機嫌を取っていく。
 お互い様だからいいですよ、と車庫の使用を、我が家が快諾したことを喜んでいるのだろう。
 工事の終了時には、車の出入りがスムーズに行くように出入り口をコンクリートで固めてくれるそうだ。
 親切はしておくものだ。

 さて、今日の農作業は、エンドウマメの土寄せと、草むしり、それにサトイモとダイコンを収穫した。
 ブロッコリーは葉ばかり育って、実(花)がまだ小さいので、肥料をやった。
 ホウレンソウ、シュンギクは霜にやられていたがそのままにしておく。
 菊の花もカットしてしまったので、今空き地が多い。
 2月になったら、土作りして、春の種まきに備えたい。

(写真は、今日掘ってきたサトイモと形の楽しいダイコン。このダイコン、すり大根用で、きめが細かくてとても美味しい)

posted by hidamari at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

花カンランと寒菊


花カンラン09.jpg窓辺の寒菊B.jpg 先週の土曜日の話し 
 今年最後になるかもしれないと思って、畑へ花カンランを取りに行った。
 もちろん、ついでに草むしりや畑の整理もするつもりで。
 夫はいつものようにパチンコに行ったまま、約束の時間になっても帰ってこないので、1人で行った。
 
 ノースポールがあちこちに発芽していたので、1つ1つ抜いて1か所に移植した。
 頑張って50本くらいを植えたので、けっこう時間がかかった。
 エンドウマメはだいぶん大きくなっていた。
 花カンランとブロッコリーを一緒に植えていたので、両方の葉が重なり合っていた。
 ブロッコリーの実(花)はまだまだ小さかった。
 花カンランも、まだ未完だと思ったが、お正月用に植えたのだから2本抜いてくる。
 ブロッコリーの葉で日が当たらないのか、色が今一、それに虫も食っていて、出来は今一というところ。

 夫から電話が入り、鍵がないので家に入れないという。
 里芋とすり大根用の大根を収穫して帰ることにする。
 でも、予定していた私の実家の墓参りには行くことにした。
 寒菊もそろそろ最後なので、どうしても行きたかったのだ。
 今月はこの菊のお陰で、実家の墓参りに2回行くことが出来た。
 夫は、庭の草むしりをしながら、ブツブツ言いながら待っていた。
 負けたから、帰るしかなかったのだ。
 鍵くらい持っていけと言いたい。

(写真は、花カンランと寒菊)
posted by hidamari at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

今日の農作業


埋めた後の大根畑.jpg 朝起きると辺りはうっすらと雪景色だった。
 寒いはずだ。
 でも私は、先週から、今日は畑へ行って、体半分以上土から出ている大根を、土に埋めようと決めていた。
 夫はお金もないのに、パチンコへ行く、という。
 何とかうまく言い含めて夫を誘って畑へ行った。
 畑へ着いたころは、朝降っていた雪はすっかり止んだ。
 土も思ったよりぬかるんでいなかった。
 冷たい風が時々吹いてくるが、太陽も時々顔を出し、作業することになんら支障はない。
 テレビで教わった通り、抜いた後の土を深く掘って、葉をカットした大根を寝かせて土をかぶせた。
 これで3月まで、大根は自分ちのを食べられる。
 別場所の、すり大根用のものは、盛り土をしてそのままにしておく。
 
 その他に、エンドウマメに、霜よけのもみ殻をまいたり、終わった菊の花を、根元からカットしたりした。
 帰りに、すり大根用のダイコンと、サトイモ、ホウレンソウ、シュンギク、寒菊など収穫する。

 お隣さんに、収穫してきたダイコン1本あげると、実家の山からもいできたばかりだという、大きなレモン3個貰った。
 なんか申し訳ない気持ち。

 というのが、今日の農作業である。

(写真は、埋めた後の大根畑。埋めた所に印としてもみ殻をかけておいた)
posted by hidamari at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする