2014年02月24日

諌江第50番札所

諌江第50番札所・金比羅山.jpg 金比羅山境内にあった記念碑.jpg

 第50番札所(伊予国――諫早市小野町 金比羅社上宮)
 2010年10月に、後2ヵ所の札所を残して、諌江八十八カ所巡りをいったん終了していた。
 その残りの札所は50番と70番、いずれも険しい山の上にある難所である。
 今回、元職支部ウォーキングクラブの例会で、金比羅山ウォークをするというので、いい機会だと思って参加した次第である。
 金比羅山までの山道を登ってみて夫婦2人では、まず無理だったろう、と思った。
 ただ、車道が整備されていて、駐車場もあり、ごく近くまで車で行くことが出来る。
 4年前に参っていたら、多分車で行ったに違いないので、今回のような感動はなかったのではないか。
 大師像は祠もなくはだかのままだった。しかも頭が1度折られた形跡があり、セメントで復元されていた。
 驚いたことに、境内にあるその他の石仏の頭がことごとく折られていた。何の目的でこんないたずらをするのか、とても嘆かわしかった。
 いよいよあと1ヵ所、長崎市東町の普賢神社にある70番札所を残すのみとなった。
 これも、近々ウォーキングクラブで行くことになっている。
posted by hidamari at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

諌江第7番札所


第7番札所.jpg (阿波国十楽寺 ― 諫早市本野町神明社)
 
 諌江八十八カ所巡りも残すところあと4ヵ所となった。
 夏の間は休止していたが、涼しくなったからそろそろ再開しようと思っている。
 7番札所へは、この2日に行った。
 近所の温泉へ行った折、散歩のついでに参った。
 実は、ここへは、今年のお正月初詣したのだが、その時はここに諌江7番札所が祀ってあることを知らず、スルーしていたのだ。
 それで、今回再度訪れ、カメラに収めてきた次第である。
 あと3ヵ所だが、27番札所は水害で流されて、今存在しないとか。
 残りの2ヵ所は少々高い山にあるので、多少心の準備が必要と思われる。
 11月までは終わらせたいと思っている。

posted by hidamari at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

諌江第84・85番札所


第84番札所.jpg第85番札所.jpg






第84番札所(讃岐国屋島寺 ― 諫早市久山町 久山城跡頂上)
第85番札所(讃岐国八栗寺 ―  〃 久山町 薬師堂)

 今日巡る所はマップで見る限り我が家から近場で、しかも分かりやすい。
 あまり歩くこともなさそうだったので、車をちょっと離れた地産物販売店の駐車場に置き、てくてく歩くことにした。
 84番札所は久山町の歳神社の裏山にあるというところまでシミュレーションしていた。
 歳神社は国道から見える。
 すぐだと思った。
 行ってみてびっくり。
 裏山は、山全体が公園になっている。
 頂上にある久山城跡までの階段が約300段あった。
 時間にして15分くらいだろうか。
 その久山城跡公園のほぼ中央に、84番札のお大師様が、お堂なしで鎮座しておられた。
 ガイドブックの写真は、草をきれいに刈ってあるが、今日は草が茂っていたので、感じが少し違っていたが、真っ青な5月の空はとびっきり美しかった。
 また山腹から見る町の景色は、やっぱ心が洗われる。
 二男が通った高校が見えた。
 あの頃周りに殆ど家がなかったが、すっかり様変わりした景色だった。
 二男を1度ここにぜひ連れてきて、同じ感動を与えたいと思ったことだった。

 
城山山中(84番札所への道).jpg城山頂上からの空.jpg久山町、西陵高校.jpg






 85番札所は、住宅街の外れにあったので、楽々コースだった。
 復路、国道沿いにある手打ちうどん屋さんに寄り、冷やしつけ麺を食べた。
 そこのご主人が、85番札所の近所に、龍馬が立ち寄ったとされる茶屋跡と、飲んだといわれる井戸があったことを教えてくれた。
 最近龍馬に関する名所があちこちに出現している。
 まあ、弘法大師様の立ち寄った所にはかなわないけど。

 今日の収穫は冷やしつけ麺が、ことのほか美味しかったこと。
 ご主人は島原の方。
 我々も島原に5年間住んでいたこともあり、島原話しが盛り上がったことも、うどんの味を上げた…かな。

posted by hidamari at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

諌江第77・78・87番札所


第77番札所.jpg第78番札所.jpg第87番札所.jpg





第77番札所(讃岐国道隆寺 ― 多良見町西園十六善神社)
第78番札所(讃岐国郷照寺 ―  〃  元釜高岩神社)
第87番札所(讃岐国長尾寺 ― 諫早市津水町熊野神社) 
 
 水曜日、天気晴れ
 午後1時過ぎから多良見地区2ヵ所と津水1ヵ所を巡った。
 87番札所は津水町の熊野神社からさらに125段の石段を上った広場にあった。
 西諫早ニュータウンの端から南に進んだ所に、昭和の初期に建てられたその小さな神社はあった。
 札所は見晴らしのいい高い所だったが、そこには人家があったし、歩いている人にも会った。
 札所で人に会ったのは初めてと思ったが、この家の人なら参拝者とはいえないかも。
 88カ所巡りもそろそろ終わりなのに、そういえば、巡礼者に1度も会ったことがない。
 それは少し寂しいことだ。

 
大草金毘羅さんから見た大村湾.jpg元釜地区みかん山で見かけたレモンの木.jpg





  多良見地区の2ヵ所は旧大草町にあった。
 JRのローカル線が大村湾の海岸線に沿って、通っている。
 右手が大村湾、左手がみかん山と、なかなか風光明媚なところだった。
 特に78番札所は金毘羅さんの山腹にあり、そこに登る途中から見る大村湾は一見の価値あり。
 帰路、道路端の産直売り場で食べたみかんのシャーベットは、絶品だった。
 またそこで、厚揚げとアジの干物も買った。
 さっそく厚揚げの煮物をしたが、とても美味しかった。

posted by hidamari at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

諌江第79・80・81番札所


第80番札所.jpg 第79番札所(ュ大明神本堂内).jpg
第81番札所.jpg







第79番札所(讃岐国天皇寺 ― 多良見町木床鹿神社)
第80番札所(讃岐国国分寺 ―  〃  木床松山)
第81番札所(讃岐国白峰寺 ―  〃  木床正法寺)

 日曜日、天気晴れ
 昨日の畑仕事が相当堪えたのか、今日はテンションが上がらない。
 でも予定していた札所巡りを敢行することに。
 夫も身体がきついと言ってはいるが、行かないとは言わなかった。
 12時前に家を出る。
 今日の札所には難所はなく、人に尋ねることもなくスムーズに予定通り、多良見地区3ヵ所を巡ることが出来た。
 多良見地区は県下でも急速に発展した町である。
 元々農業やみかん栽培、漁業等で成り立っていたのだが、最近では商業地域として発展が目覚ましいので、すっかり漁業の存在を忘れていた私。
 多良見町は大村湾に臨んでいる漁業町でもあった。
 ここも平成の大合併で諫早市に編入された町である。
 実のところ、多良見町は車で通り過ぎるだけだった。
 今回札所を何ヵ所か巡って、実際の町に触れることが出来たわけなのだが…。
 感想は、いかにも新興の町という感じのよく整備された、きれいな町ということだった。
 特に船津地区は埋め立地で、新しい家が立ち並んでいた。
 80番札所は、かろうじて昔の風景が残ったみかん里の、丘の上にあった。
 そこから見る、大村湾は凪いでいて、母のような安らぎがあった。
 家に帰ったのは、1時半過ぎ。
 海岸通りを散歩できたのが何よりだった。

喜々津港にて.jpg海上カキ焼き小屋.jpg第80番札所への小道.jpg

posted by hidamari at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

諌江第75・76・82・83番札所


第75番札所.jpg第75番札所・天満宮ミ殿内(西川内).jpg







第76番札所.jpg弘法山参道(多良見町中里).jpg






札所第82番.jpg天満宮(市布).jpg第83番札所.jpg





第75番札所(讃岐国善通寺 ― 多良見町西川内 天満宮)
第76番札所(讃岐国金倉寺 ―  〃  中里  山中)
第82番札所(讃岐国根香寺 ―  〃  市布 天満宮)
第83番札所(讃岐国一宮寺 ―  〃  化屋 シーサイド第一公園内)

 月曜日憲法記念日天気晴れ
 初夏を思わせる暑さ。
 午前11時頃から畑へ野菜の水やりに行く。
 ついでに、夫はツツジ等の剪定、私はエンドウマメを収穫する。
 1時間ほど畑にいて、復路に多良見地区4ヵ所の札所を巡る。

 82番札所はマップだけで見つけることが出来たが、あと3ヵ所は難所だった。
 76番札所は周辺をぐるぐる回っているだけで見当もつかなかった。
 行き止まりが個人のお宅でUターン出来ず、そのお宅のお庭に入らせてもらう。
 幸運にも在宅で、ご夫婦が親切に道を教えて下さった。
 計3人に尋ねて、やっと辿りつけたのは、私の好きな形態の弘法山中の祠堂だった。
 75番札所も、夫と意見が西と東に別れたが、最後夫に任せたら、無事辿りつけた。
 83番札所は、住宅街の中にある小高い崖の上にあった。
 そこに辿りつくのも、一苦労で、さんざんうろうろした結果、親切なご婦人に巡り合うことができ、途中まで道案内して下さったお陰で、無事辿りつけた次第である。
 家に帰り着いたのは午後4時過ぎ、それまで食事抜き、へとへとに疲れてしまった今回の札所巡りだった。

posted by hidamari at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

諌江第63〜66番札所


第64番札所.jpg第63番札所.jpg





第65番札所.jpg第66番札所.jpg






 第63番札所(伊予国吉祥寺 ― 飯盛町佐田熊野神社)
 第64番札所(伊予国前神寺 ―  〃 里)
 第65番札所(伊予国三角寺 ―  〃 国道沿い)
 第66番札所(伊予国雲辺寺 ―  〃 観音寺)

4月28日水曜日天気晴れ
 少々風はあるものの絶好の札所巡り日和
 夫と飯盛町田結地区にある札所4ヵ所を巡る。

 63番札所は、造りはしっかりしたコンクリートの祠堂だった。
熊野神ミ(佐田地区).jpg
 その祠堂がある熊野神社が心に残るものだった。
 天正2年に再建されたというこの神社は見るからに古く、拝殿には市文化財に指定されている絵馬と天井絵があった。
拝殿の絵馬と天井絵.jpg

 64番札所は田結地区の山間部にあった。
 車を道端に止めて、のどかな畑の中といっても、しっかり舗装されたりっぱな道路をゆっくり上がっていると、何と、タヌキがゆうゆうとその道路を横切っていった。
 びっくりした。
 畑にいた男性に「タヌキに会いましたよ」と言うと、
 自分は出会ったことはないが、イノシシには農作物をやられるし、サルを見た人もいる、ということだった。
田結山間地域.jpg

 若葉が湧き上がっているような山、段々畑の深い緑、平地の田んぼの茶、遠くにかすんでみえる橘湾の濃いブルー、それにスカイブルーの空。
 そこにトンビがゆっくりと輪を描いていた。
 なんとも絵のような風景だった。

 65番札所は国道251号線沿いにあった。
 66番札所は、これまた市指定文化財の観音寺の境内にあった。
 田結地区札所巡りは、海と山からなる自然のコラボレーション、目と心と身体をもリフレッシュ出来、楽しいものだったのである。

 今日4月30日は、プール。
 図書館に寄って「1Q84・book3」を予約した。
 10冊あるそうだが、120番だった。
 みんな財布の紐が固いみたい。
 気長に待つしかない。

posted by hidamari at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

諌江第57・58・59番札所


第57番札所.jpg第58番札所.jpg第59番札所.jpg






第57番札所(伊予国栄福寺 ― 飯盛町後田神社)
第58番札所(伊予国仙遊寺 ― 飯盛町下釜神社)
第59番札所(伊予国国分寺 ― 飯盛町久保 香田観音)

 日曜日、晴れ、
 五月晴れを思わせる瑞々しい大気がまことに気持ちよかった。
 今日は飯盛町にある札所3ヵ所を巡った。
 ここも諫早市に合併する前は郡部だった所である。
 その飯盛町旧・江の浦地区に、漁港の湾を挟んで東と西に57・58番札所があった。
 夫々後田神社、下釜神社の境内にあって、共に小高い所で、海と人家が一望出来た。
 そこから見る景色は、漁師町の生活がイキイキと伝わってきて、三島由紀夫の「潮騒」を思い出させるものだった。
江の浦漁港.jpg
 58番札所が分からず、あるお宅に立ち寄って尋ねたところ、そこの奥さんが、
 「札所近くでお葬式があるから手伝いに行くところだった、ちょうどいいので」と言って案内してくれた。
 昔ながらの習慣で、お葬式となると、町内の人が寄ってお手伝いをするのだそうだ。
江の浦地区風景.jpg
 札所までは500mそこらの距離だったが、道を挟んで家々がずっと軒を並べていた。
 思ったことは、農村に比べて、若い人が意外といること。
 それにお葬式だからなのか、子供も意外とうろちょろしていた。
 のどかな漁師町だが、何か日々物語が紡がれているような、そんな匂いのする町だった。
 59番札所は今日の中では1番の難所だった。
 それは相当の町外れで、山の中の集落だったからだ。
 形体はやはり素朴な石堂だった。

 帰りに唐比の食品センター「とれとれ旬屋」まで足を延ばし、牛乳やヨーグルト、トマト、魚のすりみ等を購入した。
 牧場直とはいえ、牛乳800ml、630円はちょっと高いかな!

posted by hidamari at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

諌江第60・86番札所


第86番札所.jpg第60番札所.jpg 日曜日天気うららかな花日より
 夫は朝から機嫌が悪い。
 昨日つつじ観賞会に行く時までは上機嫌だったのに、帰った時からずっとこうだ。
 夫は、喜怒哀楽がすぐ顔に出る。
 何か気に入らないことがあったのか。
 帰りにパチンコに行ったのか。
 何かみじめな思いをしたのか。
 私は毎日みじめな思いをしていても
 毎日笑っているのに 全く…。

 午後から私だけでも札所巡りに行こうと、マップなどパソコンから出して用意していたら、
 思いっきりしかめっ面した夫が「行くならすぐ行くぞ」と言った。
 そして、桜花賞をテレビで見たいから早く帰りたいというので、
 今日は比較的分かりやすい2ヵ所を巡った。
 
 60番札所はりっぱなお寺の裏にあった。
ドコモのアンテナ塔.jpg
 奥まった小山の辻で、桜や夏ミカンの木がある風情のある場所だったが、ここにも、最近あちこちに建っているドコモのアンテナ塔が間近にあったのには興ざめだった。

 86番札所は花の木という地域にあった。
 花の木というだけあってのどかないい場所だったが、地名の由来がいま1つ分からなかった。
 ぜひ知りたいと思った。

 第60番札所(伊予国横峰寺 ― 飯盛町中山西法寺辻)
 第86番札所(讃岐国支度寺 ― 諫早市久山町花の木)
posted by hidamari at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

諌江第62・67・68・69番札所


第62番札所.jpg69番札所.jpg




68番札所.jpg67番札所.jpg




 日曜日天気晴れ
 今日は、諫早ライオンズクラブ主催「第4回諌江88ヵ所巡り」なるイベントに参加した。
 今年は、飯盛〜戸石〜矢上にある札所を巡るとあった。
 (昨年まで諌江88ヵ所のことを知らなかった私、こんなイベントがあっていることは知る由がなかったのだが)
 今回、私が既に巡礼を済ませている矢上地区4ヵ所が含まれていた。
そこは2度巡ることになるのだが、調べてみると、戸石地区にある67番札所は、とても分かりにくく、しかも超難所みたいだったので、ガイド付きで行けるのは、またとないチャンスだった。
結果大正解だった。
 夫と私では、とうてい探し当てることが出来ないような道なき道を登っていった、金毘羅山の中腹に、67番の大師堂はあった。
 ただ、復路は、別コースを通ったので、急な坂道ではあったが比較的道がしっかりしていた。
 で、時々立ち止まって、周りの景色を見た。
下戸石町金毘羅山下山途中からの眺望.jpg
 茂木ビワの産地でビワ畑があったし、ツワ畑もあった。
 参加者総勢80名、しかも老齢の方が殆ど。
 お世話をする人は、全てボランティアのライオンズクラブ。
 マイクロバス2台、後はライオンズクラブ会員のマイカー提供。
 豪華お弁当とお茶付き。
 それで参加費は1000円。
 また、諫早ライオンズクラブ結成45周年記念として発刊された、「諌江八十八ヵ所巡り」というガイドブックも発売日を待たずに買うことが出来た。
八ヶ所巡り」.jpg
 常々あればいいと思っていたものだ。

 ボランティアでガイドをしている方の、流暢な説明を聞きながら、和やかに巡礼が出来た。
 しかも花見付き。
 全行程7ヵ所(ただし矢上地区4ヵ所のブログ記述は既に登載済み)、8時半集合2時半解散だった。
 
 第62番札所(伊予国宝寿寺 ― 諫早市飯盛町田結 志賀神社)
 第67番札所(伊予国大興寺 ― 長崎市下戸石町金毘羅山中腹)
 第68番札所(讃岐国神恵院 ―  〃 戸石川内町無盡軒)
 第69番札所(讃岐国観音寺 ―  〃 上戸石五穀神社)

posted by hidamari at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

諌江第61番札所(伊予国香園寺 ― 飯盛町石原)


第61番札所.jpg 花見日和の今日、札所巡りを1ヵ所した。
 飯盛地区には10ヵ所の札所がある。
 最近は行かなくなったが、昨年前半は1月に1回は、飯盛町にある月の丘温泉に通っていた。
 マップで調べると、第61番札所は、その地域とある。
 目印は、八天山。
 登山口は2方あった。
 途中までバス道路がある土師野尾から登る道を選んだ。
 バスの終点に広場があったので、そこに駐車させてもらう。
 さて、そこから山の中へと進むのだが、どの道に入るのかさっぱり分からない。
 人家のある里へ下りて尋ねることに。
 屋敷が200坪くらいの立派なお宅が並んではいるが、留守ばかり。
 回りの畑にも人気はない。
 皆、花見にでも行っているのかしらん。
 3軒訪ね、どこも留守で途方にくれていると、
 ヤ!ヤッター、先方の屋敷から出てくる住人らしき人発見。
 逃したらもうチャンスはないと思った。
 走った。
 と!私の身体、まるで丸太棒。地面の堅い感覚が頭までズシンズシンと…。
 そういえば、最近走った覚えがない。
 そう走れないのだ…。
 さておき、なんとか、そのご主人を捉まえ、親切に教えてもらうことが出来、やおら札所を目指す。
森の中の標ッ.jpg
 檜が立ち並ぶ山中の林道を、マイナスイオンを感じながら歩く。
 こんな時連れがあることに幸せを感じる。
 1人では怖くてそんな余裕はないが、夫がいることでこんなに楽しめるなんて…。
 山中にある第61番札所は、私の好きな形体の石造り大師堂だった。
 八天山までは登れなかったが、見晴らしのよい所まで足をのばした。
 途中いろんな山蘭の花が咲いていて、心が癒された。
土師尾ダム.jpg
 帰りに唐比まで車を走らせ、「とれとれ旬家」で買物をする。
 ここに売ってある地元産のヨーグルトやトマトがめっぽう美味いのだ。
 家を12時に出、帰宅したのが3時だった。
土師尾地区里山.jpg
 (写真 ― 土師野尾ダムと
  里山から見た山腹。とても美しい)

posted by hidamari at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

諌江第52〜56番札所


第52・53番札所.jpg第54番札所.jpg





第55番札所.jpg第56番札所.jpg






 第52番札所(伊予国太山寺 ― 森山町上井牟田熊野神社)
 第53番札所(伊予国円明寺 ― 同上         )
 第54番札所(伊予国延命寺 ― 森山町唐比天満宮境内)
 第55番札所(伊予国南光坊 ― 森山町唐比補陀林寺)
 第56番札所(伊予国泰山寺 ― 森山町唐比休屋)

 振替休日の今日、天気晴れ
 絶好の札所巡り日和になった。
 昨日森山地区にある第54札所に行ったが、森山地区には後3ヵ所あったので、今日はそこを廻った。
 森山地区は平成の大合併で諫早市に吸収された町である。
 私がプールや古典教室に通っている馴染みの地区なのだが、札所のある場所はもちろんあちこちに散らばっているので、知るよしもない。
 マップで念入りに調べて出かけた。
 家を出たのは、11時30分。
 しばらく車を走らせると夫が、お手洗いがしたいと言いだした。
 しかも大。
 困った。全く間が悪いといったら…。
 コンビニなど何軒も、つい通り過ぎてしまい、ついに我慢の限界にきた時、都合良く私が通っているスポーツセンターの近くにきた。
 受付の女性が顔見知りだったので、トイレを気兼ねなく借りることが出来た。
 そんなハプニングもあったが、52・53番札所の熊野神社と、昨日行った54番札所の天満宮には桜がほぼ満開だった。
上井牟田熊野神ミの桜.jpg上井牟田熊野神ミから見た景色.jpg
 また、のどかな田舎道や公園の桜も見頃だった。
 花見をしながら、のんびりと札所巡りをした。
 いろんな人に道を尋ねたので、お話もいっぱい出来た。
 帰りには地元産の直売所で買物をした。
 家に着いたのは、3時前だった。

posted by hidamari at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

諌江第31・32・33番札所


第31番札所.jpg札所第32番.jpg





第33番札所.jpg 土曜日天気曇り
 昨晩から朝方まで降っていた雨は止んで、どうやら今日1日はもてそうな空模様である。
 夫は、昨夜もパチンコをしてきたが、今日は札所巡りをするというので、昼頃から3ヵ所を予定して出かけた。
 マップでシミュレーションを一応したが、33番札所は、ゴルフ場の前というだけで目印が皆無の状態だった。
 探し当てられる自信が、いまいち、持てなかったが、当たって砕けろの気持ちで出かけた。
 31・32番札所がある小ヶ倉町は、平家の落人が住み着いたとされる場所、熊野神社を目印に探したが、鳥居も社も傍まで行かないと分からないほど、ひっそりとした地域だった。
 31番札所は、神社よりさらに奥の五堂山という小山の中に鎮座していた。
 32番札所も、寶満山という小山に、その石の大師堂はあった。
 2ヵ所とも私の好きな大師堂の形体であるが、なにしろとても探しにくい。
 ただ探し当てた時の喜びは格別である。
 33番札所は心配した通り、なかなか見つけることが出来なかった。
 ゴルフ場の回りを何回も行ったり来たりした。
 2軒の人家に立ち寄り、尋ねながら探した。
 山の中に入り、道なき道を分け入って行った先に、ぽっかりと広場があり、私好みの、石造りの大師堂を見つけた時は、ほんとうに嬉しかった。
 誰もかれも簡単に探し当てることは出来ないだろうと思った。
 今までの中で1番の難所だった。

 第31番札所(土佐国竹林寺 ― 小ヶ倉町城の尾)
 第32番札所(土佐国禅師峰寺 ― 小ヶ倉町寶満山)
 第33番札所(土佐国雪渓寺 ― 小ヶ倉町中鹿倉)
posted by hidamari at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

諌江第48・49・51番札所


第48番札所.jpg第49番札所.jpg




第51番札所.jpg岩戸山の大岩.jpg





第48番札所(属予国西林寺 ― 宗方町宗方神社)
第49番札所(属予国浄土寺 ― 小野町天満神社)
第51番札所(属予国石手寺 ― 宗方町岩戸山)

 日曜日天気曇り少々風あり
 昨日、夫は怒っていたので、今日はどうかと思ったが、幸いにも朝には機嫌が直っていた。
 それで昼頃から、小野方面の札所3ヵ所を巡ることにした。
 小野町は元々郡部であったが、後年諫早市に合併された所だ。
 調べてみると、歴史は古く、屋敷の前に用水路がひかれ、山口県の萩を思わせる風情があった。
 48番札所が置かれている宗方神社は、地域の繁栄が覗える由緒あるりっぱな神社だった。
 そこにある大楠にも目を見張った。
 51番札所が置かれている岩戸山の大岩も見ものだった。
 車は、T銀行の駐車場に置かせてもらった。
 帰りに小学校校庭のブランコに乗ってみた。
 何十年ぶりだったが、きっとこれが最後になるのは、間違いない。

posted by hidamari at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

諌江第45・46・47番札所


第45番札所.jpg第46番札所.jpg
第47番札所.jpg 




  第45番札所(伊予国岩屋寺 ― 長野町長野公民館)
 第46番札所(伊予国浄瑠璃寺 ― 長野町八幡神社)
 第47番神社(伊予国八坂寺 ― 日の出町香田三の割)

 土曜日天気曇りのち雨
 夫は朝から庭の草むしりをした。
 と、いうことは、今日もパチンコ?と思いきや、札所巡りOKという。
 午後からすぐ出かけた。
 マップで一応シミュレーションをしていたので、自信はあった。
 札所近くのホームセンターで庭の植木に補充する鹿沼土を2袋購入し、そこに駐車させてもらい、札所2ヵ所目指して歩いた。
 45番札所は道を1本間違えたが、距離的にはたいしたことはなく、良い景色を見ることが出来、怪我の功名といったところか。
 46番札所はそこからそんなに離れておらず、スムーズに辿りつけた。
 途中、農家の大きな家を横目に見るのが、楽しかった。
 昔、庄屋さんではなかったかと思えるほどのりっぱなお屋敷もあった。
途中にあった大屋敷@.jpg大屋敷A.jpg




 46番札所は、高台にある八幡神社境内の隅に鎮座していた。
 2ヵ所を巡った所で、まだ十分余時間があったので、方向が全く違ったが、比較的自宅から近い、47番札所へ足を延ばすことにした。
 本来は徒歩で行ける所だが、今日は余時間を利用することで、そのまま車で行くことに。
 所が、それがとんでもないことに相成って、夫と喧嘩してしまう羽目になってしまったのである。
 私が、マップでシミュレーションしていたのは、我が家から行く道順。
 夫は、ホームセンターからなら、行き方が違うから自分に任せろと言って、その通り見事一発で47番札所に辿りついた。
 そこは、よくある弘法山的な小山の中で、趣のある大師堂であった。
 私の大好きな大師堂の形体、しかも一発で探し当て、大満足だった。
 ところが、それからが…。
 帰路、私の思惑では、自宅までは車で10分もかからない距離。
 ところが、自信満々の夫の車の行き先が、山の中。
 行けども山、山。
 タヌキに騙されているのじゃ…。
 霧で前は見えなくなるし、雨さえ降りだした。
 散々言い合った挙句、やっと引き返すことが出来た。
 何とか無事家に帰り着いたが、止せばいいのに、文句を言ってしまう私。
 案の定、怒った夫は、私の頭をボコボコに。
 トホホ…。
 でも引き返して良かった。
 帰ってマップで調べたら、その山道、グルグル回っていて、行き止まりの枝道がたくさんあり、最終的に市の外れ本野町に出てくることが出来るものの、その距離は相当長く、今日中に帰ることは出来なかったかも。

posted by hidamari at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

諌江第44番札所(伊予国大宝寺 ― 仲沖町公民館)


第44番札所.jpg 夫が「今日まで…」と言ってパチンコ店に寄ったのは1昨日。
 昨日、夫はパチンコをしなかった。
 今日、お仕事が定休日。
 お墓参りと札所巡りをすることにしていた。
 夫はその場しのぎ嘘を、何のためらいもなくつく。
 慣れっこになっている私は、別にどうっていうことはないのだが、パチンコに負けると、あからさまに不機嫌になるのが、どうにもむかつくのである。
 今日も「昼までに帰ってくる」といって、開店時に合わせて出かけた夫。
 昼過ぎに、思いっきり不快な顔で帰ってきた。
 ほんとうに単純で救いようがない。
 負けるまでするのだから、負ける時がくるのは当たり前なのに。
 楽しんできたんでしょう。
 辛気臭い顔するのはよしてくれィ。
 
 それはさておき、午後から予定通り、墓参りと第44番札所巡りをした。
 44番札所は、比較的街中の公民館の敷地内にあった。
 ヤマダデンキの駐車場に車を置くため、プリンターインクと掃除機の紙パックを購入し、札所まで歩いた。
 往復20分もかからなかったので、散歩にはならなかったが、天気もあまりよくなかったので、今日は1ヵ所だけにして、墓参りをし、家に帰った。
 夫は終始不機嫌だった。
 いい加減にしてほしい。

posted by hidamari at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

諌江第38・40番札所


第38番札所.jpg第40番札所.jpg 1昨日の金曜日、夫は、仕事帰りに散髪をし、その後パチンコに行った。
 お金がなくてしばらく遠のいていたが、給料日、晴れて解禁の日だったのだろう。
 しかも少し勝ったみたいで、すこぶる機嫌がいい。
 そして昨日の土曜日、元職場主催麻雀大会に出席して、またまた2位を獲得した。
 それで、私に2千円くれた。

 今日、日曜日、知事選の投票日。
 お昼頃投票を済ませ、その足で市中央地区の札所、2ヵ所を巡った。
 お天気も良く、暖かい。
 絶好の散歩日和。
 それなのに、夫は、脇見もせず、せかせかとせわしなく歩く。
 「なんでそんなに急ぐのよ。ゆっくり楽しみながら歩こうよ」と言うと、「早く帰ってテレビで競馬を見るんだ」と言う。
 3時までには十分間に合うのに、おかしいと思った。
 パチンコに行きたいのだなあ、と思った。
 40番札所は広福寺という曹洞宗のお寺の庭にあった。
 そのお寺は石作りで、中国のお寺に似ていたのが印象的だった。
 38番札所は船越公民館の庭にあり、館内ではなにやら会合があっているらしく、賑やかな話し声が外まで聞こえていた。

 今日歩いた時間は1時間弱。
 夫は帰る途中、やはりパチンコ屋に寄った。

 写真は第38番札所(土佐国金剛福寺 ― 船越公民館)
     第40番札所(伊予国観自在寺 ― 広福寺)
posted by hidamari at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

諌江第34〜37番・39番札所


第34番札所.jpg第35番札所.jpg






第36番札所.jpg第37番札所.jpg






第39番札所.jpg 昨日の土曜日、夫は、元職場主催囲碁大会に出席して、みごと2位入賞した。
 商品は図書券。
 夜の懇親会には、めずらしく欠席した。
 「どうしたの?めずらしいね」と言うと、「目の調子が悪いから」と答えた。
 さて本日、「札所巡りはどうする?」と尋ねると「行ってもいい」と言う。
 そこで、上村愛子さんのモーグル決勝を気にしながら、出かけた。
 私は6位、夫は4位と予想した。
 心の中は3位予想だったが、性格上私は、がっかりするのが嫌なので、悪目に予想する。
 昨日はすごい寒さだったが、今日はそれほどでもない。
 諫早市ほぼ中央住宅地にある札所5ヵ所を巡る。
 1ヵ所毎マップをコピーするのはもったいないので、画面上でシミュレーションして、2ヵ所だけコピーしておく。
 第37号札所は、分かりにくい所だったので、コピーしていたが、マップとは少し離れた所だったので、ちょっと、さ迷う。
 2003年に作られた人様のホームページを頼りにしている。
 その頃とは、街の様子も変っているし、誤標示も有り得る。
 仕方ないことである。
 第39番札所は、西郷町茶臼山の中央にあった。
 茶臼山は小山で各地にある弘法山とそっくりだった。
 山の中央に広場があり、上は空、回りは竹や木々に囲まれていて、山の気が漂っている。
 気持ちが洗われるのか、すっきりした気分になる。
 街中ではこうはいかない。
 1ヵ所でも、こんな大師堂に巡り合えれば、満足する。

 ちなみに、上村愛子さんは4位。
 やっぱりね、でも、残念。

 第34札所(土佐国種間寺 ― 西郷町諫早中学校前)
 第35札所(土佐国清瀧寺 ― 西郷町仲方)
 第36番札所(土佐国青瀧寺 ― 西郷町)
 第37番札所(土佐国岩本寺 ― 原口町)
 第39番札所(土佐国延光寺 ― 西郷町茶臼山)

posted by hidamari at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

諌江第30番札所(土佐国安楽寺 ― 新道町弘法山)


第30番札所.jpg
 今日もまた1日遅れ、昨日(建国記念日)の話し。
 天気予報では終日雨。
 実際は、どんより曇っているものの、霧雨程度。気温高め。
 午前中は風が吹いていたが、午後からはそれも止んだ。
 そこで、1昨日最後に廻る予定だった30番札所をたずねることにした。
 雨が降りそうになったので、急きょ中止した所である。
 昨日だって、決して良いお天気じゃなかった。
 そんな日に、わざわざ出かけるのは、はばかられたが、1昨日巡れなかった無念さを払拭するために、この1ヶ所、どうしても消化しておきたかったのである。
 夫と2人、大きな傘を各自で持って、出かけたのであった。
 ネット上マップで、ある程度場所を把握していたので、あえてコピーしなかった。
 記憶していたつもりだったのに、やはり1回では探し当られなかった。
 が、次に目星を付けて目指した小山の頂上に、大師堂は、ひっそりと建っていた。
 いつも味わう快感体験なり。
 大師堂が置かれている小山は、だいたい弘法山と呼ばれているようだ。
 2番札所も弘法山にあったが、感じが、こことそっくりである。
 弘法山は各所にあり、その山中にある大師堂は、前が広場になっている所など、作りがよく似ている。
 昔は、村人が、祭りごとなどするため、ここに集ったのだろうか。
 昨日は運動公園駐車場を使った。
 そこから往復約50分程度の行程だった。
 帰りは、すっかり雨は上がっていた。

posted by hidamari at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

諌江第28・29番、41・42番札所


第28番札所.jpg第29番札所.jpg





第41番札所.jpg第42番札所.jpg 昨日の水曜日、天気 雨時々曇。夫定休日。
 夫は私に感化されたのか、諌江札所巡りがけっこう気に入っているみたい。
 朝から「今日は行くのか?行かないのか?」と落ち着かない様子で私に聞いてくる。
 天気予報は雨マーク。
 現実に、空はどんより曇っているし、雨も時々降っている。
 でも私は、日ごろの散歩では、少々の雨なら傘をさしてでも歩いている。
 これくらいの雨なら、街中の札所を巡れるかもしれない、と思った。
 で、午後から傘を1本持って、夫と出かけることに。
 第28番札所がある上野町は、最近年区画整理が行われ、整然とした新しい団地に生まれ変わっていた。
 私は団地が好きだ。
 だから、いろいろな所で、団地散策をしている。
 その中でも、この団地は素晴らしい。
 高級感はそれほどでもないが、もともと住宅地だったこともあり全て平地で、四方に遮るものがなく広々としている。
 昔から住んでいた人が、前と同じ番地の敷地に新築されているとのこと。
 同じ名字のお宅が並んでいるのも頷ける。
 集合住宅も平屋か2階建て止まり、ビルはない。
 28番札所がある平仙寺も新しく建て直されているようだったが、大師堂そのものは昔ながらのものだった。
 あと、3ヵ所巡った。
 ほぼ1時間かかった。
 巡る時は小降りだった雨が、駐車場に着くなり大振りになった。
 ラッキーなことだった。

第28番札所(土佐国大日寺 ― 上野町平仙寺内)
第29番札所(土佐国国分寺 ― 野中町道路脇)
第41番札所(伊予国龍光寺 ― 船越町徳養寺内)
第42番札所(伊予国仏木寺 ― 船越町徳養寺下線路沿い)

posted by hidamari at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 諌江八十八ヵ所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする