2020年08月28日

実家墓参り(‘20.8月)

'20.8.28実家墓参り.JPG '20.8.28橘湾.JPG

 夜中少し雨が降ったのか、畑は少し湿っていた。
 朝の内は曇っていたので今日は実家のお墓参りをすることに。
 途中、長崎街道みかん宿でどっさりお花を買う。ついでにイチジク、キュウリも買う。
 お墓に着くころには、お天気もよくなって、気温もどんどん上昇した。
 8月末の霊園は閑散として人影はない。あらゆるお墓の花筒はすっかり枯れ果て、残骸と化してみすぼらしい。 
 秋彼岸まで、この状態続くのかもしれないなあ。
 この暑さと、コロナ禍では、ご先祖様も許してくれるだろう。
 墓所から見る今日の橘湾は、遠く雲仙山も望めてとても美しかった。
 海、山、空、雲、こんなにすっきりした景色、久々に見られてよかった〜
 帰りに、義兄宅に寄り、施設に居る姉の様子などを聞いた。
 コロナ禍の中、長居は無用だと思ったが、つい話し込んでしまった。
 帰りのカーラジオで安倍総理退陣のニュースを知る。
 日本丸はこれからどうなるのだろう。
 少しは好転するのか、それともこのままずるずると沈んでいくのか?
 安倍総理退陣は遅すぎた感もあるが、とにかく、ご苦労様でした、と、ご病気のご回復を祈ります、と申し上げたい。
posted by hidamari at 22:07| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

最近の野菜収穫

'20.8.22オクラ.JPG '20.8.22ナス.JPG
'20.8.22ピーマン.JPG '20.8.25オクラ.JPG
'20.8.26オクラ.JPG '20.8.26ナス.JPG
'20.8.26ピーッマン他.JPG

 オクラはコンスタントに収穫している。
 ピーマンは小粒のものがたくさん採れる。我が家では食べきれないが、人様にあげられるようなしろものではないので、冷蔵庫にストックしている。
 オクラもピーマンもすぐに悪くなることはないが、ナスはそんなにはもてないので、徐々にぬか漬けにしていきたい。
posted by hidamari at 22:06| Comment(0) | 農作業A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

最近つくったお惣菜

'20.8.23カツ丼他.JPG '20.8.24厚揚げ豚肉もやしの煮物他.JPG
'20.8.25キンピラ・カツカレー他.JPG '20.8.26ポテサ・ナス豚肉ユズ味噌炒め他.JPG
'20.8.25キュウリぬか漬け.JPG

 今マイ畑で採れている野菜は、ナス・オクラ・ピーマンである。
 ナス・オクラは朝食のみそ汁に毎日入れる。
 茹でたソーメンを冷蔵庫にストックしているので、これもみそ汁に入れる。
 ピーマンはかまぼこ等と炒めて塩昆布で味付けし、ポン酢しょうゆを振りかける。
 今回はストックしていたゴボウでキンピラもつくった。
 マイ畑でつくったジャガイモがいたみかけているので、ポテトサラダをつくった。
 ジャガイモを消費するにはポテトサラダが一番てっとり早い。
 1回つくったら3〜4日ストック出来るので、お昼にトーストに挟んだりして食べる。
 ジャガイモは10月いっぱい買わなくてすみそう。
 ※写真は、マイ畑キュウリ、最後のぬかづけも。
posted by hidamari at 21:20| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

百日紅

'20.8.25百日紅.JPG '20.8.25雲.JPG

 サルスベリの花は、漢字のとおり百日もの長期間、花が咲き続ける。
 過去ログで7月21日に写真をあげている。
 今日、何気に庭に目をやったら、百日紅が炎天下に健気に花を咲かせていた。で、写真に収めた。
 空を見上げると、それまで真っ黒な雨雲だったのが、力強い夏雲に変っていた。で、これも写真に収めた。
 予報では明日夕方から雨が降るそう。
 雨は恋しいが、台風はイヤだなあ。
posted by hidamari at 21:04| Comment(0) | 花・草木・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

昨日のこと

 「24時間テレビ43」を観た。
 最初は海老蔵さんの歌舞伎が観たくてチャンネルを合わせていた。
 それは期待通りで、多いに満足した。私は、そこでチャンネルを替えるつもりだった。
 でもそこに映った、高橋尚子さんの走っている姿にくぎ付けになった。
 その明るい笑顔は、確かに私を元気づけてくれるものだったのだ。
 さらに、一緒に走った土屋太鳳さんの輝くばかりの美しさに、見とれてしまった。
 均整の取れたプロポーション、何よりはつらつと力強く走る様は、まるで映画のロケみたいだった。
 思ったことは、例年の一人で苦痛に満ちて走る姿は、見るに忍び難いものだったが、今回のリレー式マラソンは、走っている一人一人が楽しそうで、見ている側も幸せだった。
 何より驚いたのは、集まった募金額が5億円超えだったこと。
posted by hidamari at 22:28| Comment(0) | 日常のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする